Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | MUSES03と2SK405/2SJ115を使った電流帰還アンプ »

2018年1月 4日 (木)

Tinker Board 版のVolumio2.349用のSabreberry32プラグインドライバ

Tinker Board 版のvomuio2が12月25日に更新されていました。

今まではi2s出力がなく、オンボードのオーディオ出力とUSBのみだったのですが、ついにI2S出力に対応してきました。

Tnker01

おそらくベースのOSは、公式のTinkerOS v2.0.4と思います。

 

Hifiberry DACで標準的なI2S出力を出して、SabreberryDAC ZEROを鳴らすところまでは、順調でした。

少々Kernelのセルフビルドにてこずりました。Kernelをビルドしないとドライバモジュールのコンパイルができないのは、今のRaspberryPiと同じですね。

https://qiita.com/mt08/items/890a71d0b399ac1a9b49

ここがとても参考になります。 さすがにビルドが速いです。へたなAtom搭載PCよりも速いかもしれません。30分かからなかった。。。(ちなみにRaspberryPi 3は90分くらい)

 

とりあえず、以前のように44.1kHzで問題になることもなく、音が出ているようです。

352.8kHz/384kHzとDSDは再生できません。勝手にリサンプルされて192kHzで再生することもなく、エラーで再生できなくなっています。ある意味その方が親切ですね。

 

さてさて、Sabreberry32のドライバは、RaspberryPi版のvolumio2と同様にプラグイン形式にしました。

こちらからダウンロードして導入してください。

Tnker02

さすがにTinkerBoard版へ対応しているドライバの数は少ないので、迷いませんね。 特にMaster/Slaveと分けていませんが、TinkerBoardのハードウェア仕様のためSlaveのみです。

 

ボリュームは、音質劣化が少ないDAC内蔵のHardwareVolumeが使えます。

このVolumeはESS社のDACの特権のようなもので、非常によくできています。私もデジタルボリューム懐疑者だったのですが、少なくとも-40dBくらいまでは鮮度が殆ど変わらないように聞えます。

ssh ログインは http://volumio.local/dev にアクセスしてsshをイネーブル後

Host:volumio.local
User:volumio
Pass:volumio

Tnker03

$ alsamixer  と コマンドを打つと、

右はじにSoftMasterという項目がありますが、これはSoftwareVolumeです。 

Digitalという名称のものがHardwareVolumeです。 SoftMasterを100%にしておくと良いです。(両方、同時に効きます)

 

以前テストしたときのように、音飛び(L/R入れ替り)のような不具合もなく普通に再生できるようです。 ようやくスタート地点に立ったようで、よかった。よかった。

動作は、RaspberryPi 3よりもキビキビしていて、音の方もどっしりと安定感がある図太い音が出ています。 このどっしり感は、どこからやってくるのかとても不思議です。 アンプでいうと、電源トランスを巨大なものに載せ換えたかのような雰囲気です。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | MUSES03と2SK405/2SJ115を使った電流帰還アンプ »

Sabreberry32」カテゴリの記事

Tinker Board」カテゴリの記事

Volumio」カテゴリの記事

コメント

2.348から2.349公開の間隔が早かったですが、2.349のリリースノートが見つからず、どこを直したか分かりません。

正確にはわかりませんが、TinkerBoardからの出力クロック周波数のずれも若干改善したような。お気楽さんのメモリーバッファー、KALI reclockerとも動作しています。これらを通すと音がすっきりした感じがします。

同様にこの状態では、新しいディストリビューションのRock64も、似たような音質になるように思います。

ところで、新しめ?のESSのDACは、どれもマスター、スレーブの両モードを持っているのでしょうか?


AYORさん

2.348なんてあったんですね。確かにリリースノートは、大きな追加機能などしか書いていないですね。

出力クロック周波数のずれがあったのですか。 気がついていませんでした。 RaspberryPiのほーりーさんのものは、あきらかに再生速度が違うというほど周波数が違っていたので、絶対音感がない私でも気がつきました。

クロックのジッターや(フラクショナルPLLによる)揺れ具合と音の傾向は、なかなか難しい面があるように感じています。

私は、なるべく位相ジッターが少ないものが正解と考えてはいますが、世の中には、むしろジッターが多大な小形TCXOを積極的に使う例があります。(低価格オーディオにおいて)
昔のアナログ温度補正していたTCXO(15x25mmサイズくらい)ものは良いらしい。

ESSのDACは、なんともいえないですね。 Masterモードがあるものと、無いものがあります。 独自のASRCはみんなつんでいるように思います。

たかじん さん、

 弁当箱のTCXO、今も使っていますが高価ですね。

 ボードによって、クロックのばらつきがありそうです。メモリーバッファを通せば一緒になって、音色も一緒になると思っていましたが....

ドライバの作り方に興味があったのですが、探していた雑誌が散逸してしまったので、CQ出版のLinuxオーディオの特集を買い直しました。改めて、著者略歴も興味深く拝見させて頂きました。

AYORさん

そうです。 最近ではそのサイズで小型のOCXOまで出ているので選択しが多くて迷いますね。

メモリバッファは、ジッターの縁切りとしては最適解と思います。そのメモリバッファの読み出しに使っている発振源次第ですが、PLL(ジッタークリーナーも含めて)よりは確実に良いでしょう。

音の方は、なぜかそれだけでは断ち切れない何かがあります。 例えば、同一のRaspberryPi基板でも、ディストリビューションを入れ替えたり、MPDのバッファーサイズを変えても音に変化がでますよね。 Masterクロックを持ったDAC基板を使ってもです。

また、クロックを低ジッターのものに乗せ換えると、すっきり、さっぱりして、つまらないという感想をもつ方もいらっしゃいます。 MEMS発振器のようにセラロック並みの盛大なジッタークロックを使って音作りをしている例があるくらいです。 最終的には人の好みなんでしょうね。

私は、そういう音作りの方法は気持ち悪いので、クロック源は可能な限り低ジッター低位相ノイズのものを使って、音はアナログ部や電源回路で整えるようにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/66237955

この記事へのトラックバック一覧です: Tinker Board 版のVolumio2.349用のSabreberry32プラグインドライバ:

« 今年もよろしくお願いいたします。 | トップページ | MUSES03と2SK405/2SJ115を使った電流帰還アンプ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ