Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法 | トップページ | もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布 »

2016年1月 1日 (金)

2016年 明けましておめでとうございます 

昨年は、お世話になりました。 

本年も どうぞよろしくお願い申し上げます。 

2016nenga 

 

今年は、みなさまにとっても飛躍の年でありますように。

 

« パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法 | トップページ | もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布 »

コメント

たかじんさん、
ま。です。
明けましておめでとうございます。

いつも有益なオーディオクラフトの情報をご提供いただき、ありがとうございます。

今年もユニークな基板&キットの企画を楽しみにしています!
(バックのESSチップが載った様な?基板も良さゲです)


たかじんさん、皆様

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

昨年は、RPiとSabreberry+、及び、VFA-01で大いに盛り上がりましたが、今年は? と思ってましたら、早速、たかじんさんより「お年玉」が! ESSチップの型番は何でしょうね? 新年からワクワクします。

300万PV超えは、定期的に更新されるHPの「ワクワク感」と「情報の確かさ」、及び、HP上の文章や写真から漂う「品の良さ」が、我々電子回路ファンや自作オーディオファンを引き付け続けているためと思います。これだけのHPを維持するのは本当に大変と思います。何時も我々を楽しませていただき、ありがとうございます。

今年も頑張ってください。応援してます。

たかじんさん & みなさま
新年あけましておめでとうございます。

新DACとVFA-01どっちを作ろうかな?

あけまして、おめでとうございます
今年はパワーアンプと、早々に新DACも有りそうですね
チップの大きさから、K2Mかな?
非常に楽しみです

たかじんさん

当選した①番届いていました。有難うございます。
今年もいろいろ楽しみが続きそうですね。
新DACですか。皆さん鋭いですね。

ま。さん

こちらこそ、よろしくお願いいたします。
オーディオ回路の常識・非常識、いろいろありますからね。
変な回路を発見したら、シミュレーション後、実機で確認すると上達すると思います。


kontikiさん

本当に、皆さまのおかげでここまでやってこれました。
ありがとうございます。

しまった、300万PV記念はお年玉にすればよかったですかね。。。思いつきませんでした。


yosyosさん

明けましておめでとうございます。 写真の基板は、もう少し先になると思います。
さすがに去年の正月の基板のように頒布まで1年を超えると、怒られそうですね(笑


オーシャンさん

VFA-01は、秒読み段階です。 お待たせして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。
K2Mより新しいICでダイレクトにヘッドホンをドライブできます。


田名フクロウさん

到着のご連絡ありがとうございます。
少しでも皆様の期待に添えられるようにしたいです。
今年もよろしくお願いいたします。

9018Q2Cですか?

ユッケさん

http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2015/07/dac-4856.html
こちらに少し書いていました。 検索してもあまり使われていないのは、他の9018と比べて数dBほど、DNRなどが劣る数値が書かれているせいかなっとも思います。 

ただ、RaspberryPiの直上のような環境では、回路全体がシンプルな方が外来ノイズの影響を受けにくいというメリットがあるもしれません。

たかじんさん、あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

300万PVですか、感慨深いですね。

たかじんさんが、ぺるけさんのヘッドホンアンプの評価分析と改造をされていた記事を書かれていたのを偶然みつけたのが最初の接点だったと記憶しています。

当時、その記事を拝見し論理的かつ実践的な内容に驚いたものです。
その後、HPAの設計と頒布を始められ今に至っています。

製作について、いろいろとアドバイスをいただき私なりに少しずつ知識と経験を積み重ねることができました。

また、秋葉原オフなどで実際にお会いできたことも懐かしい思い出です。
あらためて感謝いたします。

久しぶりに新作も発表されることですし、今後も意欲的な作品をどんどん出していただきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

たかじんさん、あけましておめでとうございます。
たかじんさんの本格的なSP-AMPって事で期待が高まります。
正月休みにレイアウトの構想は大体纏まりましたよ(^o^)丿

昨年はI2S-DACでたかじんさんがメジャーデビューの年でしたが、
今年はSP-AMPで…、となるよう祈念いたします。

mr_osamin さん

明けましておめでとうございます。
秋葉原OFF、懐かしいですね。 
写真のDAC基板も年末から音が出始めていますが、まだ本領を発揮しておりません。
今後もじゃんじゃん開発していきたいと思いますので、よろしくお願いします。


CR-Xさん

明けましておめでとうございます。
SP用アンプは、扱う電力が大きくなるので、DACやヘッドホンアンプより慎重に作業しないと、間違えたときの焼損ぐあいが大きいです。 それでも真空管アンプのように200Vを超える電圧がかかるというような危険性は少ないですね。

今年もどうぞよろしくお願いします。

たかじんさん、明けましておめでとうございます。

12月半ばから急な仕事がいくつも担ぎ込まれ、個人的には、全くお正月休みがないありさまです。この休みこそは兎思っていた、だいぶ前に購入させていただいた基板も手を付けられないでおります。

I2S-DAC では大変お世話になりました。 今度は、アンプでも大変お世話になることと思います。 トランジスタ技術などの雑誌に、たかじんさんの記事が出るたびに購入して勉強させていただいております。 今年もよろしくお願いします。

n'Guinさん

オーディオ系の電子工作で、もっとも自由度が高くて面白いのは、やっぱりアンプかなって思います。 抵抗の種類を変えるだけでも音に変化はありますよね。 電源を凝ると、全く違う世界が広がったりもします。 

もちろん回路構成を変えても変化がありますし、基板パターン次第で回路を活かすか殺すかが決定される。 とても奥が深いですね。 

こちらこそ宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年 明けましておめでとうございます :

« パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法 | トップページ | もうじき開始 パワーアンプ基板の頒布 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ