Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月26日 (土)

100円ショップがRaspberryPi用ケースを!?

まさか、100円ショップがラズベリーパイのサードパーティに加わるなんて!

Rpicase01 

キャンドゥのオリジナルブランド 「Do! STARS」 のディスプレイBOX 小 です。 

材料は、タンスとして高級素材な「桐」を使っています。 

 

続きを読む "100円ショップがRaspberryPi用ケースを!?" »

2014年4月23日 (水)

IrBerryDAC完売しました

おかげさまでIrBerryDACは、あっという間に完売いたしました。

ありがとうございます。

 

日頃から電子工作をされていらっしゃる方々とは、少し違う傾向の人が多いためか、ハンダ付けオプションを選択される割合がとても多かったと思います。 平日の夜にハンダはちょっとキツイので、大体は、土日のどちらかにまとまった時間を作って、そこでルーペ片手にハンダ付けを行なっています。 

 

Soldering 

次回の頒布は、 

続きを読む "IrBerryDAC完売しました" »

2014年4月18日 (金)

volumio + 最新mpd のSDカード

SDカードの余った領域へ楽曲データを入れられるように、全て設定済みのものを用意いたしました。 

Sdcard 

データ領域のフォーマットはLinuxネイティブのext4です。  当初はFAT32で設定したのですが、WindowsPCにそのSDカードを挿しても領域を認識できないので、ならばLinuxネイティブの方が良いかと思ったからです。 音質的には、特に差は感じられないような気がします。

 

MP3などのデータ転送はwindowsのエクスプローラから「\\volumio\share」を開いて、そこへドラッグ&ドロップで入れるだけです。 転送先のフォーマットが何であるかは意識する必要はありません。 

 

続きを読む "volumio + 最新mpd のSDカード" »

2014年4月17日 (木)

iTunesがハイレゾ対応の噂

140410itunes24l

AppleがiTunesをハイレゾ対応にするのではないかという噂が出ております。

Apple to offer hi-res 24-bit tracks on iTunes in coming months

ここが噂の元記事らしいです。

 

続きを読む "iTunesがハイレゾ対応の噂" »

2014年4月13日 (日)

HPA-12 基板について

基板のバグ情報です。

 

3月中旬から再頒布を始めたHPA-12基板ですが、写真の赤丸の箇所のスルーホールが接続されていないことが発覚しました。

 

私が、出荷前にちゃんと確認しなかったのが悪いのですが、既に送ってしまった方にはご迷惑をおかけしております。 申し訳ございません。 

Hpa12ng 

 

部品をつけて組んでしまった方は、リード線を通して裏表をハンダ付けして接続して下さいますよう、お願いいたします。 

まだ製作に入っていない方は、もう少しお待ち下さい。 

 

続きを読む "HPA-12 基板について" »

3000円あったら何を買う?

昨年の10月頃、密かに設置した寄付のページ。 ご覧になった方は少ないと思います。 
寄付された金額が累計で3000円を超えたので、何を買うか考えました。

まあ、単純にいうと今、欲しいもの。 

 

 

金曜日にamazonで発注しました。

で、本日、到着したものがこれ。

 

続きを読む "3000円あったら何を買う?" »

2014年4月12日 (土)

SqueezePlug v7.07 セットアップ方法

SqueezePlug とは、SqueezeBox(プレイヤー) と SqueezeServer(サーバー) が一緒になったパッケージ(インストーラー)というのが分かりやすい表現かと思います。 

ようはRaspberryPiを使ったネットワークオーディオのひとつです。

 

セットアップがうまく行かなかった理由は、プレイヤー、サーバーの選択肢が1つではなく、色んなソフトが入っていて、色々インストールできる、組み合わせられる、ようになってて迷ってしまったからです。 

公式サイトに代表的なインストール方法が明記されてないという点も、私のように下地がない者にとっては迷走してしまう原因のひとつなのかもしれません。 

 

ここで挙げる例は、多数ある組み合わせのひとつにすぎない。 けど、とりあえずは使える状態になったのでご紹介いたします。 

Sq000

システム構成は、このようにシンプルになります。 サーバー(LMS)とプレイヤー(SqueezeBox)の両方がRaspberryPi上で実行されます。 Webサーバー機能があるのでraspiFyやvolumioに近いイメージです。 

LMSの応答は少し重いですが、音切れやノイズが混じるようなことはないようです。

 

では、早速セットアップしていきましょう。

 

続きを読む "SqueezePlug v7.07 セットアップ方法" »

2014年4月11日 (金)

IrBerryDAC 頒布再開

遅れていた部品が入りましたので、IrBerryDACの頒布を再開いたします。

Dac010

みなさん、ご心配の消費税UP分は、

続きを読む "IrBerryDAC 頒布再開" »

2014年4月 9日 (水)

SqueezeBoxをRaspberryPiで作る

SqueezeBoxというモノをご存知でしょうか?

実のところ、私もよく知りませんでした。 今もちょっとしか分かっていません。 

インターネットラジオ端末に機能がちょっとついたようなモノとも思いました。 ユーザーインターフェースはWEBブラウザ上に出てきます。 が、このUIがとても洗練されていて、SqueezeBoxユーザが他の機種(システム)には移行できない。 と口を揃えて言うのが分るような気がします。 

 

Squeezebox

幾つかの種類がLogitechから販売されていたようです。 元々はLogitechが開発元ではなく、Slim Devices社という会社を買収して販売していたらしいです。 

このSqueezeBoxはネットワークオーディオの先駆け的存在で、LINNのネットワークプレーヤやMPD登場より遥か前、2001年にSliMP3という端末を発表していました。  

先進性があり過ぎで、LANを介してオーディオデータを流すとか、意味あるの? っていうレベルです。  2001年といえば初代iPodが登場した年で、誰かが宇宙を旅した年かもしれません。 

 

続きを読む "SqueezeBoxをRaspberryPiで作る" »

2014年4月 7日 (月)

本日のさくらまつり 2014

Sakura01 

雨が降りそうな天気の中、今年もさくらまつりが開催されました。 

午前中はご覧のようにすいていたものの、帰り道は結構な人出があり、ごったがいしていました。

 

続きを読む "本日のさくらまつり 2014" »

2014年4月 6日 (日)

ニール・ヤング氏が設立したPonoMusicが開発したハイレゾ音源対応音楽プレイヤー「PonoPlayer」

4億円以上を集め名だたるミュージシャンが絶賛するハイレゾ音楽プレイヤー「PonoPlayer」は一体何がすごいのか?

という記事があのニュースサイトに掲載されました。 3/18の事です。 

Pono00

なぜか私のブログもこの時、一時的にアクセス数が伸びています。

原因は、コレ!

続きを読む "ニール・ヤング氏が設立したPonoMusicが開発したハイレゾ音源対応音楽プレイヤー「PonoPlayer」" »

2014年4月 5日 (土)

頒布再開です

お待たせしました。

 

頒布を再開いたします。

少しの期間、実家に帰省していたために頒布を中止させて頂きいておりました。 ちょうど消費税増税前の駆け込み需要と重なって配送関係が乱れに乱れたようです。 

たまたま頒布を止めていたので影響が少なかったかもしれませんが、3月中旬に発送した基板がまだ届いていない方もいまして、ご迷惑をおかけしております。 

Nagawa

<<1986年に廃線になった胆振線跡から眺めた有珠山>>
 やっと雪が融けてきたようです。  2014/3/31撮影 

 

 

続きを読む "頒布再開です" »

2014年4月 4日 (金)

ハイレゾ音源 192kと96kの違いについて

先日、ハイレゾ音源を試聴して192k/24bit音源と96k/24bit音源で明確な違いを感じ取れなかった件を再調査してみました。 

調査といっても音はブログに載せられないので、音源に含まれる音がどこまで入っているのかを計測(FFT表示)してみました。

 

 

使ったソフトウェアは、おなじみWaveSpectraです。 FLACからWAVへ変換して、それをWaveSpectraに読み込ませてFFT表示させてみました。

http://www.2l.no/hires/  (無料のハイレゾ音源)

こちらの中で一番高音が沢山入っていそうなソースを選択しました。

La Voie Triomphale の 「Bozza Children’s Overture」 オーケストラでシンバルが沢山入っているという理由です。 20kHz以上の音が沢山聴こえた訳ではありません。念のため(笑

このハイレゾ音源は、DXDという384kHz24bitで録音されたもので、SACDやPure Audio Blu-rayの元にする同一ソースから作ったものである。 と書いてあります。 比較・検討には申し分ない素材と思います。 

 

では、早速 FFT表示をさせて見ましょう。 
96kと192kとで表示領域を同じにするために周波数帯域を48kHzまでにしてあります。

 

■96kHzサンプリングのFFT

Bozza_96k

 

続きを読む "ハイレゾ音源 192kと96kの違いについて" »

2014年4月 3日 (木)

volumioの使い方 応用編

昨日に続きまして、メニューの詳細を紹介いたします。 

 

 

Playback

volumioのオーディオ出力の選択などが設定できます。

I2S出力は「sndrpihfiberry」という表示になっています。USB-DACやUSB-DDCを接続するとここから選択できる選択肢が増えます。 

Volume Control mixer は音量調整を どう行なうかが設定できます。 ミキサーというと音を混ぜるのかと思ってしまいますが、ボリューム設定の事です。

Vol09

 

続きを読む "volumioの使い方 応用編" »

2014年4月 2日 (水)

volumioの使い方

ハイレゾ音源も聞ける volumio の使い方についてまとめました。 

インストール方法や、volumio、mpd、ネットワークオーディオの概要についてはこちらをご覧下さい。  ここでは、インストール後の使い方について書こうと思います。 

RaspberryPi用で説明しています。 
CuBOX、CuBOX-i、UDOO、Beagle Bone Black版のvolumioでも殆ど同じだと思います。

 

Vol000

RaspberryPi とvolumio 、そしてI2S接続のDACとの組み合わせでは、このようなシステムになります。

続きを読む "volumioの使い方" »

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ