Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Rコアトランス vs トロイダルトランス 同じ仕様のトランスを比較してみる。 音質はどう違う? | トップページ | アレキサンダー電流帰還アンプ ALX-03の回路定数FIXしました »

2016年12月17日 (土)

RaspberryPi は1100万台売れた。 小型Linuxボードとしては独り勝ち状態

PC Watchにこんな記事がでてました。 

Rpi20al

なんと日本でも生産するとのこと。 

これには驚きました。 

日本国内で、いままでに何枚売れたのかまでは言及していませんが、月に1万枚でているという。 

 

 単純に計算すると、4年では、 12x4年x1万枚=48万枚

 

この数字は、Linuxボートとしてほぼ、独り勝ち状態ではないでしょうか。 

ただ、世界で1100万枚売れているという数値からすると、48万という数は少々少なく感じます。 ポータブルゲーム機や一部のスマホなどでは世界の販売台数の10分の1以上は日本で売れているんじゃないでしょうか。 

先進国のなかで日本は、Linuxコンピュータに触れる割合が少ないのかもしれません。 

 

RaspberryPiは、当初から子供向けのコンピュータというのを目指しているそうですが、じゃあ、日本で子供に対してRaspberryPiを買い与えてコンピュータの勉強をさせるってことをやっているのか? と考えると少し疑問です。 

そもそも、Linuxコンピュータを使ってプログラミングする教育自体が盛んではないのと、そういうことを教えられる教育者が少ないのが原因だと思います。 

でも、Scratchをつかうプログラミング教室は、最近、流行ってきているようですので、そういった現場でRaspberryPiが活躍する日が近いかもしれません。 

Scra00 

私もScratchをいじってみましたが、とても良くできている言語です。 イベントや、条件分岐、ループなどプログラムの基本的な仕組みがちゃんと備わっているのと、ビジュアル的に分かりやすく工夫されているのに感心しました。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« Rコアトランス vs トロイダルトランス 同じ仕様のトランスを比較してみる。 音質はどう違う? | トップページ | アレキサンダー電流帰還アンプ ALX-03の回路定数FIXしました »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

あら、RSで日本生産品Pi3発売見たような、
あった、11/10付けの記事でした。
http://jp.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=footer1/release/161110_raspberrypi3_madeinjapan

プラットホームにスタンダードが一つあれば開発のターゲット絞れますもんね。(BBB/BBRはマニアック用途で割り切れる)

RSコンポーネントの子会社ksyでは既に売ってます
最初1ロット100台なんて出てましたが、今は1台から買えます
物はPi3で基板にシルクでmadein japanと入るそうです

文部科学省では「プログラミン」なるものを公開しています。(http://www.mext.go.jp/programin/)
スクラッチみたいな感じでプログラムを作ることができます。でも、あまり知られていないのが残念です。
文科省でも、もっと宣伝すれば良いのにと思っています。

どこかでSONY稲沢工場で作っていると書いていました。ほんとうなら昔住んでいた近くなのでうれしい。

SONY稲沢工場の情報、有りました
http://japan.cnet.com/news/service/35093741/
パイゼロも来年前半に日本市場投入予定(^o^)/

CR-Xさん

すでに発表されていたんですね。 RPiよりもBBBの方が先に登場していたのに、ここまで差をつけられるというのはすごいことだと思います。 プロモーション活動というか、戦略が違うんでしょうyね。

オーシャンさん

なんと、もう売っていたとは。 KSYってRSの代理店と書いていますが、子会社だったんですか。
Pi ZEROもホントに5ドルで販売されたら、もっと遊べますね。 ぴったりサイズのバッテリーが欲しいかも。


yseki118さん

なるほど、これは知りませんでした。 検索してみると他にもScratch風のビジュアル言語が存在しているようですね。 どれかひとつをマスターしたら、他の亜種にもすぐに順応できそうですね。 

masa_shi さん

PC Watchに書いていますね。 SONY製ならSONYのロゴが欲しくなってしまいます(笑

pizeroの福袋とか出してくれないですかねぇ

yosyosさん

それ、欲しいです。 500円で。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/64636294

この記事へのトラックバック一覧です: RaspberryPi は1100万台売れた。 小型Linuxボードとしては独り勝ち状態:

« Rコアトランス vs トロイダルトランス 同じ仕様のトランスを比較してみる。 音質はどう違う? | トップページ | アレキサンダー電流帰還アンプ ALX-03の回路定数FIXしました »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ