Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 最近のRaspberryPiのKernelは384kHzに標準で対応している件 | トップページ | オープンソースカンファレンス2017東京FALLに出展しまーす »

2017年8月24日 (木)

雑誌付録スピーカー対決!? 8cmクラブ

PICマイコンの開発環境の情報提供で有名なエアバリさんがレポートしていらっしゃいました。

Stere15

 

今では定番になった夏休み工作シリーズの雑誌付録スピーカーを始めたのは、2010年のステレオ誌ではないでしょうか。 

 

最初の年は、スピーカーユニット自体の組み立てから始めるという

完全に狂気じみた内容。 

素人が組み立てたら2つのユニットのバラつきが出て、まともに聞けないんじゃないかと思う私の心配をよそに、買った人たちは価格以上の満足感が得られるとの評判だったようです。

 

昨年と今年は、FOSTEX製のメタルコーンという市販製品でも高級機にしか採用されないような内容のものになっています。

 ユニットサイズは8cm。

雑誌の付録としては、ベストサイズなのかもしれません。

 

ちょっと古い私は、自作のスピーカーユニットと言えば三菱の16cm P-610がまず最初に思い浮かんでしまいますが、さすがに付録できるサイズではありません(笑

P610a

 

 

ちょっと調べたところ、ステレオ誌は以下のような感じで毎年リリースしているようです。

 

 2010年 6.5cm FOSTEX ユーザ組み立て

 2011年 8cm  FOSTEX ユーザ組み立て

 2012年 10cm キャンスピーク

 2013年 5cm  キャンスピーク

 2014年 8cm/2cm  FOSTEX 2way

 2015年 10cm  FOSTEX

 2016年 8cm  FOSTEX メタルコーン

 2017年 8cm  FOSTEX メタルコーン+フェーズプラグ

 

自作でスピーカーを作ったとしても、市販製品には敵わないと知りつつも「作って楽しむオーディオ雑誌」というひとつのジャンルを築き上げていますね。

 

原音再生、完全無欠を目指すだけがオーディオの楽しみ方ではありません。

世の中にない自分スタイルのスピーカーを作るという意味では「ひとつの頂点」に立つことができると思います。 

 

Stereo172

< 故長岡鉄男氏のBS-8と2017年 ステレオ誌のメタルコーン >

 

 

そんな独占状態の雑誌付録スピーカーシリーズに

 突如現れた強敵がデジファイ誌!

  デジファイNo.19  デジファイNo.20 

 

 

 

様々なオーディオ基板を付録してきたあのデジファイ誌が、2015年にOlasonic とコラボレーションしたグラスファイバーコーンの8cmフルレンジ(No.19)、40kHzまで再生可能なハイレゾ3cmドームツイーター(No.20)を引っさげて登場します。

それまでステレオ誌の付録スピーカーをデジファイ誌の付録アンプ基板で鳴らす読者も相当数いたのではないでしょうか。そこに8cmフルレンジをぶつけて来たことで、両社の戦いの火ぶたが切って落とされました。 

 

 

そんな、こんなで、どんな争いがあったのかは知りませんが、

  今年は8cmクラブなるイベンドがあるようです。 

Hireso  

詳細は下記のURLよりどうぞ。

https://www.ontomovillage.jp/ontomo/news/12250

http://www.stereosound.co.jp/news/article/2017/08/23/59815.html

 

開催日時:2017年9月1日(金)11:00~20:00 / 9月2日(土)11:00~18:00

会場:音楽之友社 セミナールーム「フェニックス」

・フォステクス(フォステクスカンパニー)

・コイズミ無線(コイズミ無線有限会社)

・N2 Factory(株式会社N2 Factory)

・Emerge+(株式会社あおごち)

・ラズパイオーディオの会

・Stereo(株式会社音楽之友社)

・DigiFi(株式会社ステレオサウンド)

 

 

25年前と違って、長岡鉄男氏のようなカリスマ性のあるスピーカー工作マニア(伝道師)がいなくなって、スピーカー工作が下火になっていたようにも思います。 しかし雑誌の付録スピーカーで、ここまで楽しめる音がでるというのは、私も驚いています。 

なんだかんだ言って、2015年から3年連続で購入し続けているのがその証しです。

 

首都圏にお住まいの方で、お時間のある方は、このイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。 

特に8cmに限定している訳ではなく、スピーカー工作全般についてのイベントです。 個人的に最も聴いてみたいのは、方舟のネッシーなのですが。。。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« 最近のRaspberryPiのKernelは384kHzに標準で対応している件 | トップページ | オープンソースカンファレンス2017東京FALLに出展しまーす »

雑誌付録」カテゴリの記事

コメント

更に昔の2005年には、7cmユニットですが「大人の科学マガジン別冊 まるごと手作りスピーカーの本」がありました。

ロクハンだ。 P610なつかしいですね。 これのコピーみたいなのをラジオストアで買ったことがあります。

ステレオサウンドが競合の音楽の友社の施設で行うイベントに参加とか面白いですね。 デジファイ誌でもステレオ誌別冊のチャンネルディバイダーを繋げるネタをやってたこともあるし。

Ising さん

これは盲点でした。 付録は1本だけなんですね。
その後、2010年にステレオ氏が2本付録してステレオにしたんですね。
なるほど、なるほど。 深い歴史があったのですね。 大変勉強になりました。


天 麩羅夫さん

そうそうロクハン。 その呼び名をすっかり忘れていました。 コピー品があったんですね。

ライバル会社同士で、こういうイベントを行うのは珍しいように思います。 主催が別の会社っていうならまだしも。

ダイヤトーンP-610のコピー品的なものは、ダイトーボイスDS-16シリーズですね。
たとえば http://dp00000116.shop-pro.jp/?pid=85211075 のDS-16-2はコーンのコルゲーションがP-610を彷彿させます。

こんにちは、オーシャンです
これはまた、懐かしい話ですね
パイオニアもロクハンのキットを出してました。同時に完成製品も有りました
ダンパーと振動板のエッジを接着し、ボイスコイルを端子に半田付けするだけでした
標準箱に入れて鳴らしていたんですが、外側に鉄の網を貼り付けて、モルタルで補強したりしてました。
重くて難儀しました

たかじん様

それが今のところ最初で最後のスピーカ自作です。
音響系の研究室にいた友人に無響室でf特を測ってもらったのですが、データがどっかに行ってしまいましたw

そしてデータを発見しましたw

私が買いだしたのは2012年のキャンスピーク10cmからです。
エンクロージャーが置ける場所がなくなったので、昨年で購入はお終い!と思っていたのですが、今年も買ってしまいました・・・
しかもFOSTEX、Pioneerの両方。
箱も開けずに積んであります・・・

トシさん

ダイトーボイスDS-16を見てみました。 磁石の小ささが泣けてきます。。。  これを見ると、三菱のアルニコ磁石の大きさが凄いっていうのがわかりますね。 


オーシャンさん

ユニット自体を組み立てるキットというのは、以前から存在していたんですね。 初めて知りました。 
http://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/unit/pim-16kt.html

これをみてびっくりです。
大人の科学もステレオ誌も、Fostexもこの事をご存知で、付録していたのですね。 ボンドでうまく付けられるものなのでしょうか。

推奨箱図を見ると、ロクハン1発で、フロア型スピーカーというのはさすがに現代の住宅事情には合わないですね。

Ising さん

無響室で測定とはすごいですね。


通りすがりのおじさんさん

そんなに買い続けていらっしゃったのですね。 もう買わないと思った人に、また買わせてしまう付録スピーカーの魅力の向上は、すごいと思います。
来年はどう攻めてくるのでしょうか。 今から楽しみですね。

まずは、17年のfosとpiさんユニットで2Wayでも作りますか(笑

 

たかじんさん

ほんと、凄いですよね!
昨年のでもうこれでいいじゃないか?と思っていたのですが・・・
きっと来年も買っちゃうんだろうな・・・(^^;

FostexとPioneerの2Way、いいですね!

こんばんは、オーシャンです
>ボンドでうまく付けられるものなのでしょうか。
フレームとマグネットを固定した後に、写真の⑤だと思うのですがトイレットペーパーの芯のような物をギャップに入れた後、ボイスコイルとダンパー、コーン紙をセットして固定したと思います。固着後芯を抜いてセンターキャップを取り付ければ完成です。多分(^_^)
意外と簡単に感じたのは、若かったせいでしょうね
その後、長岡さんのDナンバーの付いていない、サブロク3枚で2台出来る20cm×2のバックロードホーンも作りました
メーカー製のスピーカーとは異なり、軽い低音に驚きました

通りすがりのおじさんさん

企画をしている人達も、これ以上ないという付録スピーカーを作って、また来年、悩むんでしょうね。


オーシャン さん

ボイスコイルの位置だしにトイレットペーパーの芯のようなもので固定するんですね。 ボンドの量を一定にするのが難しそうですけど、ボイスコイルがマグネットにこするようなこともなさそうですね。

サブロク3枚と20cm2発とはかなりの弩級スピーカーですね。
軽い低音ですか。 メーカー製のユニットはコーンが立派で重たいのと比べて、Fostexの紙コーンはとても軽くて信号への応答が良いというのもあるのかもしれないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65678396

この記事へのトラックバック一覧です: 雑誌付録スピーカー対決!? 8cmクラブ:

« 最近のRaspberryPiのKernelは384kHzに標準で対応している件 | トップページ | オープンソースカンファレンス2017東京FALLに出展しまーす »

サイト内検索

Sponsors link

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ