Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。 記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別価格でご提供させていただきます。

スポンサー

« リフローハンダ付け | トップページ | トランス式 x Digifi no.10 USB-DAC対決 »

2013年8月21日 (水)

ブラザーの黒インクの謎

3年くらい前に購入したブラザー工業の複合機。
 

ネットでもちょこちょこ話題になっている黒インクのみ印刷できない症状になって1年半でメーカー修理したときのお話です。 

 

購入からちょうど1年くらいして、少し黒がかすれることが出てきました。 クリーニングすると一応90%くらいまでは復活するので、騙し騙し使っていました。 

そうしたある日、全く黒が印刷できない状態になりました。 

2~3度クリーニングしたらインクがなくなったので、新品インクを買ってきたのですが、その新品インクが空になるまでクリーニングを繰り返しても一切黒は出ません

全く印刷されないのにクリーニングするとインクを消費するというのも頭にきます。

しかも黒だけではなく、問題のないカラー系インクも空っぽに・・・
 

4200円分のインクが1時間の苦行で
全て吸収パッドに吸われてしまうなんて

 
 

   とってもエコロジーだね兄貴!

Brother 

クレームを少々入れたのでヘッドは無償で交換してくれました。

 

サポートセンターの方は、非常に丁寧な対応でその時は関心したのですが、その後、半年を過ぎたあたりにまた同じ黒が一切印刷されない状態に・・・

 

さすがに新品購入から2年もたってクレームというのも気が引けるので自分で分解してみることにしました。 ブラシや溶剤を用意してヘッドをクリーニングすると5~6割くらいのノズルが復活して、かすれても文字が読める程度にはなりました。

 しかし、そこから2ヶ月もしないうちにやはり黒インクのみ全吐出不良。

 

ココからは推測ですが、FAX機能付きという利点を活かして、電源が常に供給されていることを前提に定期的にヘッドクリーニングを行なうはずが、家人はこまめにコンセントを抜いて歩く。 そして夏場の暑さなどでヘッドが乾燥してしまう。 という仕組みか。

 

ヘッドのキャッピング機構はカラー系とブラックで別の部屋に分かれているのですが、黒だけが縁についたインクがベトベトになって密閉できなくなっている。

キャッピング機構自体に問題点があるように思います。 

結局、ヘッドを交換してもキャッピングがダメなら再発するってことです。

 
 
その後は、面倒なので放置していました。 
 

最近になって家人が、黒が印刷できないプリンタじゃ役に立たない。 と。 何をきっかけにしたのか不明ですが、怒りを爆発させて、私が誹謗中傷・迫害の刑を受けたたので、私のなけなしの小遣いで仕方なくエプソンを買って来ました。 

 

黒が印刷できるっていいですね。 って当たり前のことを嬉しく思います。

 

もうしわけないですが、2度とブラザー製品は買わないだろうなぁ。

 

 

 

※ 私のところの回路図に黒が使われていないのは、この黒印刷ができないという理由からです。 変な配色ですみません。

 

※※ ちなみに8年くらい前に買ったエプソンの6色USB接続プリンタは、年賀状印刷だけに活躍する年一回の電源投入ですが、毎回、ヘッドクリーニングを1~2回するだけで完全復活します。 

 この違いは何だろうか。 こういう部分に基礎技術の違いが現れる? 

 

 

 

« リフローハンダ付け | トップページ | トランス式 x Digifi no.10 USB-DAC対決 »

コメント

たかじんさん
こんばんは。

インクジェット式のプリンターには私も泣かされっぱなしです。いろいろなメーカーを使いましたがどこも同じようなものでした。

>ちなみに8年くらい前に買ったエプソンUSB接続ブリンタは・・・

そんな優秀なプリンターがあるのですね。 

>全く印刷されないのにクリーニングするとインクを消費するというのも頭にきます。

全くです!
印刷に使ったインクより、クリーニングに使うインクのほうが多いのではないかといつも疑っていました。 おまけにきれいに印刷できない。

私は結局型落ちのカラーレーザーに乗り換えてしまいました。 すごく安くて(交換インク3回分?)インクも詰まらないし・・・写真画質は無理ですが・・・買ってよかったと思います。

しかしでかい!

すごい場所とってます。 (^-^;

レーザプリンタいいですね。 もっと小さくできないのかな。

サポートセンターの方々は、各社の裏の顔ですから、結構たいへんなお仕事と思います。
私は、製品が早い時点で故障したら、とりあえずサポセンに電話してみます。
どこも、丁寧な対応をしていただけます。  過去にこんな事件があったからなのかもしれませんね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%8A%9D%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 
対応でちょっと面白かったのは、YAMAHAですね。

「修理可能か見ますので、製品を送って下さい。」  と。

送ってから1週間後

「部品がなく対応できないので、この製品をこちらで処分します。」      えぇ~  !

送り返してくれ  と頼んで、戻して貰いました。  定価16万円のCDプレーヤーです。

その後、ヤフオクで同一機種のジャンクを入手して治しました。

全く同じ症状が一昨日から出て、ネット検索をしていたら、こちらのページを見つけました。うちも黒だけ何をしても出ないんです!他にも同様の症状がでている方がたくさんいるようなので、これはもう、ブラザー製品に問題があるとしか考えられません。
うちの場合は、複合機(MyMio MFC-J855DN。インクはLC11BK)なので電源も一度もおとしたことがありませんし、買って1年半しかたっていません。
メーカーに連絡した所、修理代には17000円くらいかかるといわれ、不具合は認めませんでした。
25000円くらいで購入したのに…
ちなみに、DCP-350Cという製品に関しては黒インクが出なくなる不具合について、認めて対処しているようです。
うちも同じくエプロンのプリンターを何年も使用していましたが、本当に1年に1回年賀状作成の時だけにしか使用しなくても、古いインクのままヘッドクリーニングすれば、すぐ印刷できました。
ブラザーに修理に出しても、またすぐ同じ症状がでる気がして、17000円もだして修理をする気も起こりませんし、同じ金額でエプロンのプリンター買えますし、ブラザーの製品は2度と買う気はしません…。ホント、黒が出ないって、致命症です。

momoさん  はじめまして。

確かに、ブラザーの黒不良は多発しているようですね。 うちのはMFC-490CNです。 
ほぼ同時期のものを親戚のうちで見かけたのですが、とくに不具合なく使用できているらしいです。

当たり外れがあるとしか思えません。
1年未満で現象が出たときにはヘッド交換ではなく、本体交換を要求した方が良さそうです。

私もネットで色々調べましたが、どの機種もヘッド周りの構造は殆ど同じようです。
一度現象がでた個体は、再発する可能性が高いので、さっさと捨ててしまいましょう。

サポセンにゴネても、労力と時間の無駄です。

FAX機能なしですが、エプソンもキャノンも17000円で複合機のミドルクラス買えますから。

最近、某複合機メーカーで大騒ぎになっているのが、

コピーすると、「3」が「8」になるというもの。
こんなことあるんですかねぇ。

インクが出ないよりもやっかいです。

XEROXですね。  思ったより複雑な処理をしているんだなと思いました。
数値を意図的に書き換えるとは凄い機能です。  粉飾決済機能付きコピー機

身に覚えがありません!  ってなるんですね(笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラザーの黒インクの謎:

« リフローハンダ付け | トップページ | トランス式 x Digifi no.10 USB-DAC対決 »

サイト内検索

Sponsors link

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ