Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« RaspberryPi + Volumio + LCDを実現したプログラム説明 | トップページ | RaspberryPi + Volumioに有機ELディスプレイを接続する方法 »

2014年10月13日 (月)

volumio + LCDの曲名の日本語文字化け対策(案)

この際、オープンソースは有効に活用いたしましょう。

RaspberryPi + volumio + LCD で曲名などを表示してみましたが、日本語はLCDが対応していないために文字化けしてしまいます。 

Kakasi00
  << これでは、読めないですね >> 

 

そこで「KAKASI」という日本語(漢字かな) -> ローマ字(カタカナ)変換プログラムを活用しましょう。 

 

このプログラムは、私個人としても2000年頃に社内電話番号のWEB検索システムで全文検索のnamazuと共に利用させて頂いたことがありました。 

どうして社内電話番号検索で日本語をローマ字やカタカナに変換する必要があったのかと言いますと、例えば「斉藤」さんで検索をすると、「齋藤」、「齊藤」、「斎藤」と漢字が違っていると全文検索ではヒットしないんです。 

これを、一度カタカナに変換してデータベースを構築しておくことで「サイトウ」さんは必ずヒットするようになります。 ワタナベさんも同様です。 

当時、KAKASIの辞書が貧弱で、全国の苗字・名前の読みかた辞書をあさって辞書登録し、ChaSenという日本語要素解析->分かち書きプログラムも使って実用的な検索システムを構築するのに苦労した記憶があります。 それだけ仕事が暇だったんです。 

 

んま、そんな私の過去の自慢話はどうでもいいですね(笑 

早速、本題に入ります。

 

まず、KAKASIをインストールします。 SSHでログインして、

apt-get update
apt-get install kakasi

 

次に、lcd_ctrl.pyを編集します。  96行目あたり

 

 

# Display Control
    def disp(self):
        # mpc command Send and Receive
        st = commands.getoutput('mpc')

と「mpcコマンド」を打っている部分にKAKASIを挿入するには

        st = commands.getoutput('mpc | kakasi -Ja -Ha -Ka -Ea -s -i utf-8 -o utf-8')

とします。

 

それだけです。 

Kakasi
<< ローマ字に変換されたアーティスト名 (ID3タグは日本語のまま) >>  

いかがでしょうか。 意外と簡単でしたね。 

ちなみに、通常の文章とは違う読ませ方をしている「アーティスト名」や「曲名」の正しいローマ字変換は、さすがに無理です。 許してあげてください。 
 

 

■本日の結論

やっぱりRaspberryPiって楽しい。 オープンソースって素晴らしい。 

 

ごらんの様に私は有用なコードは一切書いておりません。 KAKASIを開発・メンテナンスされてきた方々、KAKASI辞書を整備されてきた方々に厚く御礼申し上げます。 

 

追記 ==========================

日本語をカタカタで表示するには

         st = commands.getoutput('mpc | kakasi -Jk -Hk -Kk -Ea -s -i utf-8 -o sjis')

とすればOKとのことです。

kenichih さん 情報ありがとうございます。 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« RaspberryPi + Volumio + LCDを実現したプログラム説明 | トップページ | RaspberryPi + Volumioに有機ELディスプレイを接続する方法 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

たかじん様
 64GBのSDで空き容量をマウントできました。
 ローマ字表示もできました。
 嬉しい!
 これから、すこしづつ、LINUXも覚えます。
これからも、よろしくお願いいたします。

イワンさん

すばらしい上達ぐいあいですね。 こちらこそよろしくお願いいたします。
おそらくDOSコマンドよりUNIX系のコマンドの方が融通が利くように出来ていると思います。

と言っている私も、そんなに詳しくはありません。 いつもネットで調べながら作業しています。 

本当にありがとうごさいます。
ずっとkakasiを使いたいと思ってましたが適えられずにいたところ、こちらの方法で希望が実現できて大変嬉しいです。
これからもよろしくお願いします。

パンダさん

kakasiは、使い方にちょっとしたコツがいりますね。 
でも使い方次第で大変有用なソフトと思います。
ローマ字に変換後、音声合成をさせるような応用をされている方もいらっしゃるようです。  

先日、SaberBerry+の領布をしていただきました。ありがとうございます。
OLEDもI2Cポートにとりつけて曲名表示を楽しんでおります。
このOLED、カタカナもはいっていてJISx201のコードにマップ
されているっぽいのでkakasiでJISx201でSJIS設定してあげれば
カタカナがでるんじゃないかなと思ってやってみたら出ました。
st = commands.getoutput('mpc | kakasi -Jk -Hk -Kk -Ea -s -i utf-8 -o sjis')

kenichihさん

素晴らしい情報ありがとうございます。 簡単にカタカナにできるとは思っていませんでした。 
記事のほうにも追記したいと思います。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/60462452

この記事へのトラックバック一覧です: volumio + LCDの曲名の日本語文字化け対策(案):

« RaspberryPi + Volumio + LCDを実現したプログラム説明 | トップページ | RaspberryPi + Volumioに有機ELディスプレイを接続する方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ