Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 新DAC基板の進捗報告 | トップページ | パワーアンプVFA-01基板の動作時の各所の電圧について »

2016年2月 9日 (火)

新DACを測定してみたら驚きの測定限界・・・

DAC基板をざっくりと測定してみました。 

まずは、残留ノイズから。

 

Sabre32_06  

なんと驚きの測定限界値近くの数値が。。。 (入力ショートしても1.2uV表示です)

パナソニックVP-7722Aは、当時、ほぼ最強を誇るひずみの少なさと高精度な測定器で、これを”実力”で上回る歪率測定器はシバソクの「AG15C」「AD725D」のペアしかないでしょう。 というくらいのシロモノでした。 Audio Precision の System twoもアナログ部に関してはVP-7722AやAD725C/Dより数倍悪かった。。。 

 

ということで、残留ノイズは、驚きの1.9uV! 

S/N比でいうと、119.5dBです。 

が、測定限界で頭打ちになりかけている可能性がありますね。 

 

 

次に、歪率(T.H.D.)です。 

44.1kHz 24bitのWAVデータで1kHz正弦波を再生しました。 

Sabre32_05  

 L:0.00047%  R:0.00046% !?  (192kHz/24bit WAVでも同じ)

思わずVP-7722Aの取扱説明書を調べてしまいました。 
こんな数値、アンプを作っていても見たことがない。。。  取説によるとアナライザスペックは0.0003% らしい。 ちなみに、この数値は業界標準ともいえる AP SYS-2700 も同じです。(15年ほど後発製品なので、さすがに実力値はAPの方が上だと思います)  Rohde & Schwarz UPVはデータシートを見る限りアナログ部は一桁悪い。 

ということで、こちらも測定限界に近い数値を叩き出していて値が正確かどうか不明です。 

 

ちなみに、写真のとおりRaspberryPiもDAC基板もノー・シールドで計測してます。 

にわかには信じがたい光景ですね。 

 

もはや、正確な計測結果を得るにはAPx555(Z34が買えるような価格・・・)しかないのでは。。。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 新DAC基板の進捗報告 | トップページ | パワーアンプVFA-01基板の動作時の各所の電圧について »

DAコンバータ」カテゴリの記事

コメント

測定系の測定をしているようですね。
持物SNSもVFA-01で盛り上がっているので、たまにはみて下さい。

オーディオアナライザーと言えばやはりHP 8903Bです。
確実な数値が得られます。

yosyos さん

ここまでくると測定環境もシビアです。 夜、部屋の蛍光灯(インバータ式)を付けると数値が変わってしまうので、昼間にしか計測できません。 SNS忘れてました。。。 みてきます。

ヨコガワさん

お詳しいですね。 私は使ったことがないのですが、HPの8903Bは、信頼性が高いと評判だったと思います。 ただし、発振器も歪率計も一桁ほど性能が足りません。 (開発された時代が早かったためと思います)  日本の計測器メーカーはスペックおたくだったのでしょうね。 本当にスゴイ。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/63180329

この記事へのトラックバック一覧です: 新DACを測定してみたら驚きの測定限界・・・:

« 新DAC基板の進捗報告 | トップページ | パワーアンプVFA-01基板の動作時の各所の電圧について »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ