Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« ちょっと怪しいアクセス解析 女性が98%なワケがない | トップページ | DACに使用するIV変換の検討 (4) »

2013年12月13日 (金)

クリアトップの真空管とは 

製作例集を更新しております。 

100均ケース活用なのですが、なかなか素晴らしい仕上がりと思います。
そして、クリアトップの真空管もいいです。

Clear

みなさん、どうやってこういった珍しい真空管を見つけてくるのでしょうか。

クリアトップというと、その名の通りTOPがクリアな真空管です。

米RCA社が高音質化を追求して作ったことで有名ですが、他のメーカーでもあるようです。

Ten12au7 

こちらは、TENの12AU7です。 RCA社からライセンスを受けてクリアトップを生産していたとの話もあります。 
 

通常、管の上側にはゲッターという銀色のメッキのようなものがガラス管の内側にあって、透明ではありません。 クリアトップは、ガラス管の横面にゲッターがあって、そこで真空中のガスを吸着する機能をしますから、真空度は通常の真空管と変わりません。

トップの部分にゲッター用のリングがないことが、高音質化を狙った証なのでしょうか。 詳しくは知らないのですが、オーディオ向けの特別な真空管であることは間違いありません。 

見た目は、ありふれた真空管の姿とは違っていて、何だが涼しげで音もクリアそうと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

 

にほんブログ村 PC家電ブログ ピュアオーディオへブログ村に参加してみました
他の方の記事も興味深いものがあります。


« ちょっと怪しいアクセス解析 女性が98%なワケがない | トップページ | DACに使用するIV変換の検討 (4) »

HyCAA」カテゴリの記事

コメント

>みなさん、どうやってこういった珍しい真空管を見つけてくるのでしょうか。

そして、安値で買うコツも私は知りません。

RCAのクリアトップもヤフーなどで見かけていましたが、
高すぎるか、気づいたら早期終了で消えていたというばかりでした。

ちなみに、RCAやTENも持っていません。


クリアトップとやらが、他の球とどう違うのか、体感してみたい
気もしますが、無理して買うまでもないだろうという事で、
雲の上の世界での話だと思うことにしています。

ですね。 恐らく安くはないんだと思います。 
少なくとも1本2000円以上はするんじゃないかと思っています。

今となっては希少価値もあるので、大切に使ってもらえる人のところへ嫁ぐのが
いいと思います。  
オペアンプなら1個1000円を超えるとなかなか手がでないですが、真空管なら
1500円くらいは安いと思ってしまう。 不思議です。 サイズが大きいからでしょうか。

45gsさんのようにヒーター電圧が違うものにすると、安く入手できるようです。
互換品というか、特性の近い球を探し当てるのは、凄いですね。
どうやって調べるのでしょうか。

そうそう。ttimeさんの作例もクリアトップですね。
電球色のようなLEDでTOPから照らしています。 とても味があります。

こんにちは自分はヤフオクでRCAクリアトップ2490円(新品元箱付き)でしたので高い方です?それに比べレイセオンの7AU7はたったの100円出てくる音に値段ほどの差は無いような・・・むしろ中古のHITACHIの7AU7これが良い音なので・・・ヤフオクの球の型番を検索しアンプ作成記事をたどり使えそうな球見つけました、4R-HH2、9AQ8なんて今まで知りませんでした!

勝手に掲載をお願いしましたが、快く載せて頂いてありがとうございます。
45GSさんに教えてもらってからいつも拝見させて頂いております。
基板を頒布して貰えるのがホントにありがたいです。
今後もよろしくお願いします。

45gsさん

さすがですね。 ヤフオクで出品している球を片っ端からデータを調べるという荒業!
日立の真空管は、私も持っています。 確かに、いい音しますね。
やはり2000円オーバーは高い部類だと思います。 が、webショップでは、もっともっと高い価格で販売しているところもありますね。 そんなに音に違いがあるのか疑問ですが・・・

DFLYさん

HyCAA基板は、部品さえ用意できれば簡単に組めるので、なかなかのHITになりました。  製作された方もブログなどで掲載してくれていて、ちょっとした盛り上がりを見せています。  右サイドに、ざっと調べたブログなどをリンクとしてまとめてみました。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/58750951

この記事へのトラックバック一覧です: クリアトップの真空管とは :

« ちょっと怪しいアクセス解析 女性が98%なワケがない | トップページ | DACに使用するIV変換の検討 (4) »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ