Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 特注 Rコアトランス 再入荷しました | トップページ | この夏はlightMPDが熱い! »

2015年7月19日 (日)

ちいさな巨人DACあらわる? 

久しぶりに新しいおもちゃを入手しております。 と言いますか、とある事情で2ヶ月くらい放置していました。。。 

Newdac01  

まあ、私より新しいモノに敏感なみなさんの方がよくご存知だとは思います。 

ざっと、機能・スペックを紹介しますと、 

・384kHz/32bit

・ヘッドホンドライバ付き

・DNR 121dB 

・-115dB THD+N 2Vrms 600Ω

・-100dB THD+N 49mW 32Ω

なんだそうです。 

 

この素材を生かすのに、どう料理していこうか。。。

 

それにしても、ICが小さい。 0.4mmピッチ QFN ですって。 

ちなみに、0.5mmと0.4mmピッチって、ハンダ付けレベルはかなり違います。
0.5mmは難なく付けられる人でも0.4mmとなると真剣にやらないと無理なレベルです。 そしてQFPからQFNでもレベル差があります。 道具もそろえないといけないです。 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 特注 Rコアトランス 再入荷しました | トップページ | この夏はlightMPDが熱い! »

DAコンバータ」カテゴリの記事

コメント

>0.4mmとなると真剣にやらないと無理なレベルです。

真剣にやっても無理なレベルです。
リフローでお願いします。w

yosyos さん

私も、あまり自信ないです(笑
10年くらい前に0.4mmQFPをつけましたが、結構大変でした。

ピッチが0.4mmというと、pin幅 0.2mm  pin間 0.2mm なんです。
ICをおくとき、0.1mmずれると、間が0.1mmになってしまう。

この幅だと一度ハンダブリッジすると、まず取れない。。。
つまりICを置くときの位置精度は、0.1mmずれは許容できないんですよね。

XMOSとSABRE9018Q2Cを使ったDAC/HPAがリリースされていますね。

digikey:
http://www.digikey.jp/product-search/ja?keywords=XK-USB-AUDIO-HPA

Hi-Fi さん

おもしろい情報ありがとうございます。 XMOSの新リファレンス基板なのでしょうか。
見てみたら在庫切れになっていましたが、良くできた基板にみえました。
価格が高いのが難点といえば難点でしょうか。

でもこのIC、高いんですよね。 ES9023の10倍くらいします。。。
まあ、基板にすると実装費がかなりのウエイトを占めるので、そこまでの差はでないでしょうけど、SabreBerry+の2.5~3倍くらいになってしまう可能性もあります。 

旭化成AKMも行きましょうよ!

CR-Xさん

AKMもここ数年、すごいですね。 32bitモデルを発売してから一気にメジャーに出た感じがします。 昔から電子楽器系では採用されていたりしたのですが。。

各所でDACのkit化の動き在りますが、今迄のではたかじんさんの基板が私には一番フィットしたので、今後余力があれば宜しくお願いします。

他の電流出力のDACチップと違い電圧出力らしい(データシート詳しく見てません)ですが、そこはkit化の障害になりますでしょうか?
私には高性能ライントランス必須とかだと厳しいですw

電圧出力ならI-V変換回路がいらなくなる分、シンプルな構成にできます。 
以前は電圧出力タイプより電流出力タイプの方が特性が良い傾向がありました。 いまは殆ど違いは無いようですので、外付け回路をシンプルにできるメリットがあります。

信号トランスは、歪特性や帯域幅などトランスを介すと悪化するのは避けられません。 でも味がつくので、音が良くなると考える人もたくさんいます。
ネックは価格の高さですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/61907090

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさな巨人DACあらわる? :

« 特注 Rコアトランス 再入荷しました | トップページ | この夏はlightMPDが熱い! »

サイト内検索

Sponsors link

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ