Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 特注 Rコアトランス 再入荷しました | トップページ | RaspberryPi 2 でカラーLCD表示する方法 (最も簡単な方法) »

2015年7月 4日 (土)

Stereo 8月号の付録は10cmスピーカーユニット

すでにご存知の方も多いと思います。

2015年 Stereo 8月号にフォステクスの10cmスピーカーユニットが付録します。

S21

そして、同時発売のムック本 Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集2015年版には

バックロードホーンタイプのエンクロージャーが付録 

S22 

つまり、この2冊を買うと、立派なバックロードホーンスピーカーを組み立てることができます。 たのしみですね。 

夏休みの工作としていかがでしょうか。 

 

スピーカーは P1000Kをベースにした独自仕様の P1000 

P1000Kの周波数特性はこれ

P1000k

高域も13~14kHzくらいまではまではしっかりと伸びている。 
低音の方はバスレフポート次第で70Hzくらいまでは十分カバーできそうな特性に見えます。 意外と良いものなのでしょうか? 

P1000が、P1000Kの改良版なのか、低コスト版なのかが気になります。 バックロードホーン仕様ということなのかもしれません。 

 

 

何となくですが、予約しないと購入できなさそうな気がします。 

 

« 特注 Rコアトランス 再入荷しました | トップページ | RaspberryPi 2 でカラーLCD表示する方法 (最も簡単な方法) »

雑誌付録」カテゴリの記事

コメント

次はDigiFi誌もスピーカーですね。
スーパーツイーターに興味があります。

DigiFi No.19 口径8cmのフルレンジスピーカ
 ・口径8cmフルレンジスピーカー
 ・インピーダンス:8Ω
 ・出力音圧レベル:82dB
 ・最大入力:12W
 ・マグネット:直径60mm、フェライト
 ・振動板:グラスファイバー製

DigiFi No20 口径3cmのスーパートゥイーター
 ・口径3cmソフトドーム型スーパートゥイーター
 ・インピーダンス:6Ω
 ・出力音圧レベル:86dB
 ・最大出力:15W
 ・マグネット:直径15.5mm、ネオジウム
 ・振動板:ポリエステル

おっ、どちらかと言うとDigifiのフルレンジが気になります。上はどのくらい出るんだろうとか。値段とか

yosyos さん
田名フクロウさん

こんなのも出るんですね。 情報ありがとうございます。

グラスファイバーのコーンが気になります。 でも能率の低さも別の意味で気になります。

フォステクス10cmとDigifi 20のツイータの組み合わせはどうでしょうか。
低音は8cmより10cmの方が多少は出そうですし。

たかじんさん

そうですね。digifi誌もぶつけてくるからには何か作戦があるのではないかと思いますが、10cmの方がいいですね

2way前提だとお二人の通りかもですね。単体だとolasonicの8cmにやっぱり期待してしまいます。

yosyos さん
田名フクロウさん

異様に能率が低いので、おっしゃるように何かあるのかもしれません。 周波数特性など公表して欲しいですね。

紙は紙なりの音の軽さがあって良い面もあり、音量を上げるとうるさくなってしまう良くない面もあると思います。

グラスファイバー製コーンって、あまり耳にしないのでどんな音がするのか興味ありますね。

あとは、40代以上のおじさん達には憧れのバックロードホーンという所でしょうか(笑
インピーダンス特性、F特が荒れまくる低音。 どんな音を聞かせてくれるのか楽しみです。 一番の問題は、入手できるのかどうかという部分。。。

西新宿のブックファーストにはいつも山積みで残っていますw

yosyos さん

そうなんですか。 あるところにはあるんですね。 とりあえずはamazonで本体の方は予約しました。 ちゃんと買えるのかは不明。。。

問題は箱の方。こちらはamazonでも予約すら受け付けない状態。
これは、yosyos さんに確保していただいた方が良いのかも。。。

たかじんさん

箱、まだブックサービスさんで予約受け付けしているみたいです。
http://www.bookservice.jp/bs/ItemDetail?cmId=6360919

通りすがりのおじさん

ありがとうございます。 そちらで箱を予約しました。 そしたら、数時間後に「発送しました」とメールが来ました。

先週amazonで予約したスピーカー本体の方は、大丈夫なんだろうか。。。

この箱だけあっても困る(笑

たかじんさん

私が予約した時期はamazonでスピーカーの方も予約出来なかったので、両方ブックサービスさんに注文しました。
現在配達中の様で、届くのが楽しみです。

たかじんさん

そろそろ届いているのでしょうね?
夏休みの宿題として作るのですか?

yosyos さん
通りすがりのおじさん

昨日、箱もユニットも無事にとどきました。 ありがとうございます。

P1000ユニットは、「K」のコストダウン版ではあるようですが、それなりに工夫がされているって所には好感が持てました。

実際、布エッジを触った感触は、とても軽くて柔軟でコーンが自由に動けそうな気がします。 周波数特性も、カマボコ形の「K」よりも幾分フラットなので、もしかしたら、という期待も膨らんできますね。

夏休みの宿題は、最後の最後までとっておくのが私の悪いところです。。。
でも、今年の私の夏休みは、本日が最終日です(涙

会社の帰りにいってみたのですが、西新宿のブックファーストに
スピーカーと箱がそれぞれ7冊積んでありました。
まだの方、いそいでw
(宣伝費はもらっていません)
※西新宿のコクーンタワーのB1です。

yosyos さん

さすが新宿ですね。
月曜に組み立てたので、今週末あたりに感想を書こうと思います。

先週の土曜に届いて速攻で組み立てました。

バックロードホーンは、スキャンスピークの5cmスピーカーが付録の時に初めて作ったのですが、キンキンと耳障りな反射音をうまく抑えられなかった苦い経験があり・・・
今回はスピーカーの後ろの壁とその下の壁に若干吸音材もどきを追加しましたが、私が聴く音楽のジャンルがバックロードホーンに合わないみたいで、今回のも反射音がちょっと気になります・・・
(前のよりはまだマシですが)

バスレフタイプのエンクロージャーも出して欲しかったな~

DigiFi No.19、予約開始されましたよ。
http://store.stereosound.co.jp/
amazonはまだの様です。

例の本屋に寄ったら、7冊どころではなく山になっていました。
何冊でも買えますよw

通りすがりのおじさん
yosyos さん

在庫状況、予約情報、ありがとうございます。
私も、組み立てたあと、若干のエージングを行なってこれから、感想を書こうかと思ってます。

> バスレフタイプのエンクロージャーも出して欲しかったな~
同感です(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/61837047

この記事へのトラックバック一覧です: Stereo 8月号の付録は10cmスピーカーユニット:

« 特注 Rコアトランス 再入荷しました | トップページ | RaspberryPi 2 でカラーLCD表示する方法 (最も簡単な方法) »

サイト内検索

Sponsors link

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ