Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« AV watchで紹介されているラズパイ用ケース(その2) | トップページ | symphonic-mpd にOLED表示を付ける方法 »

2017年10月11日 (水)

Volumio2.285用 Sabreberry32プラグインドライバを作ってみました

Volumio2にプラグインというものが用意されているのをご存知の方も多いかと思います。 SabeberryDAC ZEROの操作スイッチを使う設定のときにも使いました。

今回は、Sabreberry32ドライバのPlugin版を作ってみました。

現時点で最新版のV2.285用です。

Plugin1

こんな感じで、プラグインのzipファイルを(解凍せずに)ドラッグ&ドロップします。 

場所は MENU > PLUGINS  から 

Upload Plugin タブを選択します。 日本語表示なら迷うこと無いと思います。

「Sabreberry32plugin2285.zip」をダウンロード

プラグインのファイルはコレです。

 

PCへダウンロード後、volumio2のWEB-UIのプラグイン窓へ放り込むだけです。 

これは簡単ですね。

Plugin2

プラグインのインストールは数秒で終わります。

 

Plugin3

この画面がでたら、一度センターのスイッチを「OFF」から「ON」 にします。 そうすると、ドライバがインストールされます。 その後スイッチをOFFにしてください。
(ONにしたままでも良いのですが、無駄な空プロセスが1個走ってしまいます。)

プラグインをアンインストールするとSabreberry32ドライバを削除します。

 

Plugin4

あとは、I2S-DACを選ぶ要領で MENU -> PLAYBACK OPTIONS から

Audio Output のDAC Model にて

「Sabreberry32DAC-Master」 もしくは

「Sabreberry32DAC-Slave」 を選択してください。 

すぐ下のSAVEボタンを押すと以下のように再起動すると有効になりますよと言ってきますので再起動して下さい。 

Plugin5  

これで、sshリモートログインしなくてもSabreberry32を使うことが出来るようになりました。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« AV watchで紹介されているラズパイ用ケース(その2) | トップページ | symphonic-mpd にOLED表示を付ける方法 »

DAコンバータ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、オーシャンです
すばらしい!!
ただ、ミケランジェロさんに送って、プラグイン検索から選択、は無理ですかね
久々に触りましたけど、VOLUMIOも少しは安定方向に向かっているんですね

 それにしても、まったく同じハード構成なのに、SMPDとの音質差はかなり有りますね

オーシャンさん

それも考えたのですが、VolumioのgithubにUPすることになるとNDA縛りが厄介です。

このプラグイン、サンプルコードが不具合でインストールできないという罠から始まって、構想(妄想)から1年、調査3日、実装1時間、デバッグ4時間と思ったよりも大変でした。 

はじめまして
 
HPA-12ヘッドホンアンプを愛用してきまして、この度はじめて
ラズパイオーディオに挑戦してみました。ラズパイは3です。
 
 
SabreberryDAC ZEROは、恐ろしく音が良いです。
 
 
特に録音の良いディスクはメイン機のSCD-XA5400ES(購入時13万円)と
比較しても良いと感じる部分があります。FLACとWAVの違いも分かる
くらいのカチっとした音の正確さとストレートさには驚きました。
 
録音が良ければ良いほどDAC ZEROの良さが光ります。
ブリリアントでエレガント。そしてドラマチック。
  
 
 
逆に録音が良くない国内ポップスは怖いです。
原音を隅々まで描き切るからでしょう。
 
DAC ZEROのヘッドホン出力はそのままでも素晴らしいです。
外付けでHPA-12を使うと更に奥行き感、透明感が増すように聞こえます。
色つけが少ないHPA-12との相性は抜群と思います。
 
このブログで紹介があってから数年間ずっとラズパイを敬遠
してました。やってみると意外と簡単でした。
 
たかじんさんの軽量MPDディストリビューションをSDカードに
入れて操作ボタンを利用しての再生はSACDプレイヤーとの差が
ないほど簡単です。
ディスク読み込み時間よりも再生開始が速いです。
 
今後Volumio2などにも挑戦してみようと思います。
 
 
これからも楽しい基板の開発を期待しています。
長文失礼しました。

柏崎さん

ありがとうございます。 大変気に入っているご様子で光栄に思います。
そういって頂けると、じっくりとチューニングした甲斐があります。

SabreberryDAC ZEROに使っているES9023は不思議なDAC-ICで、ちょっとした使い方で、まるで高級機のような音に激変します。
他のES9023を使ったDAC基板の写真をみる限り、このチューニングポイントに気がついている人(メーカー)はいないようです。 少しもったいないです。

ここでいう高級機とは「楽曲のデータに敏感である」という意味です。
まさに、録音の差をよく出すという柏崎さんの意見、そのままです。


同等クラス(ローエンドクラス)のTIのPCM5100系は、ばりばりに圧縮された楽曲をもソツなく鳴らす優等生なのですが、それゆえ、元のデータに潜んでいるゾクゾクっとする部分もマスクされているように感じることがあります。(比較するとですが。。)

このあたりは、
 
  「好んで聴く曲の録音が良いかどうか」
 
に左右されるので、何とも言えません。 感動的な音が入った楽曲を沢山持っているのであれば、DAC ZEROは良い選択肢になるかと思います。 もちろんその逆もある。

HPA-12を外付けするのは、良いと思います。 さすがにディスクリートヘッドホンアンプのよさがありますよね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65905706

この記事へのトラックバック一覧です: Volumio2.285用 Sabreberry32プラグインドライバを作ってみました:

« AV watchで紹介されているラズパイ用ケース(その2) | トップページ | symphonic-mpd にOLED表示を付ける方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ