Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Raspberry Pi Zeroを10秒以内で高速起動する最も簡単な方法 | トップページ | バランス型ヘッドホンの端子の規格ができて統一なるか? »

2017年4月22日 (土)

ラズパイオーディオの会

ラズパイオーディオの会 というのをご存知でしょうか?

ここのブログを当初から見てくださっている方は、3年ほど前からRaspberry Pi を使ってDACから音楽を再生する方法があるというのは知っていると思います。 おそらくこの記事が最初です。  

Headphone02

そうは言っても、世間一般では RaspberryPiをオーディオに使うことができるというのは知らない人が多くいると思います。 

そんな中、もっと多くの人に知ってもらおうという趣旨で活動されていらっしゃるのが

 

 ラズパイオーディオの会

 

です。 

 

今回、フジヤ・エービック様主催のヘッドフォン祭り2017に参加されるとのことで Sabreberry32を展示しても良いでしょうかとのメールを頂きました。 大変光栄に思います。

 

Headphone01

中野サンプラザ にて、4/29、4/30に開催されます。 お時間がある方は、いかがでしょうか。

 

 

検索して調べてみると、ラズパイオーディオの会さんは、オープン・ソース・カンファレンスにてセミナーも開催されていたようです。 

Headphone03

素晴らしい活動ですね。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« Raspberry Pi Zeroを10秒以内で高速起動する最も簡単な方法 | トップページ | バランス型ヘッドホンの端子の規格ができて統一なるか? »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

ヘッドフォン祭り、たかじんさんはどこかで登場するのですか?

yosyos さん

DigiFi+ラズパイオーディオの会のブースは13階のエレベーターホール右のようです。 
http://raspi.audio/
詳しくはこちらに記載がございます。

私は出品者側ではありませんので、ふらふら見て回っていると思います。 おそらく昼前くらいには到着すると思います。 

私も29日の昼頃見に行こうと思っています。
お会いできるとうれしいです。

yosyosさん

ぜひぜひ、お会いいたしましょう。 

ヘッドフォン祭り、大盛況でしたね。
私は、zeroしか興味なかったですがw
サイズに似合わない、低音の魅力でした。
調整が終わるのを楽しみに待っています。

たかじんさん、yosyosさん、お初にお目にかかりました。
貴重なお話しも聞けて楽しかったです。
もちろん新DACもすばらしい!
(ちょっとIoT女子が気になりましたが・・・w)

新DAC、そのままパワーアンプに繋いでも大丈夫なんでしょうか?
スピーカーであの低音を聴いてみたいなと・・・

yosyos さん

本日は、ありがとうございました。

私、ずっと「ヘッドホンまつり」だと思っていました。
今日、スタッフの誘導の声を聞いて「ヘッドホンさい」だったことに驚きました(笑

ヘッドホンアンプ部の調整は、デモ機が最終定数ではありません。 いま取り寄せている最中の抵抗があるので、それを試してみて最終にするつもりです。

低音域については、低音マニアの私がチューニングすると、こうなってしまうんですよね。 デモ曲自体もベースやバスドラの表現で差がでる曲が中心になっています。 

通りすがりのおじさん

本日はありがとうございました。 楽しかったですね。

DAC Zero基板の出力は、ヘッドホンアンプ出力と、DACダイレクト出力があります。

ヘッドホン出力は、電源ON/OFF時に若干ポップノイズがでます。 ミュート回路を組んでいて、アンプから直接出るポップノイズを1/20程度に低減していますが、パワーアンプに接続すると、結構な音量になるかもしれません。

IoT女子3人が並んでいる目の前での立ち話、邪魔しちゃいましたね。。。
無言の圧力? を感じました。

その後、ひとりになったときに、少しお話をうかがったのですが、まったくIoTもITも知識がないなかでのお仕事だそうで、、、  それでも前向きに取り組む姿勢はすごいなって思いました。

今日は雑談におつきあいくださりありがとうございました。
Hugo2はいかがでした?

天 麩羅夫さん

本日は、お会いできて良かったです。 ありがとうございます。

あの展示のHugo2は、となりにあったMojoの方がよく聴こえました。

ヘッドホンが違うのと接続が光ケーブルのspdifとusbの違いもあって何とも評価のしようがありません。 
Hugo2のフィルタ切り替えの効果も、はっきりとは判らず、少し残念でした。 曲によるんでしょうね。

色々聴いて回ったなかで、フォステックスとシュアーのヘッドホンで気に入ったのがありました。

たかじんさん

DACダイレクトの出力があるんですね。
ヘッドフォン出力のポップノイズは、アンプに繋いだ時は先にラズパイをオンにしてからアンプをオンに、アンプの電源をオフにしてからラズパイをオフにすればなんとかなりそうな気がするので、購入したら両方試して好みの方をアンプに繋ごうと思います。

私IoT女子の方々にはこれからばんばんと活躍して欲しいですね。

昨日は私も中野に行きましたが、お目にかかれず残念でした。
DAC Zeroはすごい実装密度に圧倒されました。Wだと基板上にWiFiアンテナがあるのですが、あれで問題起きないものでしょうか。
手持ちのZero環境だとL字ヘッダx2で水平にpHATを接続しているものもあるので、そういう使い方もできるといいなあと思いました。

通りすがりのおじさんさん

おっしゃる通り、パワーアンプとの電源投入タイミングで回避できますね。

h.imagineさん

いらしてたのですね。 ちょうどお昼ころから1時すぎくらいまでステレオ誌のあたりにいました。 その後、会場をみて回って、2時半頃に帰りました。

DAC Zeroは全て手実装のため、少しハンダが汚くなっておりました。
おっしゃる通り、Zero Wのアンテナ部の隙間にちょうどヘッドホン端子がきているのでどうなるかは不明です。 ちょっとシールドを付けるなどの対策が必要になるかもしれませんね。

L字ヘッダで、水平置きですか。 面白いアイデアですね。 DAC基板の裏側にヘッドホン端子をつけて高さを抑えるようにしているので、納まりが悪くなってしまうかもしれません。

Hugo2も20万くらいはすると思うので、後ろ髪を引かれずに手の届くのはMojoくらいですね。

どこに質問してよいか分からなくてすみません。

ラズパイでOpenHomeに対応する方法を教えてください。

OpenHome で検索してみると、PhileWebのこのページが見つかりました。

http://www.phileweb.com/review/article/201611/30/2330.html

たかじんさんのHPでも何度も出てきている Moode Audio Playerが
OpenHomeに対応しているとのことです。
Moode Audio Playerは有料アプリですが、チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

天 麩羅夫さん

すみません。レスが忘れ去られていたようです。
あの会場で聞いた限りではMojoの方が聴きやすい音でした。 Hugo2は、何か引っかかる感じ、アンプの位相余裕が足りないギンギンな音がしていました。 フィルタ切換えをしても、その音のクセが付きまとうのです。


LuLu さん

yosyos さんのおっしゃる通りMoode Audioが対応しています。 OpenHome、DLNA、UPnPの関係がひとめでわかるようなサイトが見つからないので、近いうちにまとめようと思います。

プレイリストうんぬんは、実はMPDをベースにしているネットワークオーディオでは、当たり前のように本体側でもっていて、コントロールアプリを閉じても再生を続けます。 

yosyos さん

ありがとうございます。 有料化まえの3.1を公開し続けてくれていれば良かったんですけどね。。。

OpenHomeを力説しているサイトをみて、びっくりですね。 いまさら、何を言ってるの? という感想を持ちました。
DLNAはCDトランスポートと、外付けDACの関係ににてますね。 CDトランスポートの電源を落としたら再生が止まる。 MPDやOpenHomeは、リモコン付きのラジカセ。 リモコンの電池を抜いたところで本体は再生し続ける。

こんにちは、オーシャンです
OpenHomeの説明の際に参考になるかと思います
ネットワークオーディオと「OpenHome」
http://kotonohanoana.com/archives/6447
プレイリストをレンダラー本体に持たせるのが肝ですが、BubbleUPnP Serverを使う事で、大抵のupnpプレイヤーをOpenHome対応に出来るようです

オーシャンさん

ありがとうございます。 
BubbleUPnP Server ですか。 面白い仕組みですね。 
手軽さを求めるために、どんどんネットワーク機器やソフトウェアが増えていくという部分が気にならないでもないです。

MoodeはUpmpdcli というMPDにラッパーを被せることでMPDにOpenHomeのレンダラー機能を実装してますね。

楽曲データのストレージ領域に関しては、MPDだと、SambaやNFS、ローカルストレージが使えるのですが、UPnP系はメディアを提供するサーバーが必ず必要になっている点も複雑にする要因ですかね。

音楽を聴きたい。 

という要求に対して、CDを入れて再生ボタンを押す。 という操作で聴けていた世界からは、どんどん遠くなっているようにも感じます。

お気になさらず~ Hugo2の値段だとADI2-proに行っちゃいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65181962

この記事へのトラックバック一覧です: ラズパイオーディオの会:

« Raspberry Pi Zeroを10秒以内で高速起動する最も簡単な方法 | トップページ | バランス型ヘッドホンの端子の規格ができて統一なるか? »

サイト内検索

Sponsors link

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ