Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« DAC特性比較「ES9023」「PCM5122」「PCM2704」 | トップページ | 回路シミュレーションと実際の回路 »

2018年6月23日 (土)

Sabreberry32 フル実装のご案内

大変ご好評いただいておりますSabreberry32にフル実装タイプを追加したいと思います。

とは言っても、ごらんのとおり、私の手実装による完成版です。

Sb32_a

ハンダ付けはリード品の抵抗10個とコンデンサ10個です。部品が大きいので特別に難しいこともありません。

部品は推奨しているタクマンREY25とOSコンを使用しています。

 

完成後は、こんな感じ。6枚を同時平行的にハンダ付けして、おおよそ50分くらいで終わりました。

Sb32_b

Sb32_c

なぜ、今頃? という話もございますが、

「ハンダ付けが出来ない」 もしくは 「挑戦してみたけど、うまく動作しなかった」 という方が何名かいらっしゃったのでフル実装版も用意してみた次第でございます。

Fx600

半田コテはおろしたての白光FX-600。温度設定は、ほんの僅かづつ回して最適なところを探します。370℃の線幅のなかで微調整するような感じでした。

使用したハンダは、音質的にもよいとされるアルミット社のKR-19RMA。このハンダはちょっと粘りが強めですが、共晶タイプの半田ですので、しっかりとハンダが流れこみ確実に結合されていると思います。

Sb32_d

  << 手実装部の拡大写真 >>

ハンダ付け後、Z-MPDにて音出し確認しています。44.1kHzから192kHzまでの全てサンプリング周波数で試聴して梱包しました。

価格は、Sabreberry32+CR部品代+1500円くらいと、かなり高価になってしまいます。

 

「部品のハンダ付けは無理」という方のみ、ご理解いただければと思います。

なお、RCA端子への配線はハンダ付けが必要です。

 

よろしくお願いいたします。

 

これからスイッチサイエンス様へ委託を依頼するところです。

販売開始まで、もう少々お待ち下さい。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« DAC特性比較「ES9023」「PCM5122」「PCM2704」 | トップページ | 回路シミュレーションと実際の回路 »

Sabreberry32」カテゴリの記事

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

私も含め、助かる方が多くいると思います。

西村松芳さん

ありがとうございます。

自作マニアの方々は、部品にもこだわりを持っていらして、自分の好みのものを使う人が多かったのですが、最近は推奨部品がほぼ同数出るようになりました。

あと注意点としてAVIOT CASE 01 を利用する場合、この実装ではシルード板が取り付けられませんでした。私の場合、実装を裏側にして解決しています。

西村松芳さん

AVIOTのケース、かなり良いですよね。 実物を手にしないと雰囲気が伝わりにくいですけども。

私は、このようにしました。
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2017/10/one-board-audio.html

でも、コンデンサを表面に実装するほうが、追加部品が少なくてすみますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/66860337

この記事へのトラックバック一覧です: Sabreberry32 フル実装のご案内:

« DAC特性比較「ES9023」「PCM5122」「PCM2704」 | トップページ | 回路シミュレーションと実際の回路 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ