Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 名状しがたいVUメーターのようなもの | トップページ | 取り急ぎ »

2013年7月 5日 (金)

基板到着(その1)

Vol01

ついに、着ました。 まずはボリューム基板。 

でも、近日中に出張の可能性が・・・・   んんん。  タイミングわるし。
 

« 名状しがたいVUメーターのようなもの | トップページ | 取り急ぎ »

電子ボリューム」カテゴリの記事

コメント

おお、基板無事到着ですね!

電子ボリューム使うと、最終的にプリアンプになりますよねw
セレクターの基板も期待しています。

リセットさん こんにちは

セレクタ基板は2~3日後と思います。 確かに、プリアンプぽいですね(笑
でもこの基板にはアンプ部がないんです。 単に信号が減衰されるだけ。 

なるべく信号が通るアンプの数を減らしたい。というのが目標のひとつでした。


インピーダンスが2k~4kΩと高くなりますので、後段のアンプのそばに配置する
ような使い方です。  後段アンプはヘッドホンアンプでもパワーアンプでも
真空管アンプでも、なんでも構いません。 Dクラスアンプだけは、ノイズに気をつける
必要があるかもしれません。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57724774

この記事へのトラックバック一覧です: 基板到着(その1):

« 名状しがたいVUメーターのようなもの | トップページ | 取り急ぎ »

サイト内検索

Sponsors link

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ