Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« B4-DACのTIPSを紹介します | トップページ | VolumioとMoode Audioがバージョンアップされています »

2016年11月27日 (日)

大阪 日本橋 初デジット訪問記

ちょっと用事があって週末に大阪に行ってまいりました。 ついでと言っては何ですが、せっかくですのでデジットさんへ行ってみることにしました。

Difit1127 

雨が降っていることもあってか店内は空いて、とても見やすかったです。

驚いたことに、非常の幅広く部品を取り揃えていらっしゃいます。

 

このフロアマップの意味がやっと分りました。 

Floormap1 

あまりに、お店が広いのです。

 

秋葉原の秋月電子の旧店舗のイメージを重ねると、

Floormap2 

こんな感じでしょうか。 入り口から赤枠部分。 斜線部は店員さんがいるレジです。 

 

このフロアマップがないと、目的の部品をなかなか探し出せません。 部品も品種も多くて、秋葉原ラジオセンターの全店舗と秋月電子、千石電商をあわせたような感じでしょうか。 

電子工作系の書籍もありますし、モーターやギヤ、ベルト用プーリーなどちょっとしたロボットも作れそうなラインナップも新鮮でした。 もちろんキット物も充実しています。 激安液晶ディスプレイは入り口はいってすぐです。 パワーアンプに最適な大きめのヒートシンクも充実していました。 AB級なら100W+100Wが余裕な大きさで2000円!

 

戦利品(?)はこちら。 

Difit1127b 

来年の卓上カレンダーと日本橋味マップ! 
このカレンダーの裏には便利なモノが載っていて、とても気に入ったので会社で使うことにました。

数量に限りがあるらしいです。 

http://blog.digit-parts.com/archives/52012737.html

 

ということで、とても楽しい大阪旅行になりました。 

大阪 日本橋近郊の人が羨ましいくらいです。  もっと色々探検したかったのですが、時間切れのため後ろ髪引かれつつ帰路につきました。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« B4-DACのTIPSを紹介します | トップページ | VolumioとMoode Audioがバージョンアップされています »

コメント

デジット デビューですね
大阪の方が羨ましいですよね。
前回行った時は千里中央からだったので時間がなくて、シリコンハウスとデジットで30分程しか見れませんでした。
12V×2のトロイダルコアのトランスを買いましたが、その時にはまだ6Vのやつが無かったので、また用事を作らないと…

yosyos さん

シリコンハウスには行けなかったのです。 同じ系列でも売っている商品は別なのでしょうか?  日本橋もなかなか良いですね。

トロイダルトランスの方も、実際に動かしてみないといけないですが、まだ時間が取れていません。

区分は緩そうですけど、シリコンハウスは製品っぽくて、デジットはジャンク&部品っぽいです。

本日、HPA-12基板TIPS集用のコンデンサー等を購入に行ったタクマンのREY 25シリーズの取り扱いを始められたそうです。
HPA-12の基板が後一枚有るのでオール タクマンREY 25でトライしてみようと思いました。

yosyos さん

なるほど。 ありがとうございます。 シリコンハウスも近くにあるので、ちょっとだけ立ち寄ってみればよかったですね。  ジャンクっぽい雰囲気は好きです。 掘り出し物とか格安で部品が手に入ったときの喜びがあります(笑   次回、大阪に行くことがあったらシリコンハウスにも行ってみようと思います。


RAS001 さん

REY 25 は、音に刺激がなくどこまでもやわらかく表現するように思います。  全ての抵抗をREY 25で組んだことはないのですが、期待できそうですね。
初段の負荷抵抗、最終段のエミッタ抵抗、NFB抵抗あたりが影響力が大きいので、そこだけをREY 25を使うというのでも十分効果を発揮すると思います。

たかじんさん

 REY 25版HPA-12完成しました。
完成後火を入れた瞬間 何じゃこれは という音が出ました。
コンデンサーを東信工業のUTSJにしたせいだろうと判断し半日ほど通電したままにしておきました。
そこそこ聞ける音になってきました。
こりゃまた一枚作らないと比較にならない!
また 報告します。

RAS001 さん

ついに火入れしましたか。 UTSJは私も一時期よく使っていましたが、価格相応といった感じですね。 悪くはないのですが、もうちょっと抜けが欲しいなと思うことがあります。 

部品の選定は非常に難しいですね。 適材適所で使う必要があるかもしれません。

デジットは昔からジャンク中心でした。シリコンハウスは、大昔(40年くらいまえ)いまのバーガーキングの上のフロアで、新品パーツ中心の店をやってました。バーガーキングも、まえはマクドだったんだけど。。

おっさん さん

なるほど、昔から商品に違いかあったんですね。 次回、日本橋に行くときはシリコンハウスにも行ってみたいと思います。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪 日本橋 初デジット訪問記:

« B4-DACのTIPSを紹介します | トップページ | VolumioとMoode Audioがバージョンアップされています »

サイト内検索

Sponsors link

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ