Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 2SC2240の拡大写真 偽物の2SC1815も | トップページ | Sabreberry+、 Sabreberry32 用アクリルパネルがバージョンアップ »

2017年2月14日 (火)

SabreBerry32 新ドライバについて

1月の下旬くらいに用意したVolumio 2.041用のドライバから新ドライバを導入しています。 

既にお気付きの方もいらっしゃるようですので、ここで紹介いたします。 

volumioへのドライバ組み込み手順はこちらをご覧下さい。

Moode31_384k4 

何が変わったのかといいますと

sshにてvolumioへ接続します。 

 Host:volumio.local

 user:volumio

 pass:volumio

alsamixer  コマンドを打ってミキサー画面を開きます。

現在のvolumioの場合、標準のbcm2835 ALSA デバイスが選択されていますので「F6」を押してサウンドカード一覧から SabreBerry32を選択します。

すると、下の図のような画面が現われます。

New_driver00

 以前は デジタルボリューム フィルタタイプ Mute の3つを選択できました。

今回、新たにDPLLIIRフィルタの選択とBypass、オーバーサンプリングデジタルフィルタのEnable/Baypassができるようになりました。 

ざっくりと、そのスペクトル波形を挙げます。 (PCのline入力での計測なので、ノイズレベルが下がりきらない点はご了承ください)

違いが判りやすいように、周波数軸をリニアスケールにしてあります。 以下は44.1kHzホワイトノイズでの例です。 

Fast_00

Fast ロールオフ

 

Slow_00

Slow ロールオフ 

 

Minimum

Minimum Phase

 

Bypass

オーバーサンプリングデジタルフィルタBypass IIRフィルタBypass

(いわゆるNOS-DACモード) 

 

音の方は、それなりに変化が感じられます。 色々セッティングしてお楽しみ下さい。 ユーザーフィルタなど細かい部分の説明はまた後ほど。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 2SC2240の拡大写真 偽物の2SC1815も | トップページ | Sabreberry+、 Sabreberry32 用アクリルパネルがバージョンアップ »

DAコンバータ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/64893883

この記事へのトラックバック一覧です: SabreBerry32 新ドライバについて:

« 2SC2240の拡大写真 偽物の2SC1815も | トップページ | Sabreberry+、 Sabreberry32 用アクリルパネルがバージョンアップ »

サイト内検索

Sponsors link

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ