Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« スイッチサイエンスもPi 3 B+の販売を予告 | トップページ | 軽量ディストリビューション Z-MPDにNASを接続する方法 »

2018年5月19日 (土)

注意!! 低背コネクタのハンダ付け

SabreberryDAC ZEROのGPIO未実装タイプに付録している以下の部品のハンダ付けに注意点があります。

Daczero00

 << 一部の販売店で付録している低背コネクタ >>

 

低背コネクタのメリットは、基板間の高さを低くすることができる点です。

Daczero01

 << 6~7mm 程度の空間で接続できます >>

当初は下記の方法で、スルーホールの内側に直接接触させていましたが、ピン曲げ具合に絶妙なテンションが必要です。

私もうまく接触させるのに少し苦労します。

Sbzero_pin

<< ピンを曲げて接触させる”テンション”が重要 >> 

 

 

というこで、今は低背コネクタを推奨しています。 

 

  ですが。。。

 

このコネクタ、標準タイプのコネクタと違ってハンダを熱しすぎると、ピンが挿入される部分にまでハンダが流れてしまい、ピンが奥まで刺さりきらないという不具合を生じてしまうことが分かってきました。

Daczero04 

<< 標準コネクタ(左)と低背コネクタ(右) >>

Daczero02_2

<< 低背コネクタはハンダの流しすぎに注意!>>

1ピンでもハンダが下まで流れると、コネクタ挿入の妨げになってしまい、浅くしか刺さらず接触不良を起こす可能性があります。

ハンダの種類やコテの温度によっても違いがあるかと思いますが、おおむね3秒間から長くても5秒間くらいにとどめておくのが良さそうです。

 

ちなみに、もしハンダがソケット部まで流れ込んだとしても、ハンダバキュームがあれば修正可能でした。 このときは、たっぷり10秒間くらい温めて、逆さま状態で3秒間ほど吸い出します。

 

なにかとハンダ付けにはテクニックが必要ですね。

 

Emerge+さん ではハンダ付けサービスがあるようです。

Daczero03

ハンダ付けに自信がない方は、こういうサービスを受けるのもひとつの手かもしれません。

 

 


頒布開始より1年たったSabreberryDAC ZEROはとても好評で、多くの方にご感想を頂いております。ありがとうございます。

面白い意見として、プリアンプなしでパワーアンプに繋げた場合は、LINE-OUTよりもヘッドホン出力側に接続した方が濃密でパワフルな音になるとのことです。

ということで、私も試してみました。 電源ON/OFFのポップスノイズも少なく、パワーアンプ側のボリュームを絞りきらなくてもRPi の電源のON/OFFできます。

ボリュームなしのパワーアンプで使う(RPiでソフトウェアVol.)よりは、途中にアナログボリュームがあった方がDACの分解能が高い状態で使えるため有利です。減衰量が-20dBくらいまではソフトウェアボリュームでも割と平気なのですが、それ以上絞ると差が出てきます。

ヘッドホン出力側を繋ぐと、確かにベースなどの音階が明確に聴こえて芯がしっかりした印象になります。好みで選択するのもアリですね。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« スイッチサイエンスもPi 3 B+の販売を予告 | トップページ | 軽量ディストリビューション Z-MPDにNASを接続する方法 »

SabreberryDAC ZERO」カテゴリの記事

コメント

できれば拡大鏡のもとで、0.5mm位の細い半田線にて半田供給量が過剰にならないようにしたいですね。コネクタピンでの失敗経験からですが。

onajinnさん

ですね。 私は0.6mmのハンダ線を愛用しています。 あとはリズムに乗ってテンポよくハンダ付けすることですね。

確認にはルーペが必須です。最近テレビで宣伝しているメガネタイプの拡大鏡が気になっています。 「Hazuki」でしたっけ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/66735853

この記事へのトラックバック一覧です: 注意!! 低背コネクタのハンダ付け:

« スイッチサイエンスもPi 3 B+の販売を予告 | トップページ | 軽量ディストリビューション Z-MPDにNASを接続する方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ