Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 本日のさくらまつり 2014 | トップページ | IrBerryDAC 頒布再開 »

2014年4月 9日 (水)

SqueezeBoxをRaspberryPiで作る

SqueezeBoxというモノをご存知でしょうか?

実のところ、私もよく知りませんでした。 今もちょっとしか分かっていません。 

インターネットラジオ端末に機能がちょっとついたようなモノとも思いました。 ユーザーインターフェースはWEBブラウザ上に出てきます。 が、このUIがとても洗練されていて、SqueezeBoxユーザが他の機種(システム)には移行できない。 と口を揃えて言うのが分るような気がします。 

 

Squeezebox

幾つかの種類がLogitechから販売されていたようです。 元々はLogitechが開発元ではなく、Slim Devices社という会社を買収して販売していたらしいです。 

このSqueezeBoxはネットワークオーディオの先駆け的存在で、LINNのネットワークプレーヤやMPD登場より遥か前、2001年にSliMP3という端末を発表していました。  

先進性があり過ぎで、LANを介してオーディオデータを流すとか、意味あるの? っていうレベルです。  2001年といえば初代iPodが登場した年で、誰かが宇宙を旅した年かもしれません。 

 

システム的には、楽曲を管理・配信する「サーバー」と、音を鳴らす「再生端末」、そして「コントローラ」に別れる点は、UPnPをベースにしたDLNAのシステムに近いように思います。 

DLAN(UPnP)の場合は、それぞれ「(DMS)サーバー」「(DMR)レンダラー」「(DMC)コントローラ」にあたる。 ネットワークオーディオの基本構成なのかもしれません。 微妙に複雑です。 

 

Sqeez000

 

サーバー(Logitech Media Server 以後 LMS)は、PC上のソフトウェア、もしくはNASに内蔵されたLMSのどちらかひとつが必要です。 QNAPやBuffaloの一部のNASに内蔵されてたようです。 

コントローラは、WEBブラウザがあれば何でもOK。 iPhoneやAndroidから操作するアプリもあるようです。 

実際にRaspberryPi用の再生端末ソフトウェア 「piCoerPlayer」 とPC上のサーバーソフトウェア「Logitech Media Server」 との組み合わせで音を鳴らしてみました。 

DACには都合上IrBerryDACを使いましたが、赤外線リモコン機能は動きません。

 

 

まず、piCoerPlayer のデータをSDカードに転送します。 容量は60MBと小さくあっという間に出来上がります。 SDカードの容量も128MBあれば間に合ってしまいますね。 

SDカードを入れたRaspberryPiを起動します。 LANは繋げておきます。 画面もキーボードも何も接続しなくてOKです。 DHCPが割り当てるIPアドレスも気にしないで下さい。 LMSが見つけ出してくれます。 

次に、PC上のサーバーソフトウェア LMSもインストールします。 とりあえず、アカウントなどは入れずに使うことにします。

デスクトップにショートカットができますので、クリックするとLMSコントロールパネルが起動します。 

ステータスを見るとサーバーが走っているのが判ります。 初回起動のときに、何か別の画面がでたような気もしますが、忘れてしまいました。 スミマセン。

インフォメーションタブを開くと、LMSのIPアドレス再生端末のIPアドレスが見えます。

 

Lms01

下にスクロールすると、piCorePlayerがちゃんと認識されています。 

Lms02

ここまで来れば半分は終わりです。

 

 

 

さて、早速、ネットラジオを鳴らしてみましょう。 

まず、I2S-DACを設定してみます。 3.5mmジャックから音をならすのであれば、この項目は飛ばして良いです。

 

WEBブラウザから、piCoerPlayerのIPアドレス:8077 にアクセスします。

この例では http://192.168.1.5:8077

2014年後半以降、新しいバージョンはポートナンバーを指定しない(80)でアクセスできるようになりました。 

Picoer01

こんな画面が現われますので、Squeezelite settings をクリックします。

Picoer02

I2S-audio DAC(HifiBerry or Sabre9023)を選択して「Submit」を押します。

Picoer03

すると、こんな画面が出ます。 main ページに戻ってSqueezeliteをリスタートしてくれってことなので、戻ってリスタートしてみます。

Picoer04

と言っても、このボタンを押すだけ。

Picoer05

止めて、スタート、したらしいです。。。  とりあえず、この画面はほおっておいて次に行きましょう。

 

 

 

今度は、サーバー側 LMSの画面をWEBブラウザで開きます。

  http://127.0.0.1:9000 にアクセスします。

LMSコントロールパネルの「advanced」タブから「Web Remote Control」を押しても下記が開きます。 

Sqeez01

こんな画面が出てきます。 PC内部の楽曲を鳴らすことができます。 

今日はネットラジオを聴きますので、ここではセッティングに進んでプラグインを追加します。

Sqeez02

セッティングのPlugins タブを開いて、一番下まで行きます。 そこに

http://j774plugin.googlecode.com/git/repo.xml

をコピペします。 これが 「らじる&ラジコ プラグイン」 のアドレスです。

Applyボタンを押します。 

 

しばらくすると らじる&ラジコ プラグインが表示されますので、enable へチェックを入れてもう一度、Applyボタンを押します。 

Sqeez03

このようにプラグインのリストに表示されて、enableにチェックが付いていれば、セッティングは終了です。

元の画面(http://127.0.0.1:9000)へ戻りましょう。

Sqeez00

どうでしょう。 左側のメニューの中のRadio欄に「らじる&ラジコプラグイン」がありますでしょうか。

それをクリックすると自動的にエリアが選択されていて聞くことができるラジオ局一覧が登場します。 あとは、再生マークを押して聞くだけです。 

 

なんだか、Linuxコマンドに一度も触れずに終わってしまいました。 拍子抜けするくらい簡単です。 

radikoの音声も特に途切れなく、普通に聞けています。 ネットラジオをRaspberryPiで聞くなら、このシステムはとても便利で使いやすいと思います。  radikoエリアフリーに対応したら鬼に金棒、虎に翼、駆け馬に人参。 素晴らしいシステムになること間違いなしです。 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへブログ村ランキングに参加してみました 
他の方の記事も興味深いものがあります。


« 本日のさくらまつり 2014 | トップページ | IrBerryDAC 頒布再開 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

各クライアントPCに入れてLMSの音源が聞ける
「SqueezePlay」というソフトも無料で公開されています。
フォントの交換が必要ですが日本語も問題ないです。
UIは「Squeezebox Touch」と同じとなってますので
使いやすいと思います。

squeezeslave
https://code.google.com/p/squeezeslave/

参考:
rapi-log
http://d.hatena.ne.jp/rapids827/20110803/1312385239

tx2 さん

なるほど、こういうクライアントソフトもあるんですね。 奥が深いです。

ことろで、SqueezePlugを試しているのですが、できることが多くて、いまだ
セットアップできていません。

tx2さんはServerとPlayerは、何を選択しましたか?
黒松内さんの説明のページとは、既にバージョンが違っているらしく
メニューの内容が色々と異なっているようで。。。  撃沈しております。

piCoerPlayerの簡単さとは対照的ですね。

たかじんさん、こんばんは。

黒松内さんの説明ではサーバーのインストールの説明が
無いですね。恐らく別途PCかNASにインストールしていたの
でしょうか・・・。途中まではそんなに変わりません。

とりえあえず、どーだったか忘れてましたので
16GBのSDカードに仕込んで再チャレンジです(苦笑)
あとSSHのコンソール画面は大きくしましょう。
※Teta Term愛用です。

ID: root
パスワード: nosoup4u

SSHでログインしてSSH-keyを作る&自動アップデートは省略。

Main Menu(The Ultimate Platform For Medira-Server)画面
Basic Configrationの画面を選択すると出るので下記を実行。

・Expand_RootFS ← ファイルシステムをイメージファイルの
              大きさより戻してくれまます。
              リブートしますのでSSHで要再ログインです。

・TimezoneはAsia/Tokyo

・Hostname,Password変更はお好みで。

<Retum>でMain Menuに戻る。

・Advanced_Configuration ← SambaはWindowsマシンから
フォルダ認識できるので
                   インストールしておきましょう。

<Retum>でMain Menuに戻る。

・Server and Player
  ・Install a Media Server ← まずはServerからインストール
    ・LMS Install Logitec Media Server
※バージョンは1の「Latest 7.8 nightly」で問題無いです。
   とりえず「YES」押し続けて少し待ちましょう。

<Retum>でServer and Playerに戻る。

・Server and Player
  ・Install a Media Player
    ・SqueezeLite
      ・Install (Install Squeezelite)
     最後に「Please choose a Logitec Server (LMS) to Connect to!」
      という画面が出てくるがAutodiscoveryにしとけば良いと思う。
      どうせLMSのアドレスがわかってれば変えられるし。
     ・Pluse choose a sound card to use with squeezelite:
HiFiberry_DAC ← I2S接続DACの我々はコレでOK。

あとはMain Menuまで戻ってreboot

http://squeezeplug:9000/

tx2です。

とりあえずSqueezeLiteでのFLACファイル、ネットラジオ再生は
問題ないんですが「らじるこプラグイン」がうまく認識してくれません。

QNAP TS-112 NAS または VortexBOXをサーバーに
しているLMSなら問題なく認識できてるのですが・・・

Tera TermのSSHでrebootを繰り返してたら
らじるこプラグインが認識できました。

よし寝る!

あらなんとNASのマウントまで出来てしましました(^^;
LMSはRaspberryPiにあるのでSABA(CIFS)かNFSで
マウントできるNASで問題ないですね。

あとRaspberryPiのUSBポートにUSB-HDもマウントで
きますね。試してませんが設定がちゃんとありました。

http://www.tx-2.net/img/pi_05.jpg

tx2さん

ありがとうございます。
先ほど、ようやく設定ができて音が出たところです。 らじこプラグインを入れたら
他のRadioがリストから消えてしまいました。 しかもらじこがエリア不明なため
再生できず。。。

と思って、再起動したらできました。 こりゃ、情報をまとめて公開しないといけないですね。

せっかくの素晴らしいユーザーインターフェース。 ネットラジオを聞くのであれば
Squeezeboxは優れたデバイスと思います。 もちろんNASを接続してFLACやMP3を
鳴らすのもいいと思います。

リモコンを利かせられないんでしょうかね。 SqueezeServerのコマンドコントロール
方法がわかれば、pythonプログラムでどうにかなりそうですが・・・

たかじんさん

>こりゃ、情報をまとめて公開しないといけないですね。
日本では未発売な製品だったため「知る人ぞ知る製品」に
なっちゃったのが残念ですねえ。UIはちゃんと日本語対応
してるのに・・・
あとネットラジオ以外でミュージックプレーヤーとしての
使いやすさにも注目してほしいところですね。

>リモコンを利かせられないんでしょうかね。
製品にはリモコン付いてくるんですが、みなさんPCとか
スマートフォンアプリでコントロールするのが一般的なものでw
私はiPad&iPhone5sで「iPeng」というAppでコントロールしてます。
必要があれば純正リモコンは差し上げますよ?

あーでも英語ですが「squeezeboxwiki」にIRのコマンド集が
あったかなあ・・・

squeezeboxwiki
http://wiki.slimdevices.com/index.php

Remote IR codes
http://wiki.slimdevices.com/index.php/Remote_IR_codes

tx2さん

おっしゃるように、洗練されたUIはラジオもNAS内データも共通ですね。

リモコンは、IrBerryDACの方のリモコンのことを書きました。
海外の方もvolumioでリモコンを動かしている人がいらっしゃいます。 けど、LIRCというソフトをインストールして処理しています。 このソフトは、GPIOをusオーダーの高速スキャニングを常にしているため、CPU負荷が大きいのです。
一方、IrBerryDACではリモコン受信をPICが担当しているため、linux側は1秒に10回ほどGPIOを読むだけで受信できるようにしています。 
CPU負荷をなるべく抑えながら音楽を再生をしてみよう。 という挑戦です。

そのシステムをsqueezeBoxにも適応できないかなっと思いました。
LMSには、CLIプラグインがあるようですが、なんとソケット通信によるコマンドラインインターフェースなんですね。  敷居がぐっと上がりました(笑
ソケット通信の本でも買ってこないといかんですね、これは。

そうそう、赤外線リモコンの受信は、400us~600usくらいにパルスを監視するため、分解能的にいうと10usから20usくらいが必要です。 これが100usくらまで粗くなると受信しにくくなったり、誤動作、誤受信の可能性が高くなってきます。 LIRCというソフトウェアは専用のドライバをいれて高速にGPIOをスキャンするという、かなり凝った構造をとっています。

機能も豊富で、すばらしいソフトと思います。 しかしRaspberryPiにはちょっと重たいようで、他の負荷が殆どないような状態で使っても受信しにくいという情報がありました。

SqueezePlugをTOPコマンドで監視していると、時折90%を超えるような負荷が発生していますので、これ以上は厳しそうな気がしています。  よく音切れしないものだと関心しています。

たかじんさん、こんばんは。

「IrBerryDAC」無事に届きました、ありがとうございます。
部品がそろい次第、作成したいと思っております。

現状ではコントールアプリ頼るのが一番ですかね・・・
とりあえず無料で使えるのは・・・

・Webブラウザから
 http://:9000 or http://squeezeplug:9000/

・Android SqueezeboxControllerApp
 http://downloads.slimdevices.com/SqueezeboxControllerApp/Squeezebox-5.apk

・Apple iPad、iPhone、iPod touch
Logitech Squeezebox Controller
http://samulife.com/iPhone/itunes-account
※規約的には違反だそうです。

 

tx2さん

ですね。 アプリから操作するのがよいと思います。 ちゃんと日本語もでますし、
楽曲情報、番組情報も表示されるのがいいですよね。 

私の使っているPCがデスクトップで、ちょっと音がうるさくて音楽を聴く
ときには電源を落としておきたいというだけなんです。 

らじるこプラグインが「Radikoプレミアム」に対応したようです。
350円で全国のネットラジオがLMSで聞ける!
かも・・・(^^; 試して無いので。

http://code.google.com/p/j774plugin/

tx2 さん

おぉぉぉぉ  うれしい情報ありがとうございます。

やりましたね。 全国のラジコが聞けるなんて素晴らしい!!! 

あいかわらずココでは異端(?)のIrBerryDAC+piCorePlayer使ってますが
piCorePlayerのバージョンを1.6に上げたところ、音質が上がったような
気がします。まあ気のせいかもしれませんがw

Logitec Media Server(LMS)の最新版(BETA)は「7.9」になりました。

http://downloads.slimdevices.com/nightly/index.php

tx2さん

piCorePlayerの軽さ、小ささは素晴らしいですよね。 これで音も良かったら本当に良い。
radikoの48kbpsというビットレートをどうにかして欲しいところでもありますが。
希望としては、FM波を超えて欲しいです。 

LMSもバージョンアップですか。 本当に進化し続けている感じですね。

どもです。

piCoerPlayerが1.17aまでバージョンアップしてたんですが、
web設定は1.16までは:8077 だったのが1.17から
:80 または に変わりました。

あとUIが少し洗練されたかなw

tx2さん

いつも情報ありがとうございます。
思わぬところで、仕様が変わるんですね。 

はじめましてKAZUZUと申します。
piCorePlayerのインストールを調べていたらこちらのHPにたどり着き、大変参考にさせていただいております。

現在Squeezeboxを所有しておりますが、製造中止になってから、ラズパイでpiCorePlayerのインストールして有線で接続稼働までできたのですが、無線ドングルの接続が上手くいきません。

もし、接続方法をご存知でしたら教えていただきたく、こちらに書きこみさせていただきました。

ラズパイはRaspberry Pi Model b
WifiドングルはPLANEX

を使用しております。

kazuzu さん

Wifiドングルが認識しているかどうかですね。 自動で認識していなければとても敷居が高くなります。 カーネルにwifiドングルドライバがなければ、諦めた方がいいかもしれません。 

lsmodコマンドで、wifiドングルのドライバが組み込まれたかどうかを確認するのが最初だと思います。 

早速のご回答ありがとうございます。
Wifiドングルは認識しているようですが、piCorePlayerのWifi設定画面をONにしてもWifiでは繋がりませんでした。

もう少し勉強してみます。
今後もたくさんの記事を期待しております。

お久しぶりです。

久々にpiCorePlayerの最新版2.05をインストールしてみましたところ
ベータながらLMSがインストールできるようになってました。
音楽データをUSBメモリとNASをマウントして問題なく再生するところ
まではできました。

正式に対応してくれればラズパイ+IrBerryDAC1個で完結するので
完成が待ち遠しいところです。

tx2 さん

piCorePlayerも開発が続いて、どんどん進化していますね。
squeezeboxは復活しないのでしょうか。 2001年では、あまりに登場が早すぎて世間がついていけてなかったように思います。 

今ならもっと広く受け入れられるような気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/59424386

この記事へのトラックバック一覧です: SqueezeBoxをRaspberryPiで作る:

« 本日のさくらまつり 2014 | トップページ | IrBerryDAC 頒布再開 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ