Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

RockでNEXTなヤツは金沢からやって来た

何とも、そっけない箱でやってきたヤツは只者ではない。 そう「RockDiskNext」である。

Rock00 

面倒なので、2TB内蔵版を購入いたしました。 

この白箱の「挑戦者」というマークが、すでに只者ではない雰囲気を醸し出しています。

一体ヤツは、何に挑戦しようというのか。。。  

続きを読む "RockでNEXTなヤツは金沢からやって来た" »

2014年1月26日 (日)

RaspberryPi VS CuBOX

ALIX3D2に続いてCuBOXへとMPDは進んだかのようなサイトも多いです。 なぜでしょうか。

疑問に思ったので、CuBOXについて調べてみました。

Cuboxpi

ネットから、写真を拝借いたしました。 

大きさはCuBOXの方が小さく、薄さはRaspberryPiの方が薄いです。 標準状態でケースに入っているのは、とても良いと思いました。 

 

続きを読む "RaspberryPi VS CuBOX" »

2014年1月25日 (土)

対決は突然に VoyageMPD VS Volumio Pi

Voyage MPD とRaspberry Pi volumioの聴きくらべです。

ある方から、Voyage MPD / ALIX3D2 をお借りしました。 入っているソフトウェアはみみず工房さんのものです。

Voyage00

USB-DDCは、以前から登場していますXMOS搭載のWAVE IO。

サイズを比較すると、Raspberry Pi はALIX3D2の 1/3くらい。 ALIX3D2は、しっかりとしたアルミのケースに入っていて、取り扱い時の安心感は抜群です。 基板はケース内部の左右にレール状のスリットがあって、そこに挟むようにスライドして入れます。 

一応、Raspberry Piもアクリルケースへ入れました。 aitendoの666円のケースです。 見た目は綺麗ですが、印字がサカサマになっていたり、裏だったりと作りは微妙です。 そして使用2日目にして、ツメが折れました・・・  あまりおススメできません。 

 

接続は下記のようにしました。

 

続きを読む "対決は突然に VoyageMPD VS Volumio Pi" »

2014年1月23日 (木)

volumioのトラブルシューティング?

先月から、ちょこちょこと使っているRaspberry Pi / volumioですが、あれこれといじっていると、たまにWEBUIが更新されなくなったりもします。 

Rasp11 

そんなときの対処方法など、分かってきたものだけ紹介いたします。

 

続きを読む "volumioのトラブルシューティング?" »

2014年1月12日 (日)

Raspberry Pi / volumio のCPU負荷を計測

volumioのCPU負荷を計測していて、面白い結果が見えてきましたので報告いたします。 

Top_command 

CPUの負荷は「top」コマンドで簡単に見えます。

 

続きを読む "Raspberry Pi / volumio のCPU負荷を計測" »

2014年1月11日 (土)

Raspberry Pi のI2S信号について

Raspberry Pi のMPDであるvolumioのメニューの中にI2S ドライバという項目があります。

これは使えるのか? と思った人も多いのではないでしょうか。

 

Vomulio_i2s 

 

早速、試してみましょう。

 

続きを読む "Raspberry Pi のI2S信号について" »

2014年1月 6日 (月)

頒布再開いたします

本日より、頒布を再開いたします。

本年もよろしくお願いいたします。

Pict25 

 

2014年1月 4日 (土)

volumioに操作ボタンをつける

年を越した連載記事になってしまいました。

最もローコストなMPD+AirPlayシステムの構築方法(1)
最もローコストなMPD+AirPlayシステムの構築方法(2)  の続きです。

本日は、Raspberry Pi のGPIOを使って、操作ボタンをつけてみようと思います。

GPIOとはGeneral Purpose Input Output の略で、簡単に言うとマイコンの入出力ピンのこと。 入力として使ったり出力として使ったり、シリアル通信やPWMに使うことができるピンもあります。 機能を切り替えて使えるポートのことです。 

Rasp20 

volumioはとても便利で高音質ですが、操作はplay / stop ですら、ネットワーク上から行なわなければなりません。 これはMPD全般に言えることです。 しかし、多くのメーカー製のネットワークプレーヤーでは操作ボタンが付いています。 画面も付いています。

画面までつけるのはちょっと骨の折れる作業ですので、とりあえずは操作ボタンを用意しましょう。

 

続きを読む "volumioに操作ボタンをつける" »

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

サイト内検索

Sponsors link

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ