Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« 新DACを測定してみたら驚きの測定限界・・・ | トップページ | パワーアンプ用のトランス電源について »

2016年2月11日 (木)

パワーアンプVFA-01基板の動作時の各所の電圧について

パワーアンプ基板 VFA-01の各所の電圧を調査しました。 

電源電圧は±12VのDCアダプターです。 

 

Vfa01_denatsu   

ちょっと見えにくいかもしれません。 

pdf 版はこちらからどうぞ 

 

テスターの計測誤差もありますので、参考値としてご利用下さい。 

この電圧から±0.5v以内であれば大丈夫だと思います。 

電源をONした状態で測るため、テスターピンのショートや、感電などにご注意下さい。 

 

また、スピーカーは接続せず、ボリューム最小値で測ります。  

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 新DACを測定してみたら驚きの測定限界・・・ | トップページ | パワーアンプ用のトランス電源について »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

至れり尽くせりです。本当に助かります。
ありがとうございます。m_ _m

テスターピンのショートで何度泣いたことか・・・^^;

kontiki さん

せっかく作ったものを一瞬で飛ばしてしまいますからね。 私も、昔、電圧を測っていて、テスターピンが滑ってシャーシとB電圧をデットショートさせてしまいました。 
ものずごいスパークと共にヒューズが飛び、難を逃れましたが、テスターピンとパワートランジスタの足が溶接されてくっつきました(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/63194361

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアンプVFA-01基板の動作時の各所の電圧について:

« 新DACを測定してみたら驚きの測定限界・・・ | トップページ | パワーアンプ用のトランス電源について »

サイト内検索

Sponsors link

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ