Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« SabreberryDAC ZEROの基板上のスイッチを使う方法 [Volumio2編] | トップページ | SabreberryDAC ZERO用に手軽で軽量なMPDディストリビューションを作りました。 »

2017年6月29日 (木)

0dB HyCAAのCG画像

あまりに完成度が高くて、CGなのか写真なのかよく分かりませんでした。

0dB HyCAA基板を購入されたイワシさんから送られてきた画像です。

 

0db_hycaa_00

 

これらの画像は、Fusion360という3D CADにてレンダリングしたそうなのです。

無償で使えるソフトとは思えないですね。

0db_hycaa_01

0db_hycaa_02

0db_hycaa_03

0db_hycaa_04

CADソフトの良さもさることながら、ひとつひとつの部品の細部にまでこだわる作りこみがすごいです。 

抵抗1本1本のカラーコードまで忠実に再現してます。 基板上のシルク文字も完璧です。 ボリューム軸のネジ(スパイラル)などCAD上でどうやって入力するんでしょうか。。。

 

いやー 素晴らしいです

 

こんな画像が描けるのであれば、私も3D CADの使い方を学んでみようかと思いました。 カタログなんかを作るなら、こういうのアリですね。 

 

イワシさん。 ありがとうございました。

 

3D CADに、とても興味がわきました。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« SabreberryDAC ZEROの基板上のスイッチを使う方法 [Volumio2編] | トップページ | SabreberryDAC ZERO用に手軽で軽量なMPDディストリビューションを作りました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65473552

この記事へのトラックバック一覧です: 0dB HyCAAのCG画像:

« SabreberryDAC ZEROの基板上のスイッチを使う方法 [Volumio2編] | トップページ | SabreberryDAC ZERO用に手軽で軽量なMPDディストリビューションを作りました。 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ