Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« パワーアンプ用整流基板とトロイダルトランス SiC-SBDも使用 | トップページ | Raspberry Pi Zeroを10秒以内で高速起動する最も簡単な方法 »

2017年4月15日 (土)

ハイレゾとCDの波形比較の興味深い考察

AV Watchにとても興味深い記事が掲載されていました。 

既に読んだ方も多くいらっしゃると思います。

Dal_01  

 

 

ここまでの検証だけで結論を出してしまうと、「マスタリングで音圧を上げすぎなければいい音になり、ハイレゾに意味はない」ということになってしまいそうだが、もちろん、そんなことはないと筆者も思っている。特に小さい音だと16bitでの粗が出てくるだろうから24bitとの違いはあると思うし、やはり高域の成分だってきっといろいろなところに効いてくるはずだ。

 

以上が、原文抜粋ですが、  

とても興味深い検証をご自身の耳で行なって、正直な感想を述べていると思いました。 波形や音量レベルでの比較がとても分かりやすいので、ぜひリンク先の記事をご覧になって下さい。 

楽曲が96kHzのハイレゾ版でもレコーディング自体は48kHzで、無理に高域追加などしていない自然さがあるのかもしれませんね。 

 

以前、雑誌に載っていたマスタリングエンジニアの人(名前は失念)も

「ハイレゾとCDとでは器が違うので、当然マスタリング処理も異なる。 その器に合わせて調整するのが我々の仕事です。」 

というような事を書いてあるのを読みました。 「ハイレゾの場合は、あまり音をいじらない方が良い」 なんてことも書いてあったと思います。 つまりCDの方は、音を沢山いじっている(音作りをしている)ということなのか? と疑問に感じたのを憶えています。

 

CDでも音が良いものは存在しますし、ハイレゾか従来フォーマットかで曲を選んで購入するのではなく、多くの人は、好きな曲、好きなアーティストのものを購入しているわけで、フォーマットありきではないと思います。(MP3/AACかFlac/WAVを選択できるなら非圧縮・可逆圧縮を選びますかね。) 

個人的には、聞き分けが難しいくらいCDの音もよくして欲しいですね。 

CDだってダイナミックレンジは98dBもあるので、そんなに音圧を圧縮してデカイ音にしなくてもノイズまみれにはなりません。 また、SBMなどディザリング処理をすれば20bit相当(120dB)までノイズフロアを下げることも可能です。

 

 

ところで、ビクターのハイレゾ販売のVICTOR STUDIO HD-Musicが、もうすぐ閉鎖してしまうようです。 

ハイレゾ音楽配信「VICTOR STUDIO HD-Music.」が5月31日にサービス終了

従来音源の高域補完(高域追加)技術をウリにしていたので、ニセレゾとも言われてしまったのが敗因でしょうか?

K2_interf

1980年代に登場したビクターのK2インターフェースは、高安定度のPLLと半周期ずらしリクロックによるジッターを取り除く技術で、とても印象に残っています。

その発展版として、20bitレコーディングの音を16bitのCDに入れたり、予測による可聴帯域外高域追加技術を追加していったようです。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 

« パワーアンプ用整流基板とトロイダルトランス SiC-SBDも使用 | トップページ | Raspberry Pi Zeroを10秒以内で高速起動する最も簡単な方法 »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

確かに最近、せっかく良い曲なのに音圧上げすぎたり、
高音をシャリシャリにして台無しにしてるCDって多いですよね。

DSさん

そうなんですよね。 レコーディングする人とマスタリングする人が違うという作業分担が、より一層そういう状況をつくりだしやすくしている気がしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/65152397

この記事へのトラックバック一覧です: ハイレゾとCDの波形比較の興味深い考察:

« パワーアンプ用整流基板とトロイダルトランス SiC-SBDも使用 | トップページ | Raspberry Pi Zeroを10秒以内で高速起動する最も簡単な方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ