Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« IrBerryDAC再頒布いたします。 | トップページ | 製作例集(4)を追加しました。 »

2014年9月13日 (土)

念願のゼンハイザー HD598を購入 ただし。。。

一昨年前から狙っていた念願のHD598をついに購入しました。

なぜ、このヘッドホンを狙っていたのかというのは単純です。

お店の試聴コーナーで、しぶとく色んなヘッドホンを試聴しまくって、音のヌケや明瞭さ、鮮度、帯域の広さ、そして価格を考えてコストパフォーマンスが最も良いものと考えたからです。 

Hd598a  

スペック

インピーダンス 50Ω
音圧感度  112dB/mW
周波数帯域 12-38.5kHz
重量  246g (ケーブル除く)
オープンエアータイプ
発売 2010年10月 

特徴: ドライバーユニット「Advanced Duofol」振動板とネオジウムマグネットを使った新開発の磁気回路、「E.A.R」構造、脱着式ケーブル。

 

 

試聴は、いつもMDR-CD900STを基準にしています。 このCD900STが良いところは、どこのショップでも置いてあって、音もそこそこ悪くないからです。 試聴コーナーでかかっている音源ソースはマチマチですので何か基準がないと音が分かりにくいです。

 

HD598は、おおよそ2.5万円と決して安くはないので失敗はしたくありません。

聴き比べると上級機のHD650の方が圧倒的に描写能力が高いことは分かっています。

それでも財布の中身と相談するとこの辺りが限界。 ですがCD900STとの比較では、私の好みの傾向です。

Hd598b  
ケーブルは脱着式。 2.5mm 4極ジャックを採用。

 

Hd598c  
イヤーパッドは柔らかく暖かみがあって心地いい。 
ただ、側圧はやや高めで長時間聴くと耳たぶの下あたりが痛くなる。 
イヤーパッドの角度調整ヒンジ(?)が固くて下側に側圧が集中していただけでした。 ちゃんと角度を調整すると、まったく違和感なく何時間でも聴けそうです。 

 

 

さて、200時間くらいエージングしたところの感想です。

オープンエアーらしい抜けの良さと爽やかさがあり、ボーカル領域の質感もとてもいい。 突き刺さるような高域の刺激が少ないのと、イヤーパッドの柔らかさとでとにかく聞き心地が良いです。 

ショップで聴いても分かりにくい微小音領域を室内楽やアンサンブルで聴いてみると、音の緻密さが高いことに気づきます。 そして音離れの良さ、発音の軽さはオープンエアーならではと思います。 低域の量感も十分で、バランス的には少し低音重視っぽい安定感があります。 特にクラシック系のソースとの相性は抜群で、リラックスしてゆったりと音楽を楽しめます。 モニター的すぎず、程よく聴かせる絶妙なチューニングがされているように思います。

 

ところが、ロック、POPS系の派手目な音楽を大音量で鳴らすと、なにか喉に詰まったかのような感覚に襲われます。 ドラムのアタック音、エレキベースの弦の振動などがマイルドになってふんづまる。 ピアノが入ったジャスも、もう少し頑張ってもらいたいです。 クラシックであれだけ音が分離していたのがウソのように「ごった煮」状態になります。 

自分で色々試聴して選んで購入したものを酷評することは、とても心苦しいのですが、これが正直な感想です。 音漏れも盛大ですから大音量で聴くというより、程よい音量で大人しく聴くヘッドホンなのかもしれません。

感度が高いのでiPodなどでも鳴らしやすいとは思うのですが、じつは駆動アンプや音源ソースの違いをよく表現する点は特筆もので、ヘッドホンアンプの評価には役立つと思います。  

 

同じ価格帯の他のメーカーのヘッドホンも散々試聴したので、その中でHD598は確かに良かった。といいますか、私の好みの音がしていたのは確かです。 エージングでこなれていく事を少しだけ期待しつつ、久しぶりのヘッドホンの記事を終えたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« IrBerryDAC再頒布いたします。 | トップページ | 製作例集(4)を追加しました。 »

ヘッドホン」カテゴリの記事

コメント

どもです。

>ところが、ロック、POPS系の派手目な音楽を大音量で鳴らすと、なにか
>喉に詰まったかのような感覚に襲われます。 ドラムのアタック音、エレ
>キベースの弦の振動などがマイルドになってふんづまる。 ピアノが入っ>
たジャスも、もう少し頑張ってもらいたいです。 クラシックであれだけ音>
が分離していたのがウソのように「ごった煮」状態になります。

昔購入候補だったのですが手持ち音源をお店で試させて頂いた
ところ、どうもロックみたいな速い曲にはノリが遅れる感じがして
?だったのでやめてしまいました。
試しに映画も試させて頂いたところこれはかなり臨場感たっぷり
で良かったです。 

オヤイデのケーブルでリケーブルするとロックやPOPSの音は改善
するみたいですけどHD598の持ち味が半減するような話もあるようで...

tx2さん

HD598は、音楽ジャンルで得意・不得意が明確に分かれますね。
そこは想定以上でした。

オヤイデケーブル、良さそうですね。 
1.3mだと短いので2.5mが欲しいところですが、7000円という価格は迷います。
25000円のヘッドホンに7000円を足すと、もっと良いヘッドホンが買えたんじゃないかって貧乏症まるだしの思考になってしまいます(笑

でも今は亡きPCOCC-A銅線を使っているなど、魅力もありますね。

ご参考になると嬉しいのですが、円高なので、ゼンハイザーを海外から輸入してみました。ショップUSAというお店に輸入代行を依頼したのですが日本で購入するのと比べかなり割安で購入できました。
親身になって欲しいものを探してくれたので安心してお願いできました。見積もりは無料なので聞いてみると良いですよ。

けんじさん

なるほど、そういう手もあるんですね。 情報ありがとうございます。
機会がありましたら見積もりをとってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/60305516

この記事へのトラックバック一覧です: 念願のゼンハイザー HD598を購入 ただし。。。:

« IrBerryDAC再頒布いたします。 | トップページ | 製作例集(4)を追加しました。 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ