Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 基板の回路検証に最適なスマホ用の赤外線サーモグラフィー | トップページ | Tinker Board 版のVolumio2.349用のSabreberry32プラグインドライバ »

2018年1月 2日 (火)

今年もよろしくお願いいたします。

新年明けましておめでとうございます。

Newyear01

 

現在、Emerge+さんからこんなものをお借りしています。

Newyear02

入手しにくいPi ZEROに代わってI2S出力が出せるBluetooth基板です。 1月下旬くらいに発売になるそうです。

SabreberryDAC ZEROの操作ボタンも効きます。

 

写真に写っているヘッドホンは、ベイヤーのDT 990 PROです。インピーダンスが250Ωあるのですが音量不足は感じません。 このくらい感度が高いヘッドホンだと案外大丈夫なようです。

 

今年も、ぼちぼちと基板を作っていこうと思っています。

よろしくお願いいたします。

 

 

※Sabreberry32用の Volumio2.348プラグインドライバ、 およびMoodeAudio4.0Beta12を更新しております。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« 基板の回路検証に最適なスマホ用の赤外線サーモグラフィー | トップページ | Tinker Board 版のVolumio2.349用のSabreberry32プラグインドライバ »

コメント

明けましておめでとうございます。
昨年はいろいろお世話になりました。
今年もよろしくお願いいたします。

新基板楽しみに待ってます(^^)

あけましておめでとうございます。
昨年はVFA-01等でお世話になりました。

今年はALX-03に挑戦したいと思っており、
2SK405/2SJ115版の情報に興味津々です。

今年もよろしくお願いいたします。

あけましておめでとうございます。
今年も楽しい企画・基板を楽しみにしています。

あけましておめでとうございます┏○ペコッ
新しい基板楽しみにしています。

※Sabreberry32用の Volumio2.348プラグインドライバ、 およびMoodeAudio4.0Beta12を更新しております。

そして ↑URL教えてくださいm(_ _)m
よろしくお願いします。

通りすがりのおじさんさん

新しい基板にはまだ取り掛かっていませんが、構想は3種類くらいでていて、回路図作成、シミュレーションをちょこちょことやているところです。

zpさん

2SK405/2SJ115版は、もう少し先になるかと思います。 現在の大電流MOSでかなり面白い音が聴けるようになってきています。 エージングが非常に長くかかるのがネックですが。。。

yosyosさん

ありがとうございます。 みなさまに楽しんでもらえる基板ができれば良いなと思っています。 満足できるものに仕上がりましたら発表していきます。

だしょうさん

Sabreberry32のサイトの各ディストリビューションの内容を更新しています。
MoodeAudio4.0 Beta12 は現時点で20名ほどダウンロードしているようです。
2月1日までです。よろしくお願いいたします。
http://fast-uploader.com/file/7070429253960/


たかじんさん、
ダインロードできました。
ありがとうございましたm(_ _)m

【誤】ダインロード
【正】ダウンロード
m(_ _)m

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
昨年は、たかじんさん頒布の各種基板で電子工作の面白さを思い出して、楽しく過ごすことができました。ありがとうございました。

 新年早速ですが、年末年始の休みを使ってALX-03 MUSES03 MOS-FET版を作りました。
 ケースへの組み込みなどは、VFA-01と共通のところがありコツがつかめて進めやすかったです。また、電源は、VFA-01のものを流用して使うようにしました。
 昨日、完成してアイドリング電流やプロテクト基板を調整し、一晩通電した上で、本日、音出しをしました。
 MOS-FETを出力段にしているからか、音の立ち上がりや繊細さがよく出ているように感じます。アコースティックギターやパーカッションのこすれる音とかは独特の魅力があります。空気感もあり、ストリングスやコーラスも厚みを感じます。
 ただ、VFA-01に比べると、少しさっばりした傾向も我が家のシステムでは感じ、もう少し肉付きががあればなと思う部分もあります。(使用スピーカーが8cmのフルレンジ一発によることが大きいのだとは思いますが…)。
 生楽器を使った小編成のJazzや、コーラスを中心にした曲などで魅力を感じるので、今後のエージングでの変化が楽しみです。
 VFA-01とALX-03ともに、自作ならではの愛着があり、大切に使っていきたいと思います。

 今後も、素晴らしい回路・基板の開発に注目をしています。今年もよろしくお願いします。

先ほどの記事への追伸です。
今日もずっと鳴らし続けて様子をみましたが、20時間くらいを過ぎた頃から、ふくよかさも出てきたように思います。
 好みの音楽の範囲で言うと、1970年代のフュージョン等も、各楽器の音が散乱する感じが出て、気持ちよく聴けます。
 エージングの進行次第で、ますます期待できそうです。

だしょうさん

よかったです。 ちょっと分かりにくい場所でしたね、。
ちなみに、ほどんど動作検証しておりません。 とりあえず標準的な使い方で音が出た。 というレベルです。 よろしくお願いします。

koji さん

ご感想ありがとうございます。
おっしゃる通りMOS-FETはすっきりした傾向がありますね。
ただ、この大電流MOS-FETは、エージングで音が結構変化して、低域の安定感が増してきます。 エージングによる音の変化も楽しみのひとつですね。

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/66232522

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もよろしくお願いいたします。:

« 基板の回路検証に最適なスマホ用の赤外線サーモグラフィー | トップページ | Tinker Board 版のVolumio2.349用のSabreberry32プラグインドライバ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ