Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 0dB HyCAA基板の改版 | トップページ | volumio 1.3 の起動時、勝手にconsume ONになってしまう原因とは »

2014年5月18日 (日)

volumio Beta 1.3 for RaspberryPi まだお奨めできない

先日より、sourceforgeの方にRaspberryPi用のvolumio 1.3がアップされていますが、volumioのwebサイトのダウンロードコーナーからは、いまだ1.2のままになっています。 

 

Volumio13 

なぜだろうとは思っていましたが、試してみて原因がわかったような気がします。

ダウンロードは下記から出来ます。 

http://sourceforge.net/projects/volumio/files/Raspberry%20PI/

表題で書いたように、現時点ではお奨めできません。

 

主な理由は、

1.起動するとconsume modeがONになってしまう。
  これは、曲を再生し終わると、プレイリストからその曲を削除していくモードです。
  WebUIでは時間表示下の「ゴミ箱のアイコン」です。 

2.Wi-Fiのセキュリティを無効にすると繋がらない(らしい)。

3.python-rpi.gpioがインストールできない。
  レポジトリを追加登録すれば出来るようになりますが、ちょっと面倒です。

4.NASが認識しなくなるケースがあるらしい。(ROCKDISK NEXTは認識します)
  NAS側のUPnP機能を切ると認識するようになるらしい。

5.データベースの更新が遅くなった?
  NAS内のデータベース更新がなかなか終わらないような気がします。

 

こんな感じで、1.2の時より、混乱が大きくなっているようです。 まだ他にもあるかもしれません。 わかった時点で追記しようと思います。 

IrBerryDACで、リモコンだけで使おうとすると、1のconsume Mode ONがとても厄介です。 

/etc/rc.localに  mpc consume 0 を追記しても、なぜか効きません。  sshで接続してこのコマンドを打つとokなんですけどね。 なにか対策案がありましたら、教えてください。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ PCオーディオへ にほんブログ村
ブログランキングに参加中です。 めざせ1位! 
もしよろしければ「ぽちっと」お願いします。 



« 0dB HyCAA基板の改版 | トップページ | volumio 1.3 の起動時、勝手にconsume ONになってしまう原因とは »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん

Volumioの1.4のイメージだと、gccがインストールできないようです。
これは例のmpdとgccの相性が悪いせいでしょうか?

yosyosさん

apt-getでインストールできないという意味でしょうか。
v1.3以降では、パッケージのダウンロード元を登録するソースリストが削られたようです。
/etc/apt/sources.list にv1.2と同じリポジトリを追加することでインストールできる
ようになると思います。
pythonもインストールできなかったので、以下のように追記しました。
http://nw-electric.way-nifty.com/blog/2014/07/irberrydac-bff4.html

一手間増えたというのは、そういう事だったのですね。
1.2に戻してしまったので、また気力がある時に試してみます
ありがとうございました

yosyos さん

UPnP/DLNAを使わないのでしたら、V1.2で良いのかもしれません。

たかじんさん

そもそもgccが入っていない仕様なのでしょうか?

たかじんさん

gccは、jessieに移ったようです。なんかupgradeしちゃいましたw

yosyos さん
volumioには、gccは入っていませんね。 元のdebian(raspbian)もそうですが
必要なソフトウェアパッケージはapt-getでインストールするという
スタイルです。

jessieってgcc(Cコンパイラ)なのですか? 初めて目にする単語です。。。

ディストリビューションのバージョンのようなもののようです。
Wheezy から Jessieにモジュールが移っていっているようです
でも、Pythonの方が簡単そうだったので、そっちで試作しました。
月曜日楽しみです

yosyos さん

Debianのコードネームでしたか。
バージョンにコードネームを付けるというのは、面白い文化ですよね。
androidのコードネームもお菓子系の名称がついて楽しませてくれます。
Pythonは不思議な言語と思います。最近は学生が学ぶ機会が多いとか。

8/11は人数がとても少なく、聞きたいことが色々きける会になりそうです。
プロジェクタを用意してもらいましたが、資料はこれからまとめようと思っています(汗

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/59659633

この記事へのトラックバック一覧です: volumio Beta 1.3 for RaspberryPi まだお奨めできない:

« 0dB HyCAA基板の改版 | トップページ | volumio 1.3 の起動時、勝手にconsume ONになってしまう原因とは »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ