Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« トランジスタ技術 2016年8月号 | トップページ | Volumio2 に対応したSabreBerry32のバイナリドライバを用意しました  »

2016年7月11日 (月)

もはや過去の遺産!? 20年近く前のアレキサンダー型電流帰還アンプを掘り出しました

おそらく、96年か97年頃に作った電流帰還アンプです。 

1台だけ捨てずに取ってあったので、久しぶりに分解してアンプ部の拡大写真を撮りました。  

Alx1 

当時は、片面紙フェノール基板でした。  といいますか相当な高級機種でない限り、みんな片面基板でしたね。 

部品がぶつかったり曲がったりしているのは気にしないで下さい。 ステ基板部分に押し込んで作った試作・検討基板です。 

 

ちゃんとした測定データは残っていないのですが、スルーレートは250V/us出て喜んだ記憶があります。 

 

基板からはみだして最終段をLAPT、2パラにしています。 先輩からよい部品をもらって、てんこ盛りしてました。 なにやら豪華なパーツが載っています。 

Alx2 

実は、検討の初期段階では4パラにしていました。 出力段は3段ダーリントンです。

4パラだと、負荷をかけてクリップした瞬間に寄生発振がでてしまい、最終段のベース抵抗を10Ωにまで大きくして、どうにか対策したのです。 

ところが、その音があまりにモッサリしていて、、、、諦めて2パラにしました。 ベース抵抗は2.2Ωくらいまでが抜けが良くて明るいですね。 少し我慢しても4.7Ωまででしょうか。 

トランジスタを多数パラって、発振させずに、しかも音もよく動作させるのは難しいという事を身を持って経験しました。 

某、高級オーディオメーカーは10パラ以上と派手な回路を組んでいますが、どうやっているのでしょうね。 

 

当時、このアンプを作ったときは、とても喜んで使っていたのですが、今、聴くとVFA-01の方がリラックスできる音(つややかで滑らかな音)がして、複雑な気分です。 アンプも私も歳をとったということでしょうか。 

もはや過去の遺産と言ってもよいでしょう。

 

サンケン LAPTが秋月電子で購入できるようになったのは、感慨深いものがあります。 

金属プレート抵抗も最近、扱い始めましたね。 こっそりVFA-01の部品表を更新しました。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« トランジスタ技術 2016年8月号 | トップページ | Volumio2 に対応したSabreBerry32のバイナリドライバを用意しました  »

コメント

通販主体の方は、販売店が一緒の方が送料が節約できるので、秋月で扱う部品が増えるのは良いことですよね。
秋葉では、秋月の方が営業時間が短いんですがw

この変わった形の円筒形セメント抵抗は見覚えがあります。以前から疑問だったのですが、セメントの中身は巻き径を大きくしてインダクタンスを減らした巻線ですか?ご存知でしたら教えてください。しかし秋月にオーディオ用板抵抗が並んだのには驚きました。

多数パラレルは余裕をとってクリップコントロールしてパワトラを(準)飽和させないというのでどうでしょうか?もとより多数パラの目的である低インピーダンス負荷への対応は普通の8Ω負荷ではパワトラの許容電流が過剰投資ですし。

はじめまして。EaseUS SotwareのTeiと申します。
メールアドレスなどのご連絡先をいただけませんでしょうか。
弊社の製品レビューのご執筆をお願いしたいんですが…
恐縮ですが、メルアド:teiisyou@easeus.comまでご連絡いただけますでしょうか。

お手数ですが、ご覧になったら、このコメントを削除していただけませんか。

Yosyos さん

私も関東圏内ですが、秋葉原へいく電車・バス運賃よりは、送料の方が安く、じっくり注文できます。 
部品の取り揃えがよくなって、ますます便利になったと思います。


ダンベルカールさん  

円筒形の抵抗は先輩から頂いたものです。 これ、昔、高級機に多用されていましたね。 JRMというメーカーの抵抗らしいのですが、今、webサイトをみても情報が載っていません。 生産中止したのですかね。  おそらく、無誘導巻きしているのだと思いますが、詳細はわかりません。

並列化は、熱的にも分散しますし、出力インピーダンスを下げられる効果を期待できると思います。 NFBに頼って補正するのではなく、最初から低インピーダンスで駆動してしまうという思想なのだと思っています。

Tei さん

同じ内容をあちこちに書き込まれているようですが、そういうレビューはいたしません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/63898236

この記事へのトラックバック一覧です: もはや過去の遺産!? 20年近く前のアレキサンダー型電流帰還アンプを掘り出しました:

« トランジスタ技術 2016年8月号 | トップページ | Volumio2 に対応したSabreBerry32のバイナリドライバを用意しました  »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ