Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 東芝のコンプリメンタリトランジスタは、最後に華を咲かせる? | トップページ | 気絶してしまいました。 ステレオ誌付録メタルコーンスピーカーの誘惑 »

2016年8月 7日 (日)

MIDI規格書がフリーで公開

あのMIDI規格書がなんと無料公開されました。 

Midi10  

 

最近では、USBの規格書など最初からオープンな規格というのがありますが、こういった規格書はちゃんと登録して購入しなければならないものが殆どでした。 

 

古くは下記の本を参考にされた人も多いと思います。 

Midi2

まあ、こういった書籍は、MIDI機器を使うための物ではなく、MIDI機器を開発、ソフトウェアを開発するひとのための本でした。 

最近だと、Bluetoothを使ったBLE-MIDI(MIDI over Bluetooth LE)などで、まだまだMIDI自体は活きています。 

MIDI規格 RP/CA という 推奨応用事例やMIDI規格を補う追記事項も合わせて公開されています。 BLE-MIDIは RP-052に記載されているようです。

こういった正式な規格書に目を通せる機会ができたこと自体、とても感慨深いものです。 

 

興味のある方は、下記からどうぞ。

MIDI規格委員会トップページ

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 東芝のコンプリメンタリトランジスタは、最後に華を咲かせる? | トップページ | 気絶してしまいました。 ステレオ誌付録メタルコーンスピーカーの誘惑 »

コメント

懐かしいですね。
当時、MIDIのお披露目セミナーがあった時に出席した人が、質疑応答で「MIDIケーブルに使っていない線がありますが、好きに使って良いですか?」と聞いたヤツがいたと憤慨してたのを思い出しました。

天 麩羅夫さん

コンピュータミュージックというと、MIDIが中心でしたね。 
MIDIの規格はしっかりしていて、GNDループによるハムの発生など起きないようになっていますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/64025065

この記事へのトラックバック一覧です: MIDI規格書がフリーで公開:

« 東芝のコンプリメンタリトランジスタは、最後に華を咲かせる? | トップページ | 気絶してしまいました。 ステレオ誌付録メタルコーンスピーカーの誘惑 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ