Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« SabreberryDAC ZERO 頒布開始しました | トップページ | GPIO未実装タイプが売り切れ SabreberryDAC ZERO »

2017年6月17日 (土)

SabreberryDAC ZEROの裏面コンデンサについて

SabreberryDAC ZEROの基板の裏には、電解コンデンサを増設できる場所があります。 ここにコンデンサを付けなくても動作に問題ありませんが、追加することで電源を強化することができます。 

 

Cap01

コンデンサの容量は、基板にシルク印刷(白い文字)で書いてあるものをご使用下さい。 多少は大きい容量に変更しても問題ありません。

耐圧は6.3V以上 が必要です。

 

太さは、Pi ZEROと組み合わせる場合は、支柱が7mmなので太さ5mmまでです。

Pi2/Pi3と組み合わせる場合は支柱が11mmと余裕があるので太さ8mm程度のコンデンサまで使うことが出来ます。 

 

付ける手順

↑一番上の写真のようにコンデンサの足を曲げてランド(銀色の部分)に乗るように加工します。 余った足の部分はニッパーで切ります。 曲げる前に電解コンデンサの極性に気をつけてください。 逆に接続するとコンデンサが破裂する可能性があります。 基板のシルクの白い帯が「-」、電解コンデンサも帯があるのは「-」です。

 

Cap02

次に、ランドの片側にハンダを盛ります。 

 

Cap03

そして、盛ったハンダをハンダコテで溶かしながらコンデンサの足を突っ込みます。 ここで位置を決めます。 ピンセットでコンデンサを摘みながら作業すると位置を調整しやすいです。 四角の枠に収まるようにします。

 

Cap04

片方がついたら、もう片方もハンダ付けします。 

 

Cap05

全てのコンデンサがついたら完成です。 念のため極性を再確認 します。 また、ハンダが別の場所にショートしていないかも確認 します。 ショートしたまま電源を入れると壊れる可能性が高いです。 

RaspberryPiと接続するときは、コンデンサがRaspberryPi上の部品にぶつからないか慎重に確認しながら行なって下さい。 もしぶつかるときはコンデンサの位置をずらします。 ハンダがついた状態でも少しなら曲げられます。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« SabreberryDAC ZERO 頒布開始しました | トップページ | GPIO未実装タイプが売り切れ SabreberryDAC ZERO »

DAコンバータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65421087

この記事へのトラックバック一覧です: SabreberryDAC ZEROの裏面コンデンサについて:

« SabreberryDAC ZERO 頒布開始しました | トップページ | GPIO未実装タイプが売り切れ SabreberryDAC ZERO »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ