Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« #VFA01 情報    現在のところは。。。 | トップページ | 2016年 明けましておめでとうございます  »

2015年12月27日 (日)

パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法

パワーアンプの出力部にあるコイルは、なかなか売っていません。 

でも簡単に作ることができますので、自作します。 

エミッタフォロア(コレクタ接地)は、C負荷で発振しやすいという原理的な要素を持っているため、オーバーオールのNFBの有無によらず負荷側へ、小さいインダクタンス(コイル)を入れて対策します。 コイルは、ひずみの発生が少ない空芯コイルがベストです。 

Coil01  

材料はこれ。 ポリウレタン線。 秋月電子でも売っています。 

0.8mmが良いでしょう。 

 

適当な太さのボールペンなどに巻きつけます。 私が使ったボールペンはφ9.5でした。 仕上がりの直径は10mmくらいを目標にすると良いです。 巻きつける前に、ポリウレタン線をまっすぐになるように伸ばしておくとキレイに巻けます。 

Coil02  

ちょっと隙間ができていますが、細かいことは気にしない。 計算上では、0.8mm線をφ10 で12巻きで約1uHです。 隙間があくとインダクタンスは下がります。 正確に1uHじゃなくても問題ありません。 

1.0mm線の場合は、同じくφ10で14巻きすると、ちょうど1uHになります。 

空芯コイルは、こちらのwebサイトで計算することができます。 興味のある方はどうぞ。 

 

Coil03  

ステレオなので、2つ必要です。  4~5個作ってみて、きれいに巻けたもの2つを使うと良いと思います。 

 

Coil04  

垂直で使うので、足を慎重に曲げます。 ラジオペンチを使うと簡単です。 

 

Coil05  

最後に、適当な長さ(3~4mm)に足をカットして、半田コテでハンダを付けながら足の先の被覆を溶かします。 コイルが熱くなるので、ラジオペンチでつかみながら作業します。 

Coil06  

こちらが基板へ実装した写真です。 部品面までハンダがあがってくると確実についていると思います。 熱が周囲に取られやいのでパワーのあるハンダこての方が作業しやすいです。 

基板のシルクは、あくまでも目安です。 ぴったりこのサイズにならなくても構いません。 直径が大きいと隣りの抵抗にぶつかったりしますから、適当によけて下さい。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« #VFA01 情報    現在のところは。。。 | トップページ | 2016年 明けましておめでとうございます  »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

これは正月休みに練習~制作しておきなさいと言う事ですねw

CR-X さん

なるほど。 練習前に、ちょうどよい太さのペンを見つける方が先かもしれません。 
鉛筆だとちょっと細いです。 セロテープを巻き付けてφ9位になるようにすると良いかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/62947765

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアンプの発振対策 空芯コイルの作り方 ポリウレタン線を手巻きする方法:

« #VFA01 情報    現在のところは。。。 | トップページ | 2016年 明けましておめでとうございます  »

サイト内検索

Sponsors link

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ