Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布 | トップページ | パワーアンプVFA-01基板のC50について »

2016年1月23日 (土)

パワーアンプ基板に付録しているハンダ線について

この写真は、パワーアンプ基板 VFA-01の初段のDual-JFET部分です。 

ご覧のようにサイズが小さくて半田ショートしやすいので、極細のハンダ線を付録することにしました。  

Vfa005 

 

ハンダ付けは、「テクニック」よりも「使う道具」と「ハンダ線の種類」で仕上がりが決まってきます。 他の作業でもそうだとは思うのですが、プロほど、良い工具を適切に使っていますよね。 

 

もちろん、テクニックが一切いらないわけではありません。 最近だとYoutubeでハンダ付けの基本を見られるので、それを見るというのが手っ取り早いと思います。 

例えばこれ? 

 

 

 

じつはハンダ線が、細ければ良いというものではありません。 種類によります。 

特に微細ピッチ向けで使いやすい(ハンダブリッジしにくい)ものが存在します。 付録したものは、そういうタイプのハンダ線です。 ただし、従来の共晶ハンダです。 

長さは10cmくらいです。 2SK2145を2個なら足りると思います。 

 

Vfa01cc  

部品のハンダ付けは、背の低いものから先に付けていくと良いです。 

 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布 | トップページ | パワーアンプVFA-01基板のC50について »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

ま。です。
「はんだ付けアート」は知りませんでした、凄いですね!

でも、よる年には勝てず、コテとハンダを持つ手の他に、虫メガネを持つ手が必要で、アートどころかアンプ作りもままならず(笑)

ま。さん

私も100円ルーペ使って確認するようにしています。 時計屋のおやじが使うバイザータイプのルーペがあったら便利だろうなって、最近思います(笑

ロウづけでアート作品は、昔からありますが、はんだでも出来るんですね。 

私もルーペです。
やはりこれが無いといけませんね。
 
2SK2145ははんだ付けはまだ優しいほうだと思います。


ちなみに、ついに自動はんだ吸い取り機を買いました。
キレイにはんだが吸い取れるので快感ですw

mr_osamin さん

mr_osamin さんのように0.5mmピッチQFPを難なくこなせる方には易しく感じるかもしれないですね。

はんだ吸い取り機ですか。 すごい。
私も欲しいなって思いますが、3万円ちかい価格をみては眺めてます。。。 

難なくは大げさですよ(汗

QFNなどはいまだにドキドキしながら取り付けています。
難易度高いですもんね。

>3万円ちかい価格をみては眺めてます。。。 

そうなんですよ、私も以前から欲しいと思いつつなかなか踏み切れませんでした。

リワークの際、複数の足があるソケットなどを手動吸い取り機ではずそうとすると悪戦苦闘ですが、これを使ったら2,3分であっさり取り外せて、かつ仕上がりがとてもキレイで驚きました。

基板への負担も軽く、今までの苦労が一体何だったんだろうと思うくらい強力な武器だと思います。

たかじんさん

>ハンダ付けは、「テクニック」よりも「使う道具」と「ハンダ線の種類」で仕上がりが決まってきます。 
>他の作業でもそうだとは思うのですが、プロほど、良い工具を適切に使っていますよね。 


その通りだと思います。

昔、

「道具はうまくつかうんじゃなく、正しく使うんだ。」

とおっしゃった方がいましたが、良い道具を正しく使うことがはんだ付けにも言えると思います。

無鉛はんだは私は使っていませんが、無鉛はんだ対応のこてを使わないと、うまくはんだが付きません。

それを無理して使っても思うような仕上がりになりませんよね。

ただしい知識と道具の良さ如何だと思います。

mr_osaminさん

部品を付けるよ抜くほうが大変ですからね。 私は、はんだ吸い取り線を使ってます。 古くなると吸い取りにくくなるので、新しい(2~3年以内)のモノを使うのがコツですかね。

はんだ吸い取り機のバキュームタイプは、もう、プロ仕様ですね。 

> 「道具はうまくつかうんじゃなく、正しく使うんだ。」

面白い言い回しですね。 なるほど。
上手(うまく)というのと正しいというのは、似て非なるものなのでしょうか。

たかじんさん

>上手(うまく)というのと正しいというのは、似て非なるものなのでしょうか。

恐らく、道具は何らかの目的があって作られていて、設計した人がその目的を果たすための知恵を埋め込んでいる。と、

設計者の意図通りに使うことによって、その道具が本来の目的を達成するために最大限の力を発揮する。

という意味ではないでしょうか。

mr_osamin さん

確かに、おっしゃる通りですね。 

100円ショップのドライバとか使っている場合じゃないですね。   ドライバの先も、ビスのあたまも一発でやられてしまいました。。。  正しい使い方をしたつもりなのですが、あまりにカミが甘かったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/63109261

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアンプ基板に付録しているハンダ線について:

« もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布 | トップページ | パワーアンプVFA-01基板のC50について »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ