Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« Archphile でSDカードに楽曲データを入れる方法 | トップページ | MACでRaspberryPiにvolumioをインストールする手順の紹介 »

2015年4月14日 (火)

RuneAudio x RPi2 リリース

しばらく見ていませんでしたが、リリースされていました。 RuneAudioの ラズパイ2用バイナリ。 

Rune_rpi2

興味のある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。 

 

ダウンロードはこちらかどうぞ。 

RuneAudio 本家 

 

ちなみに、私はまだ試していません。  安定して動作することを期待してます。 

 

 

その後、セットアップしてみました。 設定方法はこちらへどうぞ。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« Archphile でSDカードに楽曲データを入れる方法 | トップページ | MACでRaspberryPiにvolumioをインストールする手順の紹介 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん、情報有難うございます。
しばらく、44.1/16 問題もあり、Runeaudioを使っていなかったのですが、再度インストールしてみました。順調です。
しかも、http://www.runeaudio.com/forum/the-new-4-core-raspberry-pi-t862-230.html の記事で、rpi-dacが使えることがわかりましたので、それを使用して、44.1/16 問題も解決しました。
SDの空き領域も使用できているので、しばらくruneaudioを使うことになると思われます。

mamo さん

RuneAudioも隠れた人気ソフトですね。 volumioとは音の傾向が違うので好みで選択できるのは良いとおもいます。 44.1kHz/16bitデータを再生するとI2Sのbckが32fsモードになるのは、問題というか、ドライバの仕様です。
RPI-DACのBCKをMCKにもつっこんでいる仕様は、なかなか豪快ですね。 PCM179xのMCKが64fsで動作するというのは驚きました。(データシート上では128fs以上が必要と書いてある)

たかじんさん、当方はES9018を使用しているので、MCKは、BCKを逓倍して100MHzに近い値を使用していると思います。
RPI-DACのBCKが32fsではなく、64fsになっているのだと思います。

mamo さん

通常は16bitのデータだとbckは32fsですね。 それを受信できないDAC(9018など)の方が問題なのだと思います。 でも、ドライバを改変して16bitに対応しないように見せかけて、常に64fsモードで出力させることができるんですよね。

一方、pcm179xの方はマスタークロックが出ないRaspberryPiへの豪快な対応で64fsをマスタークロックに使っています。 こちらは、MCKが出せないRaspberryの方が問題といえば問題かもしれません。

みんなアイデアが豊富で、色んなアプローチで問題を解決していくのをみると感心します。 

お久しぶりです。

SavreBerry+なlightMPDをリモコン操作出来る様にして、つい最近I2Cキャラクタ液晶も追加した所で「これでバッチリ!!」と思っていたのですが、RuneAudioのPi2対応版出たんですね。

試してみた所、うちの環境だとIEでの表示が駄目(ChromeはOK)で、moraで買ったレベッカのハイレゾ音源が出だしの部分が正常に再生されなかったのでlightMPDに戻しました。
他のプレーヤソフトに比べて再生スタートが微妙に早い気が・・・

通りすがりのおじさん

IEは、挙動が怪しいですね。 キャッシュが悪さするのか全然表示が更新されないという事が多々あります。

曲の先頭の音切れはarchphileでも出ますね。 ウチではmpd.confのバッファサイズを8192まで増やすと解消されました。 NASの応答などで多少は設定値が異なるかもしれません。

たかじんさん

RuneAudioでバッファサイズ(8192以上にも設定してみた)とBuffer before playをいじってみましたが駄目でした・・・

通りすがりのおじさん

ダメでしたか。 NASの応答の差とか、HUBのバッファサイズ(ジャンボフレーム対応?)とか、何かあるんでしょうかね。 
私のところでは、CD音源クラス(MP3、AAC、ALAC)は初期設定のままでOKで、ハイレゾのファイル(192kHz/24bit FLAC、WAV)では、曲の先頭で音切れがありました。 

こんにちは
Pi2でRuneaudio 0.3βを使って見たのですが、16bitの音源の音が出ませんでした。24bitの音源は再生されます。
Volumio では、こちらに書かれていた方法で書き換えて、再生できるようになったのですが、Pi2 用のRuneaudioでは同じように書き換え方法はあるのでしょうか?
お手数ですが、もし宜しければお教え頂ければ幸いです。

Tさん

状況がよく分かりません。
私のところではRuneaudio 0.3 とRPi2 で16bitでも24bitでも問題なく再生しております。 ES9023は32bitには対応していませんが、I2S信号なので32bitのlsb側8bitは無視されて、問題はでないはずです。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/61440693

この記事へのトラックバック一覧です: RuneAudio x RPi2 リリース:

« Archphile でSDカードに楽曲データを入れる方法 | トップページ | MACでRaspberryPiにvolumioをインストールする手順の紹介 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ