Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« 続 ライントランス追加テスト USB-DAC | トップページ | ひっくり返る »

2013年9月 2日 (月)

作例更新

昨夜、作例集を更新しました。

HPA-12とVOL-12の組み合わせです。 内部レイアウトは必見。
 
追記-----------------------------------
 
VOL-12の音質についても述べられていますが、私も同じ印象です。 とても静か。
音楽の邪魔をしない。
 
どこかwebで調べていたときに、MUSES72320の音は迫力がある、キレが出るという表現
を見かけましたが、あれは、組み合わせるバッファアンプやDCカットのコンデンサの音、
NFBループにMUSES内部のラダー抵抗を使用した為と推測しています。
 
MUSES72320の機能の一部しか使わない基板ですが、それが良い結果を生んでいる
のかもしれません。
 

« 続 ライントランス追加テスト USB-DAC | トップページ | ひっくり返る »

コメント

すばらしい作例ですね。
私もとても参考になりました。

特にVOL-12基板をケースの横面に配置するアイデアは思いつきませんでした。
ケースの制約もあると思いますが、結果的に配線を最短で結ぶことになっている好例ですね。

ご紹介ありがとうございます。

このような良いアイデアをみるとイイ刺激になりますね。


 紹介ありがとうございます。
基板位置による違いでフラットケーブルの長さが
把握できていなかったので参考になりました。

そうそう、フラットケーブルを基板裏から配線すると、見た目 すっきりしますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 作例更新:

« 続 ライントランス追加テスト USB-DAC | トップページ | ひっくり返る »

サイト内検索

Sponsors link

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ