Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« 2016年 明けましておめでとうございます  | トップページ | パワーアンプ基板に付録しているハンダ線について »

2016年1月16日 (土)

もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布

大変お待たせしました。 

パワーアンプ基板の方は、第1ロット分の出荷は終えていて、絶賛準備中です。

Sw_vfa01

 

リンクは、

ディスクリート パワーアンプ基板 VFA-01

プロテクタ基板 PRT-01

です。

よろしくお願いいたします。 

 

 

部品表の方は、より購入しやすい部品がみつかりましたら更新しようと思っています。

マイカコンデンサの3~5pFは、なかなか入手しにくいですね。。。

セラミックコンデンサでも問題なく動作します。 が、音はマイカの方が良いようです。 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 2016年 明けましておめでとうございます  | トップページ | パワーアンプ基板に付録しているハンダ線について »

コメント

いよいよですね!

ところで、当アンプ基板を完全なモノーラルアンプとして構成する場合、
プロテクト基板は対応可能でしょうか?

電子ボリュームキットとも相性良く接続できるのでしょうか、

mr_osaminさん

プロテクト基板は2ch分の検出回路と2chの分のMOSFETリレーをもっていますが、1ch分を使わなければ良いだけですから可能です。
1ch分の部品を実装しないという手もありますね。 コネクタや、MOSFETなどです。 ただしMOSFETドライバだけは2ch分を直列にしてあるので両方とも実装しておいた方が簡単と思います。


電子ボリュームも使えます。 
パワーアンプの電源電圧が±15Vまででしたら電子ボリュームの電源とも共用できると思います。 

たかじんさん

了解です。
その時、電源はどうなりますか?

例えばACアダブタを使ったときに、1系統だけで動作するんでしょうか?
それとも片側で2系統必要ですか?

VFA-01 \2700 + PRT-01 \1900 x2 = \6500
\5000以上送料無料、クレカOKか、良し突入っ!

mr_osamin さん

電源は12V~15VくらいのAC-DCアダプタを2個使ってプラスマイナス電源とします。

つまりモノラルアンプ1台でもDCアダプタ2個必要です。
そのモノラルアンプを2台とするとき、±電源を共有(分岐)されても良いですし、別々にしても良いです。 

1電源(片電源)では動作しません。


CR-Xさん

よろしくお願いいたします。 

このアンプはハイレゾ対応ですか? 

購入できるようになったようですね。
早速ポチりました。

到着が楽しみです。

注文、間に合いました。
すでにもう残り5式でした。
皆さん、行動早いですね。危なかった…

あぅぅ、売り切れた! (ノ_-。)

出遅れてしまいました。
ちょうど出張中で、サイトを見ていませんでした。
次回ということで。

たかじんさん

マルツで指定のマイカコンデンサ(5pF)ですが、
在庫なくなりました。
入荷未定ということですので、代替品などアナウンスいただけると助かります。

私は間に合いました。


と、150セット完売ですか!
どうりでパーツも在庫なくなるわけですねぇ。

ちなみに、千石では8pFもほぼ無し。
10pFは若干というところです。

3-5pFは売っているところがほとんど無いようです。
どなたかご存じでしたらこちらでご紹介いただければと思います。

私のように秋葉原へアクセスできる人は良いのですが、
地方から通販で取り寄せる方は大変だと思いますので。

>と、150セット完売ですか!

セット数は私の勘違いでした。スミマセン

>3-5pFは売っているところがほとんど無いようです。

「バンテック エレクトロニクス」にはディップマイカで豊富?にあるようです。

http://www.soundparts.jp/capacitors/dipped_micas/dipped_micas.htm

「海神無線」や「Garrettaudio」にもありますね。

onajinn さん

情報ありがとうございます。
結構在庫ありそうですね。

海神無線はノーマークでした。
確かにあっても不思議ではないですね。

Qちゃんさん

周波数帯域としては、ハイレゾの定義(40kHz以上)からすると、500kHzまで増幅するので、ハイレゾ対応といえるかもしれません。 
一般的なリニアアンプは30年前のものでも、100k~300kHzくらまで広域が延びているのが普通ですので、それも同様にハイレゾ対応といえますね。。。 

ぽちけんさん

私より、早く発見してましたね。。 さすがです。

corins さん

ぎりぎりだったのでしょうか

kontiki さん
n'Guinさん

また送りますので、もう少しお待ち下さい。

mr_osaminさん

そんなには作ってないです(笑 今回送ったのは30セットです。 

onajinn さん

5pFのマイカは、なかなか売っていないのがネックです。
ちなみに、千石で売っている5pFセラミック(詳細不明品)でも動作確認済みです。

たまに、スチロールコンデンサでも5pFを見かけますが、そちらも音が良いと思います。 

それと、C9に10pFなど容量の大きいコンデンサは不安定になるので止めてください。 
シミュレーション上では4pFがベスト。 3pFと5pFで動作確認済みです。 


それにしても、あっという間だったようで、私も驚いています。
ありがとうございます。

購入できなかったみなさん、すみません。 早急に準備をしますので、もう少しお待ち下さい。 

たかじんさん

150セットと大ぼら吹いたのは私のせいです。
スミマセン。

と、

本日、主要ショップを周ったのですが、マイカコンデンサに加え、
秋月で、2SA1859Aが在庫切れでした。
店頭では、すぐには入荷しないといわれましたが、ネット通販では注文可能になったままなので、すぐ回復すると思いますが、

ある意味、「TAKAZINE」効果かもしれません。

ま。です。
昨日基板が届きました。
思ったよりサイズがかなり小さい印象でした。

今回は既存のモノアンプの基板置き換えをしたいと構想を妄想してます。
完成まで少し時間が掛かりそうですがご報告させて頂きます!

取り急ぎ。

私も昨日、基板が到着しました。

今、パーツ集めしていますが、種類が多いので抜け漏れなく揃えるのが大変です。
週末に組み上げてみたいと思います。

秋月にも温度補償タイプのセキセラの5pFがありますよ。33pと47pと1000pもそろいます。
ほかにも小さい容量のものが10p 12p 15p 22pからあります。
電気的特性はマイカより良いと言われています。

mr_osamin さん

2SA1859Aも切れましたか。。 ドライバTRは、このサンケン製のものが個人的に気に入っています。 まだ量産している製品なので大丈夫だとは思うのですが。。。
確かに部品数は多いです。 これでも可能な限りTR数を減らすような構成にしたつもりですが、最後にカスコードブートストラップでまた増えてしました。 


ま。さん

モノラルアンプ、いいですね。


ダンベルカールさん

情報、ありがとうございます。 実は別のアンプで秋月の積層セラミックを試したことがありましたが、非常に音が悪く断念しました。 普通に聴ける音が出れば入手性もよく安いのでおススメできたのですが。。 
高周波特性(数十MHzの高域インピーダンス)ではなく、電圧依存性(DCバイアス)や、誘電吸収などの特性の方が、オーディオ用として重視しなければならない特性なのだと思います。 

たかじんさん

2SA1859Aですが、次の日には補充されていました。
お騒がせしました。

いまのところマイカコンデンサ以外は指定部品の購入は大丈夫のようです。

mr_osaminさん

品切れだっていうから、今日トランジスタだけ仕入れに行って
しまいました。たくさんあったけどw

たかじんさん

そうですか、音はだめでしたか。
低誘電率タイプのセラコンは電圧依存性、誘電体吸収ともに優れています。
逆にマイカは誘電体吸収ではフィルムやこのタイプのセラコンに劣ると言われます。
音に関係するのは電気的特性以外にも何かあるのでしょうね。

運良く基板入手出来たので部品調達を始めようとしています。
電源トランス出力をブリッジ整流後デカップリングのみで供給する予定ですが、トランスの仕様として±20Vの場合出力電流は何A以上確保すれば良いでしょうか。
又、アンプ仕様には定数変更すれば±50Vまで可、となっていますが各部の電解Cの耐圧変更のみでOKでしょうか。Trの放熱設計等考慮すべき事が多いと思いますが、高電圧にした時のメリットと配慮すべき点等教えていただけると助かります。

ダンベルカール さん

容量を変えなければ問題なく動作すると思いますので、聴いてみて判断するのが良いかもしれませんね。 単に私の好みの音ではなかっただけということも考えられます。 

aki さん

3Aくらいあれば足ります。 実は20W+20W(4Ω)の民生用アンプで40VAクラスのトランスが使われます。 というのも、100%出力で持つ必要がなく、EIAJでは10波ON、24波OFFのトーバースト、IECでは1/8パワーで温度上昇試験をします。 まあ、音楽を鳴らしている状態で十分に持てばOKという評価試験なのです。

±50Vで使うには、トランジスタと基板はそのまま使うとしても、CRの定数は再設計が必要です。 コンデンサの耐圧の他、抵抗の許容電力も考慮して下さい。 パワトラの放熱は、一般のAB級アンプの100Wクラスと同等のヒートシンクが必要になります。 
2ch分で、ざっくりと幅250、高さ120、奥行き80ミリくらいの大きさが必要と思います。 それでも触れないくらいの温度になります。 

電圧を上げることのメリットは、出力が大きくなることです。 
一部のヨーロッパのSPのように能率が低いものを大音量で鳴らすときにはパワーが必要になります。 

yosyos さん
mr_osamin さん

思っていた以上に5pFが入手しにくいですね。 2SA1859Aは復活していて良かったです。 

たかじんさん

簡潔で的確な説明ありがとうございます。
そうですか、民生用アンプのトランス仕様の決め方などはとても興味深いものがありますね。そこまでコストと信頼性、性能のバランスをぎりぎりまで追及して設計しているという事でしょうか。
教えていただいた電流値は偶然私が選定しようとしていたトランスとぴったりだったので安心しました。まずは標準設計のまま組み立ててきちんと性能を確認した上で必要があれば高電圧化にトライしたいと思います。
色々教えていただき勉強になりました。

akiさん

おっしゃる通りです。高級オーディオのように趣味性の高い製品以外では、無駄な部品コストは、競争力を無くすか、利益をなくすだけでメリットはありませんからね。 EIAJ、IECの評価基準を満足していれば、市場でトランスの巻線が焼き切れるとか、過熱による故障の不具合はまず発生しません。 よく考えられた基準であると思います。 

パワーに関しては一般家庭では8Ω25Wくらいまで出れば多少能率が低いスピーカーでもほぼ問題なく鳴らせると思います。 
学校の音楽室のように防音設備があって部屋も広いのに、ライブハウスの様な音量で聴きたいなんて思うと、100Wでも全然足りなくなります。 
結局、必要なパワーは使い方次第ですね。 

電源に20V出力表示のトランスを整流して電圧を確認したところ、30V有りました。このまま30vを使用する場合には、部品の定数変更が必要でしょうか?アンプはマニュアル通りに組み上げてしまいました。それとも、降圧して20V位にした方が安全でしょうか?電子工作は超初心者です。アドバイスをお願い致します。
まだ、火入れしていませんが、楽しみでも有り、不安でも有ります。このアンプの音色に関してのコメントが上がってきておりませんが、アンプを完成された先輩方、音色は如何でしょうか?

とんぼのめがねさん

30Vを投入するのは危険なので止めてください。 多分、電解コンデンサが破裂します。

http://nw-electric.way-nifty.com/blog/vfa01.html
こちらに書いてあるように、火入れ時は安全性を確保するために市販のDCアダプタx2個を推奨いたします。

トランスの出力は、50Hzもしくは60Hzの交流です。 それを整流すると、1.4倍程度の電圧になります。 そして、トランスの電圧は、定格電流を出力したときの電圧が表記されているため、無負荷ではさらに高い電圧になります。 (EIコアだと10%くらい高い)

トランスからDCを取り出す整流回路については、下記をご覧下さい。 
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2013/01/post-90d2.html

それと、下記を一読した方が良いと思います。
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/cat23452744/index.html

十分に安全性を確保して作業してください。  
よろしくお願いいたします。 

早速のご注意ありがとうございました。トランス電源は整流回路に三端子レギュレータ回路を追加してから使用する様に致します。
取り敢えずは、12vのDCアダプターで動作確認をして見ます。

とんぼのめがねさん

パワーアンプの電源を三端子レギュレータでは厳しいと思います。

簡単なのは、AC12V程度のトランスに交換するか、DCアダプタで12V~20V3Aなどのモデルにするかです。 

度重ねてのご忠告ありがとうございます。私も折角組んだ整流回路の後段で下手に降圧するよりもと思って、昨夜ネットで12Vトランスを注文してしまいました。地方だとパーツを集めるのも大変ですが、今の通販は速ければ翌日には届きますので便利ですね。送料はかかりますが、店まで行く交通費と時間を考えたら、通販も意外と徳かも知れません。但し、貧乏性の為、一律送料だと思うと、余計な物まで購入してしまいます。

とんぼのめがねさん

たかじんさんのおっしゃる通り、パワーアンプ用電源は電流を結構流すので十分注意してくださいね。
感電しないように。

たかじんさん

DCアダブタ―以外にトランスを使おうと検討中の方も少なくないと思いますので、何かガイダンスいただけると助かります。

定電圧回路は厳しいと思うので、非安定化回路との組み合わせとか。

mr_osamin さん

おっしゃる通りと思います。 パワーアンプの電源は、基本的に非安定化電源です。 これは、殆どの高級オーディオでも同じなのです。
回路的にはHPA-12の電源部と一緒です。 何か良い例をあげようと思います。 もう少しお待ち下さい。 

VFA-01の電源についてはアドバイスを頂きありがとう御座いました。今、Orage Pi PC(Logitech media server)+ES9023 i2s DAC+VFA-01の構成で音楽を聴いて楽しんでおります。苦労して組み上げたFVA-01の音は期待通りで、透明感、音の定位等大変満足しております。
また、驚いたのはOrange Pi PCとES9023 i2s DAC合わせて3500円の音です。普段は、Pi2+Sabreberry+lightMPDを愛用しておりますが、LogitechServerソフトも日本語対応でシャキシャキと動きますし、コレはこれでありかなと思います。

とんぼのめがねさん

Orage Pi PC ??? こんな物があるんですね。 全く知りませんでした。
 
どのように楽しんでも良いと思いますし、新しい道を開拓されても、面白いと思います。 
LMSは、良くできてますね。 NASに内蔵したものが欲しくなります。 

ALX-03基板が入手可能デバイスへの切り替え対応で品切れのままになっていますが、VFA-01も同様なのかな?PRT-01も入手できるようにして欲しいです。PRT-02で代替は…個人的趣味でにしたくないもので。

onajinnさん

たしかに秋月電子の部品販売がいくつかなくなっていますね。近いうちに部品表を更新しようと思います。
PRT-01は、手元に在庫があったと思いますのでそちらもスイッチサイエンスさんへお送りします。

よろしくおねがいします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布:

« 2016年 明けましておめでとうございます  | トップページ | パワーアンプ基板に付録しているハンダ線について »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ