Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

« Raspberry Pi MPDクロスコンパイルに挑戦 | トップページ | やっとPCM5102Aが到着 »

2014年2月21日 (金)

volumio + MPD-0.18.8

先日、コンパイルしたmpdの最新版 mpd-0.18.8を同梱したバイナリファイルを用意しました。

こちらからダウンロードしてSDカードに書いて起動するだけです。

7zipを使って超圧縮をかけていますので、解凍ツールが無い方は、7zipも必要になります。macな人はこちらのツールでしょうか。 

 

Mpd0188 

 

元のvolumio Beta1.1との相違点は 

1.MPDが最新版

2.I2SがWEB-UIからON/OFF可能

3.GPIO端子にスイッチを付けると、直接操作が可能

4.MPDのlogファイルをtmpfsに移動してSDカードの不要な書込みを低減

といった所です。

 

SDカードの余った領域を楽曲置き場にもできるようにしたかったのですが、使うSDカードの容量が限定されてしまいますので、そこは「fdisk」コマンドでパーティション作成、フォーマット、fstabへの登録をしてください。 

 

それと、256kbpsや320kbpsで放送していて高音質と思うWEBRADIOを数局追加しました。 WEBRADIOって結構楽しいです。 自分で選曲しないラクさがイイのかもしれない。 永遠とオルガンを流し続ける局や、映画音楽を流す局などがお気に入りです。  

 

 

HPA-12基板は完売いたしました。

ありがとうございました。 

3月下旬頃にはまた再開できるようにしたいと考えています。 よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへブログ村ランキングに参加してみました 
他の方の記事も興味深いものがあります。

    




« Raspberry Pi MPDクロスコンパイルに挑戦 | トップページ | やっとPCM5102Aが到着 »

Raspberry Pi」カテゴリの記事

コメント

Volumioますます興味深く拝見しています。
I2SでDAC基板と繋いでみたいですね。
ES9018基板を入手したので、試してみようと画策しています。

HPA基板、順調に頒布が進んでいますね。
Rコアトランスも残り少。
私は、DACの電源で使用する予定です。

mr_osaminさん

おっと、ES9018を入手されたのですね。  現時点で最高性能のDACをお楽しみ下さい。

Rコアトランスを使った5V電源は、現在策略中です。
トランスの出力電圧が低いので何の変哲も無いSi-SBDとLDOですが、発熱が少なく無駄がないと思います。 ヒートシンクが小さくて小型化に貢献するのでメリットと考えれば悪くないかなと思っています。
SiC-SBDは、電圧降下が大きくてこういう低電圧回路には向かないようです。
整流コントローラを使った回路は、とても興味深いのですが価格に対しての効果がどうかと考えると、悩みます。 

意外と、単純な電源基板って少ないですよね・・・・

たかじんさん

>おっと、ES9018を入手されたのですね。  

熟慮の末、衝動買いしましたw


手持ちのOPPO BDP-95は9018を積んでいるので音は聴いた事があるんです。
分解能が高くて、とてもリアルで押し出しの強い音色です。

>SiC-SBDは、電圧降下が大きくてこういう低電圧回路には向かないようです。

なるほど、いろいろ相性があるんですね。
ROHMのSiC-SBDは、千石でも扱っていました。
単価はやっぱり高めですね。

電源基板はTPS7A47を使ったTYPE-Hをまずは入手しようと思っています。
たかじんさんのRコアは2系統出力なので、ありがたいです。

mr_osaminさん

勢いありますね。 次から次へと、すごい財力です!
SiCは、適材適所で投入ですかね。

電源はキモですから、色々と試すのも良いかもしれません。
ローノイズLDOは、その特徴を活かして使うには、POL (Point Of Load)が適しています。 できるだけ、電源を使う場所の近くに配置すると良いと思います。

たかじんさん

>次から次へと、すごい財力です

アナログ系を一斉にヤフオクに出品しながら切り替えです。
でなければ無理ですよ ^^;

>できるだけ、電源を使う場所の近くに配置すると良いと思います

はい、自分なりに考えて進めてみたいと思います。

mr_osaminさん

そうだったのですか。  ドラゴン。 さよなら~ 

ヤフオクは楽しいですね。 私は大抵失敗しますが、買った時より高く売れることもあるでしょうし、一時期所有して機器をいじり倒して飽きたら売るって言うのは経験値も上がりますよね。 蓋を開けて中身を見るとメーカーの思想が垣間見えるような気がするのもまた楽しい。 

たかじんさん


ドラゴンは秘蔵っ子なので、まだ保有してます。
その他、いろいろですね。

確かに、経験値はあがりますがあまり頻繁だと節操がなくて、
自分で呆れます。
昨年は、少しそんな傾向があったので今年はもう少し、計画的に。

説得力ないですねw

mr_osamin さん

さすがです。 気に入ったものは手放さず永く使いたいですね。
メタルテープがなくなってしまったのが惜しいですが・・・

その他にもいろいろあったんですか。

ところでMPDで聴いていると、CDの録音レベルに差があって、ランダム再生とか、気を緩められないですね。 楽曲ごとに再生レベルを記憶させておきたいと思ってしまいました。

メーカー製のネットワークオーディオとかAVアンプでも同じなのでしょうか。 ピークが潰れていない高音質なジャズ系でついつい音量を上げて聴いていて、次にJ-POPなんてかかると心臓に悪いです。


たかじんさん

このブログ記事から少し話題がそれているようですので、
掲示板のほうに話をふりますね。
(掲示板がふさわしいという話でもないですが・・・)

たかじんさん

>メーカー製のネットワークオーディオとかAVアンプでも同じなのでしょうか。 

いや、そこまで器用ではないですね。
しかし技術的には可能でしょうね。

昔、カセットデッキはオートピークレベル調整ができた機種があったと思います。
ロジック的には似たようなものだと思いますね。

mr_osaminさん

じつは、volumioには、オートレベルがあります。 が、楽曲の途中で音量が変化するのは、いただけません。。。

録音機器は、AGCは付いているものが多かったと思います。 ラジカセは録音レベル調整がなく、全てAGCまかせというモデルが多かったんじゃないでしょうか。

曲を再生する前に、楽曲通してピークレベル、もしくは平均レベルを調査して、再生開始するときには音量調整を終えている状態というのが理想です。

おっしゃるように、技術的にはできるんでしょうけどね。。。  私には作れません。

ネットワークオーディオをお使いの皆さん、我慢して使っているんでしょうか?

ギャップレスがどうこう、注文をつけているのをWEBで見かけましたが、それ以前に音量差の方が気になってしいます。

たかじんさん

>ギャップレスがどうこう、注文をつけているのをWEBで見かけましたが、それ以前に音量差の方が気になってしいます。

私も同感です(笑)

「音楽を聴く」という基本姿勢から考えればご指摘の機能は優先順位が高いと私は思うのですよ。

その視点がどうも欠落しているような気がしますね。

といいつつ、


私はランダム再生はしない派です。
J-POPとクラシックという前に、クラシックの楽章がランダム再生だと、
そもそもじっくりと聴けないと思うからですw

mr_osaminさん

上のランダム再生は、ちょっと極端な例としてあげたのですが、
同系列のジャンルのCDを連続で複数枚流しても、音量差があるのが気になります。
CDのディスクを交換していたときには、一旦、交換作業で止まるので
あまり気にならなかったのですが・・・

思わぬ伏兵がいたもんだ。  


そういえば、クラシックは最近、あまり聴いていなかったですが、WEBRADIOで聴くといいですね。 知らない曲を流してくれるので新鮮な気分になれます。


たかじんさん

私、ラジオ好きなんです。
昔、FMのエアチェックに明け暮れていたからでしょうか。

ところが、FM放送は番組編成がAM化、
ドライバーがリスナーの前提

それからすると、インターネットラジオは音楽専用チャンネルで、
昔のFM放送みたいです。

なので私も良く聴いています。

mr_osaminさん

FMラジオを聴くときは、不思議と音質にはこだわらず、内容の方を重視してしまいますね。
 
インターネットラジオは、ジャズを聴きたい! オルガンを聴きたい! という要求で、垂れ流しの音楽を楽しむ。  という具合にうまく棲み分けができているように感じました。
有線放送のようなイメージが近いでしょうか。 

たかじんさん

「エアチェック」という言葉はもはや死語ですね・・・

「録音」という行為は、「コピー」という言葉に代わってしまいました。

初めましてksiと申します。
Volumioのボタン操作機能など、便利に使わせていただいてます。

質問ですが、電源OFFの動作もボタンで対応可能でしょうか?

ksi さん

はじめまして。
電源OFFも可能かもしれませんね。 空きポートにSWをつけてPythonスクリプトで”poweroff”コマンドを発行すればよいと思っています。

mr_osaminさん

コメント忘れ去られていました。。。申し訳ないです。

エアチェック  全然疑問に思っていませんでしたが、今「 Air ***」 というとアップル製品を思い浮かべてしまいます。 AirPlay 便利ですよね!?


たかじさん

確かに「Air」という言葉が別の意味になってしまいましたね(涙)

それはそうと、RaspberryPi注文しました。
まずはVolumioから設定してみます!

mr_osaminさん

おおぉ。 mr_osaminさんは、LANが繋がるAVアンプやALIX-MPDも所有されているので、そこまでしなくても・・・
まあ、趣味ですから良いのでしょうけど。

そういえば、volumioってx86 CPUに対応していないんですよね。
不思議です。

たかじんさん

はい、趣味の領域です。

たかじんDACの登場に向けて、私だけでなく周りは期待感一杯で、着々と準備を進めていますよw

mr_osaminさん

そうなのですか?  そんなに期待されても・・・
まだ、音的な感想も書いていませんし。。。

今週末で、何とか資料つくりと、ソフトウェアのリファインをしようと考えているところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/59169521

この記事へのトラックバック一覧です: volumio + MPD-0.18.8 :

« Raspberry Pi MPDクロスコンパイルに挑戦 | トップページ | やっとPCM5102Aが到着 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ