Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« volumioにLCDをつけて曲名を表示する | トップページ | Raspberry Piでプレゼンテーションする方法 »

2014年8月15日 (金)

Raspberry Pi用の音楽ソフトウェアいろいろ

RaspberryPiは、とても人気のLinuxボードで、世界中の人々がこのボードを使って楽しんでいます。 

Rpi_mu 

その圧倒的な人気ぶりは、オーディオ用のソフトウェアの多さからもうかがえます。

ざっと説明しますと、

■MPD系

MPD(Music Prayer Daemon)を中心に使ったソフトウェアです。 純正のRaspbianそのままにMPDを乗せても動作しますが、専用に組まれたvolumioなどのディストリビューションを使うことで簡単に導入することができると同時に、チューニングされたOSで音質の向上も期待できます。 設定が簡単なのもウリです。 

 

■xbmc系

元々はXboxのメディアセンターがオープンソース化したものです。 TVモニターを接続したPCをメディアプレーヤー(動画も含むプレーヤー)として動作させる事ができました。そして小型のLinux基板にも移植されてきています。 当然、RaspberryPiにも移植されました。パワーの小さいRaspberryPiは、色々とチューニングが必要なためか、ざっと見たところ3種類のソフトウェアが存在しています。

 

■SqueezeBOX系

ロジテックのSqueezeBOXのソフトウェアは数年前からオープンソース化しているので、色々なプラットホームへ移植されています。 ロジテックは日本でSqueezeBOXを販売していませんでしたが、サーバー(LMS)はしっかりと日本語対応していて、インターネットラジオも番組名や局情報などちゃんと日本語で表示されます。 LMSは現在も更新し続けていて、まだまだ現役のようです。 RaspberryPi上でサーバー、プレーヤーソフトどちらも動作させるSqueezePlugがお手軽ですが、若干動作にモタツキを感じます。 

バッファローの一部のNASでLMSを動作させることが出来ます。 そうすると、RaspberryPiは動作の軽いプレーヤーソフトだけすみます。 radikoを聞くプラグインも素晴らしいです。 全国エリアフリーのradiko.jpプレミアムにも対応しています。

QNAPSや NETGEARのNASにLMS対応のものがあります。SqueezeBOX系ソフトを走らせる時には便利です。またWindowsPC上で動作するLMSもありますので、ちょっとお試しという時にはそれで良いと思います。(音楽を聞くときには必ずLSMが動作している必要があります)

(tx2さん情報ありがとうございます)

 

 

追記=========================

現在、RaspberryPi は新しいB+というモデルが出てきたため、従来のモデルBが値下がりしているようです。この際ですから、ゲットしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« volumioにLCDをつけて曲名を表示する | トップページ | Raspberry Piでプレゼンテーションする方法 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

>バッファローの一部のNASでLMSを動作させることが出来ます。
バッファローのNASだとちょっと問題がありまして何故かデフォルトで
アップルロスレスに対応していません。
「らじるこプラグイン」の作者様が「LMS-7.7非公式インストーラ」で
アップテートできるようにはしてくれていますが・・・

お勧めのNASはプラグインでLMSが追加できる下記メーカーでしょうか
・QNAP
 http://www.qnap.com/jp/index.php?sn=311&lang=jp

・Synology
 https://www.synology.com/ja-jp/

・NetGear ReadyNAS
http://www.readynas.com/ja/
 

tx2 さん

情報ありがとうございます。 記事の方、少し変えました。 
個人的にはWEBラジオ専用端末にしておくならSqueezeBOXが一番適していると思います。

小音量でBGM的に使うのでしたらI2S-DACも使用せず、3.5mmジャックから鳴らしてもいいですし。 小型スピーカ+D級アンプ+RaspberryPiでSqueezeBOXを作って、5V電源、EthernetをつなげばOKって箱をつくれば、完璧?

ちなみに・・・
QNAPとSynologyはLINN DS/DSMの推奨NASだったかと・・・
高機能で1台持っていて損はないです。

tx2さん

QNAPとSynologyはwebサイトを見ると、完全にストレージ屋さんなんですね。
バッファローやIOデータのようなPC周辺機器とは、求めているレベルが違いますね。

たかじんさん

アイオーデータの一部モデルは、QNAPのOEMです。
電源周りは手が入っていますが。

mr_osaminさん
そうなんですか。 情報ありがとうございます。一流メーカーのOEMなら安心できますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/60156555

この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi用の音楽ソフトウェアいろいろ:

« volumioにLCDをつけて曲名を表示する | トップページ | Raspberry Piでプレゼンテーションする方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ