Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« B4-DACを計測してみたところTI のデータシートを大きく上回る数値が!? | トップページ | RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について »

2016年11月 3日 (木)

SabreBerry32のExt端子について

SabreBerry32基板上にはデバッグ用にI2S端子が存在します。

外部にI2Sを出したいという方にはメールで情報をだしていたのですが、ここ2週間くらいで複数の方からお問い合わせをいただきましたので、紹介したいと思います。 

Sabre32_pin 

こんな感じに、直径1.2mmのテストランドが設けてあり、番号を振っています。

 

1.BCK

2.LRCK

3.DATA

4.データINインジケータ

5.CLK_SEL (L=44.1k系 / H=48k系)

R17 からMCK (45.1584MHz / 49.152MHz) 

 

これらの端子は、マスターモードでもスレーブモードでも出力されています。 

■ スターモード時は、DAC基板側がマスターになっているので水晶クロック精度の低ジッターのI2Sが出力されます。 

■ スレーブモード時は、RPiの内部PLLを基準にBCK、LRCK、DATAが出力されていて、DAC基板上のMCKとは同期していませんのでご注意下さい。

 

MCKはかなり高い周波数です。 長さも含めて十分配慮した配線にする必要があります。 また、静電気にもご注意下さい。  この端子にESD(静電気)を直撃されるとDAC-ICにダイレクトに印加されます。 

 

以上、参考になれば幸いです。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« B4-DACを計測してみたところTI のデータシートを大きく上回る数値が!? | トップページ | RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SabreBerry32のExt端子について:

« B4-DACを計測してみたところTI のデータシートを大きく上回る数値が!? | トップページ | RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ