Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Stereo誌 2018 今年はMarkAudio製ユニット もちろんメタルコーン | トップページ | DAC特性比較「ES9023」「PCM5122」「PCM2704」 »

2018年6月10日 (日)

OTOTEN 2018

その昔、「全日本オーディオフェア」という名称で親しまれた国内最大のオーディオ製品のイベント「OTOTEN」は、6/16、6/17に東京国際フォーラムにて開催されます。

Ototen_00

昨年は行けなかったので、今年は行きたいな~と思っています。

詳細はこちら。

 

STEREO誌のムック本のスピーカーユニット「OM-MF5」も展示されるらしいです。

 

実は、本日、アナログオーディオフェアにてテクニクスの製品の音を聴いてきました。

 

以前、復活したテクニクスのC700シリーズを期待して試聴したのですが、まったく心に響きませんでした。 デモ曲のせいか、セッティングのせいか、C700シリーズの実力なのかは不明ですが、すごく残念な思いをしたのです。。。

 

ところが、本日聴いたR1シリーズは違いました。

 

プリアンプ:SU-R1

パワーアンプ:SE-R1

スピーカー:SB-R1

ターンテーブル:SL-1000R

Ototen_01

Ototen_03

Ototen_02

 

もし、お時間がありましたら、この組み合わせの音を耳にしておいた方が良いかもしれません。

デジタルアンプでああいう音の鳴り方をするモノに初めて出逢いました。

広めの部屋でそこそこの音圧を出していたのにも関わらず、余裕があってのびのびとしたなりっぷり。高さと奥行き方向の空間表現。生々しい空気のゆらぎ。

三浦孝仁氏チョイスの78回転SP(?)の音は驚きました。

Ototen_05

該当するwebサイトによると、ごらんの通り、アナログのパワーアンプに匹敵する(もしくは上回る)ような電源回路が入っているんですね。

リニア増幅部がPWM方式になっただけで、基本的なアンプとしての造りがしっかりしているのを、帰宅後に知って勝手に納得した気分でいます(笑

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« Stereo誌 2018 今年はMarkAudio製ユニット もちろんメタルコーン | トップページ | DAC特性比較「ES9023」「PCM5122」「PCM2704」 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

土曜に行きましたが、テクニクスの部屋は満員で入り口でターンテーブル見て出てしまいました。
写真見ると、電源ユニットかなってくらいアンプはどこー状態ですね。
音展で再挑戦してみようかな。

天 麩羅夫さん

確かに混んでいました。私も後ろで立ち見になったのですが、良さは十分伝わってきました。

このパワーアンプ、D級っぽく効率や小ささ、軽さを求めず、昔ながらのアナログアンプと同じ思想で強力電源を積んでいますね。

わたしが入った時は長々とした説明に入ってて、さすがに疲れが出てきて撤退しました(笑) ヤマハもなかなか入れませんでしたし。
音展も混みますからねぇ。 土曜に行こうと思いますが、昨年に続いて雨の模様らしく、ちょっとつらいものが。

D級に強力電源というのは面白いですね。 軽い電源で可能というとこで、皆さん趣旨に沿って組んでるようなんで、これ大いに反してて面白いところです。

天 麩羅夫さん

説明が長いと次のブースに行きたくなりますよね。

D級でもAB級でも電源は強力な方がよいんだなって思いました。しかもスイッチング電源ではなく、トランスの電源。

立ち見の場所からはアンプが見えず、説明はターンテーブルとレコードの話ばかりなので、先入観なしで聴くことができました。

残念ながら用事があって、私はOTOTENに行けそうにないのですが、ぜひ楽しんできてください。

行ってきましたが、あの弩級アンプの中身展示はなく、試聴コーナーにだけありました。
しかし時間でプログラムをこなすようだったらしく、聴けず仕舞い。
後の予定もあったので残念ながら後にしました。
係の方とちょっとお話しましたが、テクニクスブランド再起動でまだリソース不足なようです。 アナログ電源採用は必然だったのかも。

OTOTENでテクニクスのシステムを聴いてきました。
レコードからあれだけの情報量の音を出すのは凄いと思いました。
時折聞こえるスクラッチノイズがレコードであることを思い出させるレベルです。
音像もシャープでスピーカシステムが沢山のユニットから構成されていることが信じられないくらい自然な鳴り方でした。
宝くじが当たったらリスニングルーム込みで手に入れたいと思います。(^^)

こんばんは、オーシャンです
silverbbsさん
フォノイコとカートリッジが何を使っていたか、お判りであれば、教えて貰えませんか?
SU-R1には、フォノイコ入っていない様です
しかし、全機種受注生産なんですね
あっ、SL-1000Rは違うか
SL-10互換のターンテーブルのみも有るようです

オーシャンさん
SL-1000Rも受注生産で、現在2ヶ月待ちとのことでした。
使っていたのはカートリッジ、フォノイコライザー共にPhasemationです。カートリッジがPP-2000、フォノイコライザーがEA-1000。
カートリッジと言えば、オーディオテクニカのAT-ART1000も素晴らしかったです。

こんにちは、オーシャンです
ありがとうございます
自前で、フォノイコやカートリッジを作るつもりは、無いんでしょうかね
ターンテーブルまで復活させたんだからやりそうですけどね

天 麩羅夫さん

残念でしたね。

アンプとスピーカーは何年も前の製品なので主力製品はターンテーブルの方なのかも。

電源にスイッチング系を使うと、アンプ側のスイッチングと干渉する可能性もあるし、ノイズを下げるという意味でもトランス式は必然でしょうね。
C700シリーズという中級モデルはスイッチング電源を使っています。
そことの差別化もあるのかもしれません。


silverbbs さん

聴けましたか。 よかったです。
おっしゃる通り、音像の定位が非常に良いですね。
あれだけ音圧をあげていても、いっさいうるささを感じさせず、余裕たっぷりの鳴り方もすごいです。

あのプリ、フォノアンプはいっていないんですね。 それで、小さい箱が沢山あったのですか。

Phasemation やりますね。
YAMAHAのブースでもPhasemationの真空管アンプを使っていましたよ。アナログフェアで。

オーシャンさん

> ターンテーブルまで復活させたんだからやりそうですけどね

確かに。 近いうちにやりそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/66815927

この記事へのトラックバック一覧です: OTOTEN 2018:

« Stereo誌 2018 今年はMarkAudio製ユニット もちろんメタルコーン | トップページ | DAC特性比較「ES9023」「PCM5122」「PCM2704」 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ