Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« アナログオーディオフェア2018は今週末 | トップページ | OTOTEN 2018 »

2018年6月 9日 (土)

Stereo誌 2018 今年はMarkAudio製ユニット もちろんメタルコーン

2018年版のStereo誌のムック本

今年はMarkAudioの8cmユニットです。情報はこちら。

Stereo18

外見からすると、Pluvia シリーズに似ています。

こちらが付録される OM-MF5 の概観写真。

Stereo18

<付録されるOM-MF5>

 

下は、Pluvia 7の10cmユニット

Pluvia7chrome1350

< Pluvia 7 の概観 >

 

MarkAudioのラインナップには8cmは見当たらないので、雑誌付録のために金型から作ったのでしょうか???

よく見ると、MarkAudio特有のプラスチックのフレームではなく一般的な鉄プレスフレームに見えますね。

 

MarkAudioはメタルコーンを得意としているメーカーですので期待が膨らみます。 一見すると紙コーンっぽいものでも実はメタル系だったりもします。(MAOPとい名称のコーン)

また、コーンのロングストロークにも特徴があるとの話です。

 

OM-MF5 T/S parameter

Revc. = 4 Ohm
Fo = 124 Hz
・Sd = 0.0028 m²
・Vas = 0.9 Ltr
・Cms = 0.80 ㎜/N
・Mmd = 1.96 g
・Mms= 2.05 g
・BL= 2.62 TM
・Qms= 2.58
・Qes= 0.79
・Qts= 0.60
・SPLo= 85.4 dB
・Power = 8 Watts(Nom)
・X max = 3.5 mm (1 way)

とのことです。

 

インタビュー映像も出てました。

アンプを繋ぐときゲインの関係から4Ωの抵抗を入れて鳴らすことをお勧めすると言っていたのが面白いですね。アンプのダンピングファクターを無視するような使い方です。制動せずに自由にコーンが動きたいように動かすというのが良い結果を生むのでしょうか。

 

 

アマゾンで予約が出ているので、ついつい予約してしまいました(笑

発売は、2018/7/19です。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« アナログオーディオフェア2018は今週末 | トップページ | OTOTEN 2018 »

雑誌付録」カテゴリの記事

コメント

フレームはPluviaシリーズと同じグラスファイバー系の樹脂だと思うんですが、どうでしょうか。

三毛ランジェロさん

OM-MF5の5穴部の凹みを見てみてください。非常に薄いです。プラなら、ネジを締めこむと割れてしまいそうです。

また、横からの写真でもプレスフレームのように見えます。

http://mleacabinet.jp/static/markaudio/
このページのsota 5 に似ています。

http://www.aliexpress.com/item/Full-range-speaker-original-UK-MarkAudio-unit-HIFI-ALpair12P-8-inch-8-ohm-30-50W-deep/32810644499.html
プラのモデルの裏側はこんな感じでしょうか?


たかじんさん

確かに、Pluviaと比べると違いますね。
sota 5は明らかに鉄フレームですね。

実際はどうなんでしょう?

三毛ランジェロさん

実物を見てのお楽しみという感じですかね。

プラの方が非磁性体で内部損失が大きく鳴きが少ないというメリットがあるのかもしれませんが、剛性は鉄の方が高いのではないでしょうか。

MarkAudioの本気度をみる良い機会になりそうです。

MarkAudioのAlpair 7シリーズにAlpair 5と同じく、ダンパーのないモデルが発売されるようです。モデル名はAlpair MS 7だとか。MSはMono Suspensionの略のようです。

本家や輸入代理店のサイトにはまだ新製品情報は載ってませんが、コイズミ無線で予約受付中のようです。
http://www.koizumi-musen.com/fea/180719mark_alpair7ms/180719mark_alpair7ms.php

Alpair 7はそのうちと思ってたんですが、悩みますね。しかし、予約価格はAlpair 7 v.3の5割増しと言うのも痛いところ。

三毛ランジェロさん

ダンパーなしの構造はどうなっているんでしょうかね。 スゴイですよね。
どうしてボイスコイル擦らないのか不思議でなりません。

結局、付録ユニットはプレスフレームでしたが、幅が広く強度もあり安心感がありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/66810457

この記事へのトラックバック一覧です: Stereo誌 2018 今年はMarkAudio製ユニット もちろんメタルコーン:

« アナログオーディオフェア2018は今週末 | トップページ | OTOTEN 2018 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ