Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« SabreBerry32 新ドライバについて | トップページ | RaspberryPi Zero ついに国内販売開始 税別650円 »

2017年2月19日 (日)

Sabreberry+、 Sabreberry32 用アクリルパネルがバージョンアップ

emerge+さんのアクリルパネルがバージョンアップしたそうです。 

PM-00004-4 

RaspberryPiの電源とDAC用電源を独立して入力することができるようになりました。 

こちらからどうぞ。

まだDC入力が1つの頃のですが、組立て方法はこちらです。  

前後がアクリル素材のため、Pi3のオンボードWifiも同じ部屋のなかでは通信ができます。 (もともとPi3のオンボードWifiはそんなに飛びが良い方ではない)

 

 

有機ELディスプレイが付けられるProjectBOXの方も同様にバージョンアップしています。

PM-00004-7 

こちらからどうぞ。

emerge+さんは、このたび法人化されました。 運営会社は「株式会社あおごち」 になります。 

どういう意味なのだろう。。。? 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« SabreBerry32 新ドライバについて | トップページ | RaspberryPi Zero ついに国内販売開始 税別650円 »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

B4-DACとBBGのケース入れが出来上がったので、次はSabreberry+とSabreberry32のケースを作ろうとしたところにこのアクリルパネルが発売になったので、早速製作しました。タカチのケースにこのアクリルパネルによる有機ELの表示は本当にカッコ良いですね。ケースを閉じたら文字化けするトラブルがありましたが、配線のでっぱりを無くして対処しました。このケースは、有機ELの大きさにピッタリ過ぎます。

電源はDC-ARROW2台を別ケースに製作して繋ぎました。RaspberryPiの電源とDAC用電源を独立に入力して出てくる音は格別ですね。今までバラック状態で聞いていましたが、今回しっかりしたケースに入れて完成です。良かった良かった。

このパネルのみ入手する方法はないでしょうか…

kindawn さん

たしかにOLEDのサイズ、ぴったりですね。 配線を出す方向は気をつけなければいけません。
DC-ARROWも、ありがとうございます。 こだわって作った甲斐がありました。 


Ising さん

emerge+さんに聞いてみてはいかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/64911910

この記事へのトラックバック一覧です: Sabreberry+、 Sabreberry32 用アクリルパネルがバージョンアップ:

« SabreBerry32 新ドライバについて | トップページ | RaspberryPi Zero ついに国内販売開始 税別650円 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ