Select Your Language

免責事項

  • 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。ユーザーご自身の責任においてご利用いただきますようお願いいたします。

    本サイトで頒布している基板およびキットは、技術者、またはそれに準ずる電気的知識をお持ちの電子工作ファンの方のためのものです。 一般のオーディオファンの方のためのものではありません。
    また、頒布基板およびキットは、いかなる条件でも動作を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。

    電子工作では、火傷、感電、火災などの可能性があります。 十分に注意をして作業して下さい。

    営利目的のご使用は認めておりません。  記事の転載や、基板・キットの商用利用の方は、ご連絡ください。
    学生やサークルの学習目的でまとめてご購入する場合は特別なコースをご用意させていただきます。

スポンサー

« 基板到着(その2) | トップページ | 電子ボリューム基板の頒布価格 »

2013年7月 9日 (火)

PICコンパイラのバグ?

意味不明なバグは、もしかするとコンパイラに起因するものかもしれません。
 
Matrix02

一度、フルコンパイルした後、もう一回コンパイルし直すと正常に動く。
 
ソースをいじっていないのに。 です。
 

起動直後にフリーズしたりして、ソースを元に(ctrl+z)戻してコンパイルしなおしても、
元通りの動作に戻っていなかったり・・・  と、何だか不安定な様相を醸し出していたのです。

まあ、無料で使っているコンパイラですので、あまり文句も言えないのですが、
スッキリしない結果です。 

いや、2回コンパイルすることで、思惑通りに動くということが解ったので、今度は大丈夫。

かな?
 
 
念のため、コンパイル毎にデータのどの部分が変わってしまうのかdiffをとっておいた
方が良さそうです。
 
 
http://homepage2.nifty.com/sampodo/craft/pic06.html
 
こんな感じで、内部は、結構、複雑なんですね。 
 
 
取りあえずは、見えている不具合は全てクリアー。 動作はバッチシ
 
何日か、意地悪テストしながら使ってみて変なことが起こらなければOKとしましょう。
 
 
 
 
万が一EEPROMデータが壊れていたとしても、変な動作にならないようなエラー処理も
いれておきました。 そもそもEEPROMの書込時、割り込み禁止にしておかなければ
ならないタイミングがあったようで、それを忘れていました。 データシートはちゃんと
読まないといけないですね。
 
 
こちらが、参考元だったのですが、割り込みを禁止していない。 orz...
 
PICは参考になる情報がNETにうじゃうじゃありますが、罠も潜んでいる可能性が
あります。 気をつけなければいけません。 
 
 
 
 

« 基板到着(その2) | トップページ | 電子ボリューム基板の頒布価格 »

マイコン」カテゴリの記事

コメント

たかじんさん、おはようございます。

プログラムの不具合は、大事にならずに済んだようで良かったですね。
ヘッドホンアンプもバラック状態のままなので・・・ 基板の頒布が楽しみです。

マニュアルもアップしていただいたので、ぼちぼち部品を集めようかなと思っています。
(ちょっと気が早いかな!?)

こんばんは。
マイコンは不思議なことも起こるようですね。 マニュアルはまだ作成途中です
が、部品表はたぶん変わらないと思います。  メインICであるMUSES72320は
資金がたりなくてまとめ買いできないため、付属できません。
セレクタ基板を追加したため、トータルではfujiwaraさんのキットより高くなってしまいました。 
機能的なところを考えると妥当な頒価になるとは思います。 

ちなみに、ちょっと出張があって作業はとまってしまいます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/587107/57750314

この記事へのトラックバック一覧です: PICコンパイラのバグ?:

« 基板到着(その2) | トップページ | 電子ボリューム基板の頒布価格 »

サイト内検索

Sponsors link

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ