Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について | トップページ | ヘッドホンアンプにぴったりなトロイダルトランス »

2016年11月12日 (土)

ALX-03 進捗 70% くらいか

アレキサンダー型電流帰還アンプ ALX-03基板の進捗です。 

まだまだテスト中ですが、途中経過として報告です。 

 

夏の暑い時期ではケース加工などちょっと滞っていましたが、涼しくなってから再開していました。  

Alx03ti  

ケースに入れた状態だと、VFA-01と殆ど見分けがつきません。 

あえてこの形にしているためです。 

 

4Ω、8Ω負荷テストとC負荷テストをして発振しないことを確かめたところで、メインスピーカーに接続して音を鳴らしています。 

パワートランジスタ、ドライバ、プリドライバなどのトランジスタから、抵抗、コンデンサ、ボリューム、配線材、入出力端子、ケースに至るまでVFA-01を製作したときと同じものを使用して、動作電流も一緒(終段アイドリング電流300mA)にしています。 プリント基板も出力バッファ部など共通な部分は全く一緒です。 

つまり、電圧増幅回路・フィードバック形式のみ、違うという状況を作り出しました。 

 

しかし、音はかなり違っていますね。 

 

フルディスクリートではなく初段にオペアンプを使っているためか、良質のプリアンプを通したような、色つきがあって芯の強い音がします。 

現在テストしているOPAMPはOPA2604です。 このオペアンプは細かい音の表現が得意で繊細な音がすると評判のものです。 私もけっこう好きです。 

 

アレキサンダー型の電流帰還アンプは、その動作の仕組みからどんなオペアンプでも使用できる訳ではありません。 

少なくとも、この基板の回路構成では2ch入りの8ピンDIP品で、電圧は±15Vまで掛けられる必要があります。 CMOS-OPAMPのように消費電流が小さいものや、1ch入りOPAMPは使えません。 

 

Alx03tt 

とりあえず、秋月電子で安価に買えるものをいくつかテストする予定です。 FET入力とバイポーラ入力どちらでも問題なく使える定数にしています。 

 

全ての種類をテストできる訳ではないのでご了承下さい。 

 

 

安全そうなものからテストしていき、高速オペアンプなどで発振して、トランジスタなど吹っ飛ばしてしまったらそこで終了となりますね。 

もちろん復旧はさせますが、何度も破壊・復旧を繰り返すほどのテストはメーカーでのアブノーマルテスト並みに骨が折れる作業のでやりたくないですねぇ(笑

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について | トップページ | ヘッドホンアンプにぴったりなトロイダルトランス »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

久々のアレクサンダー記事ですね。^^
オペアンプによるロシアン・ルーレット・・・
あまり試したくないですね・・・ ^^;
いつも人柱、ご苦労様です。m_ _m

完全バランスVFA-01は、その後エージングが進み、今や神ってる音で鳴ってます。^^ シルキートーンといいますか、他のアンプではちょっと味わえない音です。

アレックス君も早く試してみたいですね。
ロシアン・ルーレットの後日談、楽しみにしてます。^^

kontikiさん

ロシアンルーレットは、なかなか良い例えですね(笑
電流リミッターをつけてテストするので、一気にパワトラ一族丸焦げということはないとは思います。

VFA-01をDCアンプ化して、まじめにチューニングしすぎたおかげで、ALX-03の音のレベルが届かず難航しています。
同じトランジスタを使っているので、せめて同列に並ばないとお話にならないですからね。。。

たかじんさんが、「まじめにチューニングしすぎた」と仰る位ですので、VFA-01の音がすんばらしいのは当然ですね。^^ 他のHPでも、素子の違いより、アナログの回路設計や基板設計が遥かに音質に影響するという記事を見ました。

今回のアレックス君は、音質に最も影響する初段がオペアンプなので、完全ディスクリートのVFA-01とは全く違う音造りになるのですね。最も簡単で有名なChuMoy型HPAでは、オペアンプをとっかえひっかえし、音質の違いを楽しむ方が多いようです。オペアンプの数は、兎に角多いので、評価は大変ですねえ。^^; OPA2604は、どちらかと言えばじゃじゃ馬タイプで、うまく使えば素晴らしい音が出ますが、扱いが難しそうです。僕は、LME49720当たりが好きです。安価なオペアンプの代表であるNJM4558と高価な代表のMUSES01を比較するのも面白そうです。^^

kontiki さん

アンプのように、複数のトランジスタを使った回路の場合は、音を決定する要素がたくさんあって難しいですね。 トランジスタやFET、真空管という能動素子の影響もあるし、同じ素子でも動作電流や印加電圧でも変わる要素があります。

受動素子である抵抗・コンデンサでも音に違いが出る。 そして、回路構成、基板パターン(部品配置)でも影響がありますね。

OPAMPも、使い方次第で良くも悪くもなりますから、結局は聴いて確かめるしかありません。 特性が良いと音も必ず良いという訳でもないですよね。 

実、LME49860も試していました。 とても落ち着いていて安心感のある良い響きでしたよ。

こうやって交換できるのは思っていた以上に楽しいです。

レスいただき、ありがとうございます。
オーディオ用のオペアンプは、どれも甲乙付けがたい優れた特性ですが、音は随分違いますね。例えば、HiFi用としてよく使用されるOPA2134は、どうも音が硬くて僕は好きになれません。「音が硬い」という感覚が、どういった特性から来るのか、オペアンプの個性がどこから来るのか、知りたい所です。
LME49860(49720の高電圧版)は、良い音でしたかあ。ローノイズで有名なLME49990も試してみたいですね。今回の回路では、1回路のオペアンプであるLT1028、1115とかは使えないのでしょうね。

kontiki さん

おっしゃる通りOPAMPのノイズや歪率は十分に小さいので、数値的には多くの品種でまったく問題ないですね。
それでもなお音が違って聴こえるというのは、数値以外の要素が絡んでいるのではないかと思います。 
スペックシートに書かれている数値は、正弦波での計測ですが、鳴らす音楽は正弦波ではないという部分かなとは思っていますが、じゃあ、それを数値化しようとしてもなかなか難しい面がありますね。

1回路入りOPAMPを2つ使って2回路入りのピンアサインへ合わせこむ小さい基板を使うと可能だとは思いますが、そこまではテストしていません。
色々と試してみるというのも面白いですね。 

ただ、帯域が30MHz以上あるオシロを持っていないと微小発振などが起きていても見つけられないので注意が必要です。


たかじんさん

プロテクト基板の2SC2240が秋月で現在取り扱いが無いようです。

因みに、代替品として2SC1815を使用しても問題ないでしょうか?

bunta さん

ついに2SC2240も無くなってきましたね。 電源電圧が±20V程度までなら2SC1815で大丈夫です。 

電源が±25Vを超える場合は、耐圧(Vce)が100Vくらいの物を使って下さい。

たかじんさん

了解しました。
レス、ありがとうございます。
良いトランジスタが無くなっていくのは残念で仕方ありませんね。
大事に使っていこうと思います。

bunta さん

2SC2240はGRランクはまだ売っているようです。 部品表を更新しました。 たしかに2SC2240は非常に低ノイズで音質も優れているので大切に使っていきたいですね。

海外製トランジスタでも音がよい物(BC550C等)がございます。 ただし、センターがベースなので足を曲げて実装しないといけません。

たかじんさん

情報ありがとうございます!
売り切れてなかったんですね。失礼しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/64479580

この記事へのトラックバック一覧です: ALX-03 進捗 70% くらいか:

« RaspberryPi vs Beagle Bone I2S信号について | トップページ | ヘッドホンアンプにぴったりなトロイダルトランス »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ