Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Tinker Board のI2S信号の出し方と現状報告 | トップページ | Raspberry Pi と Tinker Board の I2Sジッター比較 »

2017年10月30日 (月)

One Board Audio ConsortiumのCASE 01にSabreberry32を組み込みました。

ワンボード・オーディオ・コンソーシアムのCASE 01とSabreberry32用のパネルが発売されましたので早速入手しました。

箱もキレイですね。

One_00

 

中身はご覧のとおり。

One_01

銅板とTOPカバーの天然木が特徴的です。 ウォールナットでしょうか?

ちなみにTOPカバーの裏側(内部側)はアルミで埋まっていて、木材の部分もきっちりシールドされる構造です。

この木材は単なる飾りではなく、防振材の役目をしていると思います。 まったく金属っぽい鳴きがありません。 

 

One_02

さっそく銅板を取り付けます。 表面は梨地仕上げですが直接手で触ると、後でサビがでるかもしれません。

取り付けた状態で銅板を叩いても、鳴きはありません。 コツっ という感じ。

 

One_08

今回は、CPUと銅板の間にクールスタッフをくるっと丸めて仕込みました。 これで多少のオーバークロックでもCPUの熱を逃がすことができると思います。

 

One_03

GPIOの高さが足りない。。。

というより、Sabreberry32の裏面のコンデンサがあたってしまうので嵩上げが必要です。

秋月電子の連結ソケットを買いました。 ピンが長すぎるので4mmほど切り落とします。

連結ソケット2×7(14P)  連結ピンソケット2×5(10P)

ついでに、11mmのM2.6の支柱も必要です。 六角オネジ・メネジ MB26-11

One_04

こんな具合につきました。 OSコンも銅板には当たりません。 3mmくらいの余裕があります。

 

One_05

ケースに組み込んでみます。 ぴったりです。 

このアルミケースは、削り出しなんですよね。 この深さ全部削っていることを考えると恐ろしいです。 SDカードの差込口も完璧な仕上がりです。

もし、ショップで見る機会がありましたら、そういう細かい部分までじっくり見てみることをオススメします。 

 

One_06  

RCA端子は、秋月電子で売っているものを使いました。

配線は、距離が短いので抵抗のリード線の余ったものを使うと良いでしょう。 REY25はリード線に無酸素銅をつかっているので最適です。(写真の基板は試作時の検討基板でパターンも部品も違うものが載ってます) 

Sabreberry32はDAC-ICの左右独立電源ポートを最大限に活かすようにGNDも分離パターン設計にしていますので、RCA端子のGNDも別々に配線した方が良いです。

 

One_07  

全部を組み上げるとこのようになります。 TOPカバー側から内部にアクセスできるのでメンテナンスも容易です。

 

 

所感を少々

驚いたのは、各金属パーツのクリアランスがZEROに近いという所です。 通常、製品のバラつきを考慮して、こんなにぴったりになるハズがありません。

 

 どういう精度(公差)で、

 どのくらいの歩留まりで製造できているのでしょうか。

 

とにかく各所の仕上がりがビシっと決まっていて、この価格で売って良いのかと心配になるくらいです。

購入した人は高い満足感が得られると思います。 

私のつたない文章では正確に伝えることができませんが、何かしらの製造業に関わっている人ほど、このケースの作り込みの高さを感じることができると思います。

 

ひとつだけ難点をあげるとすると、Pi 3のオンボードWi-Fiが繋がりにくいです。  それだけ密閉されたケースだという証しでもあります。 高音質なオーディオ再生を目指すならWi-Fiを切って有線LAN接続する方が良いので、(外部ノイズを遮断するという意味で)むしろ好ましいと言えるのかもしれません。 

 

 

部品一覧

共立電子===============

AVIOT CASE 01

SabreBerry32用パネル:ESP-SB3

高級DAC基板 SabreBerry32

推奨高級CR部品 SB32-OPT

Raspberry Pi 3 Model B

秋月電子===============

連結ピンソケット2×5(10P)

六角オネジ・メネジ MB26-11  3本必要

クールスタッフ

RCAジャックRJ-2008BT/W(白)

RCAジャックRJ-2008BT/R(赤)

 

これ、全部買うと相当な金額になりますので、万人にお薦めという訳ではありません。 ある程度オーディオに拘る人、高級な外観を求める人にとっては良いと思います。

すでにSabreberry32を持っていて、オーディオグレードのしっかりしたケースを探しているという人にとっては良い選択肢になると思います。

70万円、90万円、150万円・・・ というオーディオ機器の音が欲しいという人は市販の高級ネットワークオーディオを買ってください。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« Tinker Board のI2S信号の出し方と現状報告 | トップページ | Raspberry Pi と Tinker Board の I2Sジッター比較 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65978011

この記事へのトラックバック一覧です: One Board Audio ConsortiumのCASE 01にSabreberry32を組み込みました。:

« Tinker Board のI2S信号の出し方と現状報告 | トップページ | Raspberry Pi と Tinker Board の I2Sジッター比較 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ