Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Moode Audio のAdvanced kernel は384kHz再生可能 (再掲載) | トップページ | Moode Audio 有機ELディスプレイとヘッドホン端子増設 »

2017年6月22日 (木)

SabreberryDAC ZEROの配線引き出し方法

SabreberryDAC ZEROは、配線を引き出すことで今まで同じようにケースへRCA端子などをつけられます。 

ここで、ひとつ重要な事が発覚しました。 

35jack1

なんと、シルク文字の「L」と「R」が逆になっているじゃないですか。。。

基板上のヘッドホンジャックにヘッドホンをつなぐと問題ありません。

 

 

ん~ 

確認していたつもりだったのですけども、やってしまいました。

35jack2_2

3.5mmジャックは秋月電子のMJ-037Hです。 挿したプラグとの接続はこの写真のようになります。 

 

 

 

ということで(?)

ライン出力のRCA側も逆です。 

Rca1

このように配線してください。 

よろしくお願いいたします。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« Moode Audio のAdvanced kernel は384kHz再生可能 (再掲載) | トップページ | Moode Audio 有機ELディスプレイとヘッドホン端子増設 »

コメント

え〜!、嘘でしょ?。アンプのヘッドホン端子とスピーカで聴いたけど気付か無かったなDAC側のハンダ付け直しは辛いのでRCA端子でL/R入れ換えるかな!?

metabo55さん

私も、昨日気がついて、びっくりしました。。。 直接基板にヘッドホンを繋げていると左右間違っていないので、気づくのが遅くなってしまいました。

RCA端子は左右差し替えれば済むのでどうにかなりそうですね。
申し訳ないですが、よろしくお願いします。

たかじんさんこんにちは。
SabreberryDAC ZEROの発売を楽しみにしていましたが
Pi Zeroに接続して音出しをしたところ右側のみ発振しているようなピー音が出てしまいます。

曲を止めるとピー音が止まり、再生すると鳴り出します。
ピー音は音量が0でも鳴り、この時が一番澄んだピー音です。(^^;
音量を上げるにしたがってピー音が歪み始めます。

無線LANアダプタの影響かと思いましたが無線LANアダプタを外しても同じようにピー音が出たので関係なさそうです。

あとはRaspberry piを他のものに変えてみてどうなるかですが、後日試してみたいと思います。

他に何か確認するべき内容がありますでしょうか?

silverbbsさん

まだ情報をあげていませんでしたが、WAVやFLAC、ALACで16bitデータを再生したとき、量子化ノイズが聞こえます。 これはボリュームを絞っているときに顕著に現れます。 24bit出力にすると解消されます。

24bitで出力する方法は、Moode AudioやVolumioだとリサンプリング設定で24bitに設定すればOKです。サンプリング周波数はオリジナルと同じにしても、任意の周波数に設定しても良いです。

silverbbsさん

> 音量を上げるにしたがってピー音が歪み始めます。

初期不良の可能性もありますね。
大変お手数ですが、new_western_electric@yahoo.co.jp までメールいただけると助かります。

ES9023自体の初期不良は、片チャンネルのみ音が歪むなど、今までに2枚ほどありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65440948

この記事へのトラックバック一覧です: SabreberryDAC ZEROの配線引き出し方法:

« Moode Audio のAdvanced kernel は384kHz再生可能 (再掲載) | トップページ | Moode Audio 有機ELディスプレイとヘッドホン端子増設 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ