Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« アンプ基板が到着 | トップページ | パワーアンプ VFA-01の回路図を暫定公開 »

2015年12月 9日 (水)

パワーアンプ基板の進捗

今回の目玉は、こちらのDual-JFET 

ちょっとサイズが小さいですが、半田ランドを標準より延ばしているので、幾分ハンダ付けしやすくなっています。 

Vfa005 

チップJFETの両サイドに、スペースを設けてDIP品のJFETを使えるようにしました。 

2SK30、2SK117、2SK170、2SK246など、お手持ちのJFET使うことができます。 D(ドレイン)、G(ゲート)、S(ソース)の順番は標準的なレイアウトです。 2SK246の音が好きで、それ以外のJFETを使いたくないというようなマニアな方にもぴったりです。 

 

冗談はさておき、今回は、標準で付属しようとしているチップDual-JFETの2SK2145を使って進めます。 

 

こちらが、ほぼ実装が終わったところです。 

Vfa006  

 

 

パワートランジスタは、下記のように基板に対して水平実装も可能です。 

Vfa007 

 

 

今回は、垂直にしてヒートシンクに取り付けます。 (足を90度 曲げています) 

Vfa008  

この写真ではダンボールの壁ですが、パワートランジスタの足を曲げて基板のランドへ位置を合わせてハンダ付けします。 ヒートシンクへの穴あけも含めて位置あわせが重要です。 

実際に使うパワートランジスタはLAPTの2SA11862SC2837の予定です。 写真に写っている2SA1908 / 2SC5100も、がっつりした図太い音がするので悪くはありません。 LAPTの方が少し細身で繊細な音がします。 少し高級オーディオの気品が漂います。  好みで選択してよいと思います。 

 

つづきは、また今度。 

 

※ LAPT(Linear Amplification Power Transistor) 

マルチエミッタ構造で、高ft、高リニアリティを実現したサンケンのオーディオ用パワートランジスタです。  サンスイやアキュフェーズなど名だたるオーディオメーカーが採用して有名になりました。  私が個人的に好きなトランジスタで、秋月電子で購入できるようになったのがとても嬉しいです。 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« アンプ基板が到着 | トップページ | パワーアンプ VFA-01の回路図を暫定公開 »

パワーアンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/62839497

この記事へのトラックバック一覧です: パワーアンプ基板の進捗:

« アンプ基板が到着 | トップページ | パワーアンプ VFA-01の回路図を暫定公開 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ