Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« カスコードブートストラップの利点と欠点(2)  CRD方式 | トップページ | パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法 »

2015年12月26日 (土)

#VFA01 情報    現在のところは。。。

現在のところ、どうでしょうか。 

Tweets12  

とりあえずは、全部のプレゼントに希望者がいらっしゃるようで一安心です。 

今夜、抽選会を開催いたします。 

 

パワーアンプ基板の方も、ざっくりと情報をまとめたページを公開しました。 

 

パワーアンプ基板 VFA-01 

プロテクタ基板 PRT-01

この2種の基板は、とてもシンプルに接続できるように考慮したつもりです。 

Amp_wire01 

 

このあとも、もう少し情報を足していこうと思います。 

 

販売店様の方は、年末年始でお休みに入ってしまうため、来年の頒布開始となります。 

よろしくお願いいたします。 

 

<< 抽選会  エントリー >>

21時ちょっと前に集計してみました。 

Pv300entry 

この時点で ④は、「ぽちけん」さんに決定です。 おめでとうございます。 

<<追記2>>

今回のrandomは下記で行なうことにしました。 

Random_3

初期化は /dev/urandom からデータを持ってきて random.seed() します。 

はたして、違いが出るのでしょうか?

 

---------------------------------------

# -*- coding: utf-8 -*-

import random
import os
import binascii

if __name__ == "__main__":

    aa = int(binascii.hexlify(os.urandom(8)), 16)
    random.seed(aa)
    aaa = random.randint(1,25)
    print "\033[1;32m%d\033[m" % (aaa)

---------------------------------------

 

<<追記3>>

Random_4_2

こんな感じです。 人数が多いので、3回先に出た人にしました。 

 

Random_5_2  

決定しました。 ★マークが付いた方、おめでとうございます。

やはり、ランダムにムラがあるような気がしないでもないですね。 

 

 ①田名フクロウさん

 ②m_373_yさん  と  むぅー@ちゃむさん

 ③zakikao@水色ハムさん

 ④ぽちけんさん

です。 おめでとうございます。 

 

 

大変、お手数ですが、ご住所、ご氏名、お電話を下記のアドレスへメールをお願いいたします。 帰省などで受け取れない時期がございましたら、それも合わせてお知らせ下さい。 

 new_western_electric@yahoo.co.jp

 件名「PV300万プレゼント」 

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« カスコードブートストラップの利点と欠点(2)  CRD方式 | トップページ | パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法 »

コメント


①1名
② 14名
③ 2名
④ 0名
ですかね?

yosyos さん

とりあえずエントリーだけは、fixしました。 前回も見落としがあったようです。 ツイッター検索は、意外と難しいですね。。。 

プロテクト基板回路の公開、ありがとうございます。これで、ようやく全貌が明らかになりました! 今回の回路はさらに進化してますね。ミュート回路とその感度調整までできる機能や、「Photovoltaic MOSFET Driver」を使った無接点リレーの採用と、新技術がテンコ盛りです。ここに紹介されるまで、「Photovoltaic MOSFET Driver」というデバイスが存在することさえ知りませんでした。いろいろな用途に使えそうです。本当にたかじんさんのHPは、勉強になります。今年も大変お世話になりました。m_ _m

すみません、ツイートしてましたが、非公開だったので検索されなかったのでしょうか?一応公開に切り替えてみました。

当選された皆様、おめでとうごさいます。

ようし、また300万回アクセスします!w
でも、次は500万回記念かな?

当選のみなさまおめでとうございます(*^▽^*)

ツイートしましたが検索にひっかからなかったようです

何時もブログ拝見して大変勉強になります(・ω・)
これからもお世話になりますm(__)m

たかじんさん、皆さん

1番上に名前がありドキッ
その上★マークが!
本当にありがとうございます。
年明けにはいよいよアンプ基盤が
頒布開始とのこと。僕には少し大変そう
ですがチャレンジしたいと思います。

kontiki さん

このタイプのMOSFETドライバーは、SSR(ソリッドステートリレー)に使われてはいますが、オーディオ用としては高価なのであまり使われないかもしれません。 

ハマー!さん
JUN LENNONさん

大変もうしわけございません。 私の検索能力がおよばず発見できませんでした。 またの機会までお待ち下さい。 何かの記念にまたやりたいと思いますので。。
今後とも、よろしくお願いいたします。

yosyos さん

ありがとうございます。 ご指摘の初期化を入れてみました。 調べていると、pythonのrandomは、自動で初期化されると書いてあるページもありました。 でも、確実に初期化すれば、曖昧ではなくなりますね。 

田名フクロウさん

おめでとうございます。 ご住所など、よろしくお願いいたします。

本日④が到着しました
ありがとうございます。

ぽちけんさん

こちらこそ、ご参加ありがとうござした。 まだどうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #VFA01 情報    現在のところは。。。:

« カスコードブートストラップの利点と欠点(2)  CRD方式 | トップページ | パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ