Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月24日 (土)

OSC 2018 東京/spring ご来場ありがとうございました。 例の回路図公開します。

昨日と今日、沢山の方々に見ていただきまして、大変ありがとうございました。

Sbb_03_2

持ち場を離れてあちこち行ってしまったりで、十分にこの基板のお話をできていない方がいらっしゃったと思いますので、注意事項と回路図を公開いたします。

 

続きを読む "OSC 2018 東京/spring ご来場ありがとうございました。 例の回路図公開します。" »

2018年2月20日 (火)

SabreberryDAC ZERO用のアルミケース発売

Pi ZEROとSabreberryDAC ZEROの組み合わせのケースは工房Emerge+さんにて製作しているアクリルケースが大変よくできていて、私も使っていて満足していました。

そこにN2ファクトリーさんがアルミパネルを載せたバージョンを途中まで試作していたのですが、開発を断念されていました。Pi ZERO/ZERO Wが販売制限されていて数が見込めないからではないかと推測しています。

Aluminum01

  << 3mm厚の硬質アルミパネル >> 

 

続きを読む "SabreberryDAC ZERO用のアルミケース発売" »

2018年2月17日 (土)

オープンソースカンファレンスに出品予定のミニスピーカーとプレゼント

OSCに持っていく予定のこのスピーカーのインピーダンス特性を測ってみました。

Boost00

使ったのは、AnalogDiscoveryというUSB接続の測定器です。

 

続きを読む "オープンソースカンファレンスに出品予定のミニスピーカーとプレゼント" »

2018年2月16日 (金)

OSC 2018 東京/Spring 2/23(金)、2/24(土)に出展します。

オープンソースカンファレンス 2018 東京/Springに出展いたします。

平日開催ということで、金曜日はゆったりのんびりできるかなぁ と思っています。

Osc_1day

嬉しいことに、ラズパイオーディオの会、ステレオサウンドさん、我々の3つの出品チームのみで一部屋を用意して頂けました。

会場の案内図です。 (pdf)

じっくり見て、聞いて、いじって楽しめると思います。

 

続きを読む "OSC 2018 東京/Spring 2/23(金)、2/24(土)に出展します。" »

2018年2月12日 (月)

AACを最高の音質で聴くためのMPDコンパイル FDK-AAC-0.1.5

MPD(Music Player Daemon)って音が良くないよね。 と思っている方々はもしかしてAACを聴いていませんか?

iTunesやmoraなどで楽曲を購入するとフォーマットはAAC(Advanced Audio Codec)になっています。

この圧縮フォーマットはATRAC(MDに使用)やPASC(DCCに使用)、MP3などよりも後発のコーデックで、圧縮率に優れていると言われています。

Aac001

しかし、MPDでAACの曲を再生すると透明感や臨場感がなく128kbps以下のMP3を聴いているような錯覚に襲われますね。

データレートが250kbps以上もあり、MP3よりも圧縮率に優れている楽曲データとは思えない音です。

なぜでしょう?

 

続きを読む "AACを最高の音質で聴くためのMPDコンパイル FDK-AAC-0.1.5" »

2018年2月10日 (土)

RaspberryPiに最新のRT-Linuxを入れる方法

RT-Linuxとは、リアルタイム性を重視したlinuxのことで、以前にも導入方法を書いていました。 ところが、その方法だけだと、今のバージョンでは起動しないことがわかったので忘備録として書いておこうと思います。

現在、最新のRT-linuxは下記から入手できます。

https://www.kernel.org/pub/linux/kernel/projects/rt/

Rt000_2

4.9 のページに入って最新のバージョンを探します。

とりあえず使うのは「patch-4.9.76-rt61.patch.gz 」にしてみます。

これは、カーネルソース一式ではなく、パッチといわれる差分だけを収録したファイルです。つまり、このバージョンに合わせたカーネルソースも必要です。 

 

実は、ここがクセモノなのです。

続きを読む "RaspberryPiに最新のRT-Linuxを入れる方法" »

2018年2月 4日 (日)

Moode Audio 4.0 正式版をスクリプト一発で導入

1月29日にMoode Audio 4.0の正式版が登場しました。

ただ、期待していたようなSDカードイメージ(バイナリデータ)ではなく、Beta版と同様にレシピ一式で、ユーザがRaspbian Liteをベースに構築するという配布方法になっています。 

Moode4_a1

しかし、導入用のスクリプト(Image Builder)が用意されていて、簡単に構築することが可能になっています。

 

続きを読む "Moode Audio 4.0 正式版をスクリプト一発で導入" »

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ