Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« SqueezeBoxをRaspberryPiで作る | トップページ | SqueezePlug v7.07 セットアップ方法 »

2014年4月11日 (金)

IrBerryDAC 頒布再開

遅れていた部品が入りましたので、IrBerryDACの頒布を再開いたします。

Dac010

みなさん、ご心配の消費税UP分は、

3月に部品や基板を発注していたので、どうにか維持できています。 その後のものについては、まだ分かりません。 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

Dac011

このように裏面へ電解コンデンサを取り付けることで、薄いケースにも入るようになります。

電源入力に一番近いコンデンサはRaspberryPiのコンデンサと干渉するため、取り付けられません。 参考まで。

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへブログ村ランキングに参加してみました 
他の方の記事も興味深いものがあります。


« SqueezeBoxをRaspberryPiで作る | トップページ | SqueezePlug v7.07 セットアップ方法 »

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん
IrBerry届きました。ありがとうございます。
ただ,私の地元では音響用パーツが売ってないので,通販で購入するしかありません。完成までもう少し時間がかかりますが,その際は報告いたします。
ところで,手持ちのTDA1543+トランジスタIV(yasumasaさんから購入したもの)があったので,これをRasberryPIのI2Sに接続して,音出しには成功しています。
Windows2000+foobar2000よりも良い音と感じました。
ところでI2SついでにDSDの再生を試してみました。RCのLPFだけですが,見事に?P5の6番ピンから片チャンネルだけ音が出ました。他チャンネルはどこから出ているのか,LRCKからもBCKからも出ていません。他のピンも当たってみましたがダメでした。
もともとDSD対応ではないので無理なのでしょうね。
しかし,これまで出来るのであれば,DSD完全対応まではあと少しなのだと思います。
その際はDSD対応チップを載せたDAC基板の頒布を,ぜひともお願いいたします!

Jiroさん

TDA1543もいいDACですね。 DSDは、RPiのI2Sドライバが対応していない
と思うので無理だと思います。 将来的にもI2S端子からはでないんじゃないで
しょうか。(ハードウェアの制約のため)
でもP5の6pinから片チャンネル漏れているっていうのは面白い情報です。 
何かしらの打開策があるのかもしれません。 

USB-DDC側はDoPタイプで出力できていると思います。
DSD対応機器をもっていないので、検証はできていませんが。

たかじんさん

他のサイトで,I2SからDSDを出力する方向に動いている,という書いてあるのを見ました。
P5の6pinは驚きました。これで何かヒントがあるといいですね。

DSDですが,VolumioでConbo384+mi-takeさんのDSD対応DACで再生できています。ただし,プチノイズが入るので困っていたところです。USBに問題があるということなので,I2Sに期待していたところです。
しかし,WindowsでDSDを再生するより,ラズベリーパイ+volumioのWAVの方が良い感じです。

Jiroさん

そうなんですか?  知りませんでした。 期待できますねラズベリDSD。

RaspberryPi volumioが音が良い理由として考えられるのは

 1.RaspberryPiの電源がスイッチング電源ではなくノイズが少ない
 2.OSがマニアックな方々にチューニングされている(開発者が複数)
 3.volumioはCPU負荷が少ない

なのかなって勝手に解釈しています。 
ネックは絶対的なCPUパワーの少なさとLANがUSB経由の変換ICにより
実現されているので、USBの転送量が増えると音トビしやすい。

foobar2000を使うならWASAPIドライバ出力を試してみるといかがでしょうか。
私の感覚ではASIO4ALLより良かったように思いました。 OSはWIN7です。

XPならcPLAY+cMPでしたっけ。 試したことがないですが、ちょっとヤバイらしいです。
専用PCを組んだほうがよさそうな危険なシステムです。 

RaspberryPIのCPUは非力であるのに,volumioを動かしている時でも,CPUの稼働率が小さいことに驚いています。
実は最近Cubox-i1も購入したのですが,RaspberryPIも含め,あまりの音の良さに,Windowsで頑張る気力がすっかりなくなってしまいました。
foobar2000はWASAPIでは,最初は音の鮮度に驚いたのですが,キツイ感じがします。wavでは一番良いと思っていたのはFrive audioだったのですが,DSDをするようになってfoobar2000になりました。私の耳ではDSD+JRiverよりもfoobar2000の方が繊細に聞こえました。
しかし,RaspberryPIはあっさり超えてしまいました。Cubox-i1も良いですが,RaspberryPIに魅力を感じています。
これからオシロスコープを借りてきて,I2S信号の解析をしてみたいと思っています。
そんなに理屈は分からないので,無駄な努力になると思いますが,ウズウズしています。

Jiroさん

色々と試されているんですね。 
RaspberryPiのI2Sは、水晶発振子レベルほどの低ジッターではないはずです。 
SoC内部のPLLによってクロックを生成しているからです。

ですが、Raspberryの内部電源が単なるLDOで構成されいて、低ノイズな電源
となっているので、案外PLLでも位相ノイズ(ジッター)が少ないのかもしれません。
オシロスコープで見てみてください。 

volumioは、本当によくできたソフトだと思います。 I2S出力のRaspberryとは相性
がいいですね。 

RaspberryPI のI2SからDSDの再生実験ですが,DSD64までですが,とりあえず成功しました。
P5のI2Sからの出力は,DSDでもPCMでも全く同じで,P5の6pinからはDSDのデータがLR交互に出てきます。4pinからはFS(LRCK)の信号が出ています。
それですぐに浮かんだのがアナログスイッチの4053です。6pinのDATAを4pinの信号でLとRに振り分けました。
その結果,4053のLとRの出力からCRのLPFだけで見事!DSDファイルがステレオで再生されました。(ノイズだらけですが)
3pinからはクロックが出ているので,これも使えばDSDDACで再生可能だと思います。
USBからcombo384を通じCRのLPFだけで再生した場合も,ノイズだらけだったのですが,I2Sの方が少ないようです。
次は手持ちのDSDDACに繋いでみます。

RaspberryPIのI2SからのDSD出力です。
3pinからのクロック出力はありませんでした。PCMの時は出るのですが,DSDの時は出ません。
私の勘違いでした。
この信号がないと,DSDDACは使えません。どうしましょう?です。

Jiroさん

確か、DSDの信号は、I2Sや3線シリアルのようなL/Rクロックというのはなく、
PDMデータをLとR別々に転送するラインと、ビットクロックに相当するクロック
ラインの3本だったと思います。

I2Sに乗っているDSD信号は、L/R分が時分割で乗っているとすると直接は
DACに接続できないので厄介ですね。 しかもビットクロックもないとなると、
ますます難しいです。 
RaspberryPiのSoCチップもI2S用の3線シリアルでハードウェアが構成されている
と思われるので直接DSD-DACに接続する信号を出すのは難しいかもしれませんね。


たかじんさん
大阪の昔ラヂオ少年です、IrBerryを1日楽しみました
音飛びもないし分解能も優れていますね、ありがとうございました
手元にCubox-i4があるのですが、手こずってます
以前に友人のCuboxを預かった際には、すんなり音出しできたのですが・・・どうもU-BootとSDカードのフォーマットがネックのようです
Cuboxが言うことを聞くようになるまでIrBerryは強い味方です
家内も使いますので、リビングのメインは使い勝手の良いIrBerryになりそうですね

昔ラヂオ少年さん

RaspberryPiは、さすがにこなれているのか、非常に簡単に動いてくれますね。

Cubox-i は難しいのですか?  ちょっと気になる存在ではあるのですが。。。
SPDIFで出力させるなら、Cubox-i は元々付いているので便利かなと思うのです。

BBBも、ひとクセあるらしいという噂を聞きます。
情報が少ないので、現物をもっていないと、なんともわかりませんね。 最近は、売っているショップが減ってしまい、入手も困難になってきました。  何でだろう?

たかじんさん
Irberryがようやく完成しました。
チップ部品のハンダ付けをお願いしたので,残りは僅かだったので,すぐに出来ました。電源を繋ぎ,一発で音が出てきました。
第一印象は,思ったより落ち着いていて,響きがきれいだと感じました。2日間,何回か電源を入れた,切ったり,鳴らしっぱなしにしたりしましたが,ノイズや音切れ等の異常はなく,安定して鳴っています。
送料の関係などで,電解コンデンサーはAVXです。

パーツの選択と通販に時間がかかり,時間もなかなかとれず,基板の到着から2週間も経ってしまいました。せっかく急いで送っていただいたのに申し訳ありませんでいた。

DSDの方は,どうしてもノイズが取れず行き詰っているのですが,Irberryの音を聞くと,こちらで十分と感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/59450146

この記事へのトラックバック一覧です: IrBerryDAC 頒布再開:

« SqueezeBoxをRaspberryPiで作る | トップページ | SqueezePlug v7.07 セットアップ方法 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ