Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« 久しぶりのプレゼント 3名様 | トップページ | 全方位ネットワークオーディオ Marantzから低価格で »

2015年1月11日 (日)

現在のエントリー人数 【試作DAC基板プレゼント】

プレゼントコーナーの報告です。 

Sabre05 

基板は3枚ございます。 1枚は興味深い投稿をしてくださっている方に決めさせてもらおうと思っていますが、残り2枚の決め方は、基本的には無作為「くじ運」で行こうと思います。

まあまあ、イイ確率で当選しますね。 

 

 

以降、無作為の方法について、追記していきます。 

締め切りは、本日の9時くらいまで。  

 

追記-1(8:30pm)======================

pythonにはランダム関数がある。 まあ、当然といえば当然ですが。。。

試してみる。 int型で1-20までの数値だと、

20150111_203057

こんな記載でプログラム完了。 

実行してみると 

20150111_203610

なんとなく、イケてそうな数値が出てくる。 

 

追記-2(9:20pm)======================

01  @suzuponxy  1時間
02  @39sharon  2時間
03  @junya_ishimori  2時間
04  @jinx_note  2時間
05  @hositaro543  4時間
06  @arakure3  5時間
07  @Romanee_T  22時間
08  @prime_jp  1月10日
09  @altrouge_of_9th  1月10日
10  @tsukasa09250203  1月10日
11  @ShigeoChino  1月8日
12  @Type2052  1月8日
13  @Berryz_K  1月6日
14  @NewVmax  1月6日
15  @akagawa_ka  1月6日
16  @jj8pxm  1月6日
17  @bunnchinn3  1月5日
18  @gotchannn  1月5日
19  @ptEPI  1月5日
20  @Cay_man  1月5日
21  @mr_osamin  1月5日
22  @FunyaFunya  1月4日
23  @yos3yos3  1月4日
24  @maruhapower  1月4日
25  @ligne_pso2  1月4日
26  @tome32000  1月4日
27  @RaKuTaaan  1月4日
28  @sMoroha  1月4日

エントリー人数 28名でfixします。  

 

抽選プログラムコード ==========

# -*- coding: utf-8 -*-

import random

if __name__ == "__main__":

    aaa = random.randint(1,28)

    print "\033[1;32m%d\033[m" % (aaa) 

=================== 

RaspberryPiでvolumioを実行して音楽を再生しながら上記pythonスクリプトによって当選者が決定されます。 

一発で決定だと面白くないので、3回先に数値がでた人から2名とします。 

 

 

追記-3(9:35pm)======================

抽選シート完成 

Dac_pres01

すみません。 Volumioは快調に音楽を奏でておりますが、お風呂に入ってきます。。。 

 

追記-4(10:11pm)======================

再開します。

20150111_221912

3回目までのスクリーンショット。 

 

Dac_pres02 

何故か、ぶっちぎりで @ShigeoChinoさん  決定  1枚目

 

Dac_pres04 

つづいて、 @gotchannn さん  おめでとうございます。 2枚目

なんだか、ランダムにムラがあるような・・・ 

20150111_225659 

もっと多くのサンプリング数を取らないといけなかったのかな? 

ともあれ、pythonのランダム関数による乱数ぐあいは、こんな感じということで抽選を終了いたします。 

 

最後に、ツイッターを見られない人にもスクリーンショットをとりました。

こちらが、私が一番興味をそそられたものです。 YMOのライディーンを再生中!? 

Dac_pres05  

@yos3yos3 さん  おめでとうございます。 3枚目 

いやはや、選曲もさることながら、アルバムジャケットをカラーLCDで表示しながらも音楽を再生できるようにしている点は素晴らしいとしか言いようがありません。 もはや、メーカー製のネットワークオーディオ機器と遜色ない機能を実現しています。  

 

以上、3名の方々に決まりました。  ご参加の皆様、ありがとうございました。 

 

 

大変お手数ですが、当選者の皆様、メールにて連絡下さい。 ご郵送先などをお願いいたします。

 

 

« 久しぶりのプレゼント 3名様 | トップページ | 全方位ネットワークオーディオ Marantzから低価格で »

コメント

わくわくしますw

yosyos さんのvolumio+カラーLCDにジャケット表示には参りました。 

ありがとうございます。
プログラムそのものは、適当であまり公開するようなものではないですが、まずは概要を製作例集にアップさせて頂きます。

yosyos さん

ありがとうございます。 なかなか高度なソフト技術が必要そうです。。。

たかじんさん

少し遅いクリスマス・プレゼント&お年玉届きました。
さっそく, RPI B+とVolumio 1.5で聞いています。
電源が Appleの白いサイコロ形のアダプターなのに
なかなかいい音がします。

製品版が楽しみです。

yosyos さん

無事に音がでているようでよかったです。
クリスマスプレゼントにしては随分と遅れてしまいました(汗

本家 volumio.org を見ていたら pygameというRaspberry PIでビデオゲームを作る為のツールを見つけました。
PythonとSDLを使ってビジュアルなUIを構築出来るツール群です。
これを使えば、LCDに依存しないプログラムが作れそうです。

yosyos さん

pygameはX上のソフトかと思っていたんですが、そうじゃないんですか?  フレームバッファでもなく、LCDに依存せずに画面を描画できるのはメリットありそうですね。

たかじんさん

フレームバッフアーに直接書くモードもあるようです。
調査しますw

pygame→SDL→フレームバッフアー→SPIドライバー→液晶
ですね

yosyos さん

こんばんは。 調査の方、ありがとうございます。 なるほど、フレームバッファとSPIドライバを使って、常時転送方式となると、ハイレゾ再生時に音トビしてしまうって方式でしょうか。

yosyosさんのオンデマンド転送方式がオーディオ再生には適しているのかもしれませんね。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 現在のエントリー人数 【試作DAC基板プレゼント】:

« 久しぶりのプレゼント 3名様 | トップページ | 全方位ネットワークオーディオ Marantzから低価格で »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ