Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« I2Sのクロックぶれ(ジッタ)を解消したRaspberryPiカーネル | トップページ | VoumioのSound quality tweaks とは »

2015年8月26日 (水)

MPD(Music Player Daemon)とは  いったい何ができるソフト?  

MPD(Music Player Daemon)はその名の通り、音楽プレーヤーです。 

そしてデーモンです。 

 

デーモンとは、LinuxなどUNIX系OSにてバックグラウンドで動作するソフトウェア(プロセス)のことです。 どうしてこの名前なのかは知らないのですが、決して怪しいものではありません。 

MPDは、VolumioやRuneAudio、Voyage MPDなどに組み込まれている中心的存在のソフトですが、単体で使おうとすると設定が難しかったり、全体の構成が複雑にみえて、なかなか実態をつかみにくいと思います。 

 

楽曲データの流れと、操作系の流れをまとめてみた図がこれです。

Mpd_player  

図にまとめてみると、少し見えてきましたね。  

 

 

ミュージックサーバーと表現している人もみかけますが、サーバーというよりは、やはりプレーヤーソフトです。 

外部からPLAY/STOPなどの操作を受け付けるAPI(ソケット通信)を用意している点で一般のメディアプレーヤーとは少しことなります。 

HDDやNASなどストレージ内の音源データを検索してデータベースを構築する部分がサーバーを連想させるので、ミュージックサーバーという表現は間違いではありません。

ですが、普通のCDプレーヤーでも、ディスクを入れるとディスク情報(TOC)を取得して、サクッと選曲できるようになっているので、大差ないといえば、その通りです。 プレイリスト再生も、CDではプログラム再生という機能が実装されているモデルが多数ありました。 

 

ちなみに、Linuxだと、ファイルシステムとしてマウントしたNASは、内部のストレージと見分けがつかない状態ですので、アプリケーション(MPD)からするとネットワークを介してアクセスしているようには感じません。 

 

簡単に言ってしまうと、

MPDはオープンソースのプレーヤーソフト

です。

実行しているPC、ネットワークに接続した別のPC、スマホなどをリモコン代わりに使うプレーヤーソフトです。 

 

 

少しMPDとは何なのか、理解が深まりましたでしょうか。 

 

 

 

Volumioなどは、PHPとjavaスクリプトで組んだクライアントアプリもRaspberryPi上で動作させているので、webブラウザでアクセスしてコントロールできるようになっています。 (MPDとクライアントAPPが同居している)

Volumioのシステム全部をみた場合にはミュージックサーバーという表現は、かなり正しいと思います。 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« I2Sのクロックぶれ(ジッタ)を解消したRaspberryPiカーネル | トップページ | VoumioのSound quality tweaks とは »

PCオーディオ」カテゴリの記事

コメント

クライアントサーバーモデルの理解があれば、仕組みはすぐわかりますけれど、USB-DACなどを使ったPCオーディオとの違いがわかりにくいかもしれませんね。

Raspberry Piという小さなPCがここまでネットワークオーディオで広がるとは当初想像もできませんでした。

都市伝説の範疇かもしれませんが、NASやHUB、LANケーブルなどの音質への影響を調べている方もいらっしゃいます。
従来のオーディオとはまた違った取組みが行われているのも興味深いと思います。

mr_osamin さん

mr_osaminさんのようにソフトウェア、コンピュータに詳しい人はクライアント・サーバですぐに理解できるのですね。 さすがです。
X-winodwのサーバー、クライアントの関係は?   シンクライアントと、何となく役割が逆にも見えるし。。。 と、なぜか理解しにくいようにも思ったりします。 

CDプレーヤーはサーバーなのでしょうか。 100連奏CDチェンジャーは、なんとなく音楽サーバーと読んでも良さそう。 

配線や電源事情が音質に影響を及ぼすというのは、数十年前から言われていて、高級アクセサリーも色々ありますね。 ケーブルは電源、アナログ、デジタル、関係なく音質向けのモノが存在するのも同じですね。
ラックや、ケース、重石のたぐいも音質へ影響があるものですし、本当に奥が深いです。

たかじんさんは、”サーバー”をデータベースとか、大量のデータを管理しているもの、
と結びつけて考えているので、理解し難いのではと思います。
クライアント・サーバーモデルの場合のサーバーは、たかじんさんの思うサーバーとは別の
意味だと考えてたらいかがでしょか。

乱暴に言えば、クライアント・サーバーモデルとは、アプリケーションソフトを
どういうふうに作るかという話にすぎません。(だからユーザには関係ない話です)
例えば、他のプレーヤーソフトには、一つのソフトでできてるものもあります。
これに対して、MPDとかは、プレーヤーソフトを
2つのソフトに分けて作っています。で、2つの異なるソフトがプロセス間通信で
通信し合いながら、トータルとしてプレーヤーソフトとして動作します。この時、あれしてくれ、
これしてくれと要求を出すほうが”クライアント”、それを受けて処理するほうが”サーバー”
(なので、MPDはサーバー)

で、MPDをもともと考えた人はなぜ、一つのソフトでプレーヤーを作ろうとはせず、
2つに分ける、クライアント・サーバーモデルを採用したかといえば、以下の様な
ソフトを作りたかったからとおもえば、理解しやすいかも。

○曲データを持っているコンピュータとは別のコンピュータあるいはモバイルデバイスから
操作したい。
○多様多種のPC,モバイルデバイス等々から操作できるプレーヤーソフトが作りたい。
でも、いろんなOSのソフトを自分たちで
全部作るのは大変。 クライアント・サーバーモデルにして、プロセス間通信の仕様を公開すれば、
どっかの誰かがいろんなOSのクライアントを作ってくれるだろう。

だから私としては、MPD+クライアントソフト =プレーヤーソフトであり、MPDをミュージックサーバーと呼ぶほうが
しっくりきます。

蛇足ながら、Xwindowは、クライアント・サーバーモデルを採用した目的は違うけど、
基本、サーバーとクライアントという2つの異なるソフトがプロセス間通信でつながって、
GUIを持ったアプリケーションソフトとして動作している点が同じです。

> 乱暴に言えば、クライアント・サーバーモデルとは、アプリケーションソフトを
> どういうふうに作るかという話にすぎません。

なるほど。 大変勉強になりました。 MPD+MPDクライアント = プレーヤ
という風に考えるんですね。

おそらくネットワークを介したプレーヤーというジャンルで、最も出荷台数の多いDLNAでは、
「レンダラー(DMR)」=画面・音を出す部分
「サーバ(DMS)」=データを保管する部分
「コントローラ(DMC)」=ユーザからの指令受付
の3つのパートに分かれているけど、この3つをまとめてプレーヤ と考えると簡単ですね。 (プレーヤ DMP=DMC+DMRも存在するのでややこしいですが)

MPDクライアントによっても音が変わるという方もいて、都市伝説だらけですw

mr_osamin さん

どのクライアントも、MPDへ定期的に問い合わせすると思うのですが、その頻度によって差がでる可能性があるかもしれません。 
例えば、ですが。。 DDoS攻撃のように、頻繁にMPDへ問い合わせをし続けるようなクライアントソフトだと、再生音へも影響がでそうな気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/62156234

この記事へのトラックバック一覧です: MPD(Music Player Daemon)とは  いったい何ができるソフト?  :

« I2Sのクロックぶれ(ジッタ)を解消したRaspberryPiカーネル | トップページ | VoumioのSound quality tweaks とは »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ